2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【エール】75話のネタバレと視聴率!藤堂先生出征と梅のツンデレキス!

【エール】75話のネタバレと視聴率!藤堂先生出征と梅のツンデレキス!

藤堂先生(森山直太朗)出征に視聴者が涙する中、梅(森七菜)が五郎にツンデレキス!それ必要なの!?

ちょっと気持ちが追いつかない75話のネタバレです。

【エール】75話のネタバレと視聴率、感想について!

スポンサーリンク

【エール】75話の視聴率

【エール】75話の視聴率は19.5%!多くの視聴者が藤堂先生を見送りました。

【エール】75話のネタバレ

前回のあらすじネタバレはこちら↓↓

藤堂先生(森山直太朗)が「暁に祈る」で出征

古山家で川の字に寝る福島三羽ガラスの3人。

裕一(窪田正孝)がふと目を覚ますと、鉄男(中村蒼)が言う。 俺、もう1回書いてもいいか?

裕一と鉄男は、武田少佐(斎藤歩)に再度詞を見てもらう。

今回の詞はご期待に添えるものではないかもしれません。

出征する恩師に捧げるつもりで書きました。

これまで戦いに行く人の心を想像したことがなかったが、この歌詞は少しでもその心に近づきたいと思って書きました、という鉄男。

妻や幼子を残して出征する藤堂先生の気持ちに寄り添った歌詞は武田の心に刺さる。「これでいきましょう」とオーケーを出す。 かくして名曲「暁に祈る」はできあがった。

あぁ、あの顔であの声で、手柄頼むと妻や子がちぎれるほどに振った旗…♫

久志(山崎育三郎)もまた出征する藤堂先生(森山直太朗)を思って歌う。

教え子たちの作った歌で見送られながら戦地に向かう藤堂先生。もう会えないだろう夫の姿を涙で見送る昌子(堀内敬子)。

昭和15年、映画「暁に祈る」が公開されると主題歌も大ヒット。ついに福島三羽ガラスが誕生した。

ツンデレ梅が五郎にキス!

バンブーのマスター(野間口徹)は久志(山崎育三郎)が映画に出ていたのを見逃さなかった。いまや「暁に祈る」は出征に欠かせない歌だね、という。

複雑な気持ちの鉄男と裕一。やや感傷的ではあるが、覚悟を感じさせる。国民の戦意を高揚させる素晴らしい歌詞だと思う、と武田も評していた。

豊橋では、五郎(岡部大)が馬具職人の修行中。慣れてはきたものの、まだまだだ。

光子(薬師丸ひろ子)には「甘やかしちゃいかん」という梅(森七菜)だが、夜、五郎がひとりで頑張っていると様子を見にいく。

「目をつむってでもできるようにならないと」という五郎に、「やってみりん」という梅。五郎が目をつむると、梅は頬にキスするのだった。

古山家では、裕一にラジオのニュース歌謡の企画が持ち込まれる。

音楽教室では弘哉が発表会の開催を提案。そのほうがやる気になるという弘哉にほかの子供たちも賛成。音(二階堂ふみ)にも歌ってほしいという。

裕一に「お母さんの歌を聴きたい」という華。「声が出ない」と不安な音。裕一は、「お父さんだから」音の歌を聴いたことがあると華に自慢して、音が発表会で歌えるように励ますのだった。

【エール】75話の感想

藤堂先生のこれから、そして裕一、久志、鉄男のこれからが胸に迫ってくるような熱くて重い「暁に祈る」聴き入りました。

藤堂先生が出征するシーンは涙が出ました。

藤堂先生どうかご無事で。゚(゚´ω`゚)゚。 戦後にまた先生が出来てますように、、、

森七菜ちゃんにキスされるハナコ岡部氏がうらやましい

五郎に目を閉じさせほっぺにキスした梅に華丸「そこに愛はあるのかい」で #あさイチ ゲストの江口洋介につないだ

藤堂先生の出征に涙していたところに、ツンデレ梅が五郎にキス!これは悲しみの緩和剤として投入された演出なのでしょうか?

「あさイチ」の華丸さんのツッコミはゲストの江口洋介さん主演ドラマ「ひとつ屋根の下」の決まり文句でした。

エール
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】