2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【恐怖新聞】5話のネタバレと感想!驚愕前世から連れ戻す鬼形礼が怖すぎる!

オトナの土ドラ【恐怖新聞】5話のネタバレと感想!
江戸時代にタイムスリップ!
詩弦(白石聖)と勇介(佐藤大樹)の前世での関係は?
父・蔵之介(横田栄司)言い放った言葉に驚愕の理由が!
恐怖新聞のルーツが明らかに!?
東海テレビ・フジテレビ系2020年9月26日放送、恐怖の前世にゾクゾクする【恐怖新聞】5話のあらすじネタバレと感想を紹介します。

スポンサーリンク

【恐怖新聞】5話のあらすじ

恐怖新聞5話
オトナの土ドラ【恐怖新聞】
鬼形礼(坂口涼太郎)

【恐怖新聞】5話のあらすじを紹介します。

詩弦(白石聖)は、鬼形礼(坂口涼太郎)に連れてこられた場所で、ショックを受ける。
父・蔵之介(横田栄司)が死に際に言った放った
「お前が生まれてこなければ良かったんだ」の真相が明らかに!
恐怖新聞はなぜ生まれたのか?
過去の因縁から現代へのつながりが見え……。

【恐怖新聞】の見逃し配信FODプレミアムで視聴できます。
(2020年9月現在、最新情報はFODサイトでご確認ください。)

【恐怖新聞】5話のネタバレ

【恐怖新聞】5話のネタバレを紹介します。

詩弦(白石聖)の前世/江戸時代

江戸時代。

商家・越後屋で、シズ(白石聖)母・ヤエ(黒木瞳)は、店主の仁左衛門(駿河太郎)に奉公を願い出る。

シズは、感情のない目をしており妊娠している。
ヤエは、面倒は見られないと断る越後屋・仁左衛門にお告げの紙を見せる。
そこには、船頭がおぼれ死ぬ、と記してある。

ヤエは
「シズは先の世で起こる凶事が分かる、いつかお役に立つ」
と言うも、越後屋・仁左衛門は信じない。

ところが、その直後、船頭がおぼれ死んだのを知った越後屋・仁左衛門は、ヤエとシズを雇うことにする。

越後屋・仁左衛門はこの時、ヤエから
「お腹の子の父親、シズの夫を殺されたときから、シズには不思議な力が宿った」と聞く。

シズ(白石聖)のお告げで越後屋(駿河太郎)が大儲け

越後屋・仁左衛門が出かけようとするとシズは傘を差し出す。
お告げの紙には雨が降ると記してある。
本当に雨が降ってきて、越後屋・仁左衛門は、傘を店頭にならべる。
こうして、シズのお告げによって、越後屋・仁左衛門は大儲けをする。

越後屋・仁左衛門はヤエにお告げのことについてを訊ねる。
すると、ヤエは
「お腹の子がこれから起こる凶事を教えている、その声はシズにしか聞こえない」
さらに、お腹の子は
「すでに10月10日は過ぎているが一行に生まれる気配はない」とも。

そんなときシズが行方不明に。

シズ(白石聖)と半次郎(佐藤大樹)の出会い

男に絡まれるシズ。
助けに入ったのが浪人・中村半次郎(佐藤大樹)
シズを心配する半次郎。
名前を聞かれたシズは、無言で半次郎に花を一輪渡す。
そこにヤエがやってきた。

シズは悪夢に襲われ続ける。
ヤエに「殺して」とまで言う。

お腹の子は人の頭を持った牛の怪物・件(くだん)

ヤエは僧侶・空元(横田栄司)を訪ねる。
そこにはシズのお告げで救われた人々がいた。
仏さまが多くの人を救うために、シズと件(くだん)を遣わせたのだと言う空元。
件とは、人の頭を持った牛の怪物。その件がシズのお腹にいるのだ。

空元は、ヤエから、越後屋・仁左衛門が私利私欲のためにシズの力を利用していると聞き、半次郎を紹介する。

ヤエは半次郎のもとに。
半次郎はヤエの話を聞き、力になると約束する。
シズは亡き妹・咲に似ているという。咲は病気で先は長くはかった。せめて1度くらいと思い越後屋に着物を頼んだが、約束を守ってもらえなかった。
結局、着物に袖を通すことなく死んでしまった。

シズは、越後屋が侍に殺されるとのお告げを越後屋・仁左衛門に伝える。
半次郎は越後屋・越後屋・仁左衛門を訪ね、ヤエとシズのお給金を上げらせ、越後屋の奉公を続けることを承諾させる。

半次郎はシズからもらった花を大切に持っていて、それをシズに見せる。
すると、シズは
「人を斬るのね、お腹の子も殺そうとする」
と言い出した。
半次郎は思い当たることがなく戸惑う。

半次郎(佐藤大樹)が殺される!?

京屋にて。

越後屋・仁左衛門は
「このままだと殺される。殺される前にこっちがやるしかない」
そう言って、殺し屋に前金を渡す。

半次郎は越後屋・仁左衛門が雇った殺し屋に襲われる。
そして、シズのお告げ通り、男たちを斬りつけた。

ヤエのもとに急いだ半次郎は
「なぜ、シズがこのことを知っていたのか」
と問う。
そこで空元が、シズの腹の子(件・くだん)が知らせている、と教える。
半次郎は、越後屋が大儲けしているのは件の力だということも知る。

件のお告げには恐ろしいことがある。
「お告げを受け取ったものは、一度受け取るごとに100日ずつ寿命が削られていく」
と空元。

ヤエ(黒木瞳)の本性

そのことをヤエは、越後屋・越後屋・仁左衛門には告げていなかった。
半次郎は越後屋・越後屋・仁左衛門のもとに。
そこには、例の殺し屋がいた。

半次郎を殺そうとする殺し屋が誤って越後屋・越後屋・仁左衛門を斬ってしまう。

「時にお告げは人を不幸にしてしまう。件を消すしかない」

空元はシズを殺そうとするが、それをヤエがとめに入る。

そこでシズが叫ぶ。
「あの人は、おっかぁ、あんたに殺されたんだ。
おっかぁは私のお腹の子を件にしたいと言い出した。断ったら、いきなり包丁で切りつけてきた」

**

トカゲの液体をシズに無理矢理飲ませ、シズを縛りつけ、唱え続けるヤエ。
こうしてシズのお腹の子を化物に。

**

「おっかぁは鬼だ」
シズが叫ぶと背後からヤエがシズをきりつけた。

「永遠に救われぬ定めよ」
と言い残し、シズは死んでしまう。

「お許しください。お金のためにしたことだ」
と空元に土下座するヤエ。
空元は、そんなヤエを慰める。
すると、ヤエは豹変し、空元を殺す。

「あーあ、またどっかで若い娘でもさらってきてやり直すしかないね」

空元
「この恨み、決して許さぬぞ」

「いくら鬼のような女でも、シズの母親はきれん」
半次郎は刀をしまう。

鬼形礼(坂口涼太郎)の道案内

鬼形礼(坂口涼太郎)

「シズがあとかたもなく、なくなったあと、ときおり、道端でお告げの紙が見つかるようになった。それを拾った者は、寿命が100日縮む、と噂した。
件が寿命を集めているのだ。いつか、この世に生まれてくるために……」

**

詩弦は目を覚ます。

「奇妙な夢を見ていた」
という詩弦(白石聖)に
「それは夢じゃない、君の前世だ」
と鬼形礼。

「今キミが苦しんでいるのは、その時に背負った罪のせいだよ」

詩弦はここで気づいた。
「私がヤエだった!」

「キミは自分の娘であるシズを殺した。さぁ、そろそろ戻ろう」

「どこに?」

「地上へ。まだキミの苦しみは終わってない」

現実世界

自転車から倒れたときに戻る。
詩弦を抱き上げるのは勇介(佐藤大樹)。

「いやぁぁ」
詩弦は叫ぶ……。

<続く>

【恐怖新聞】5話の感想

【恐怖新聞】5話の感想を紹介します。

詩弦が前世で罪人!?

【恐怖新聞】5話は、冒頭から江戸時代。前世の因縁が現代につながっているという内容。
「いきなり時代劇 始まったから チャンネル間違えたかと 思った」「恐怖新聞見てるけど番組間違えてるかと思ったわ ww たいちゃんはどの役でもかっこいいです」など、突然のタイムスリップで、戸惑った人も。

江戸時代のシズが詩弦かと思いきや、詩弦は黒木瞳さんが演じたヤエの方でした。平次郎(佐藤大樹)とシズ(白石聖)はいい感じだったので、てっきり、現代にそれが繋がっていて、恋人になれたのかと思ったのですが……。
空元は現代のお父さん(横田栄司)で浪人の平次郎が勇介(佐藤大樹)、越後屋が刑事の篠崎(駿河太郎)。
この辺りは、現代とそのままの繋がりのような気もします。

佐藤大樹さんの殺陣はかっこよく、おかっぱの鬼形礼さん演じる坂口涼太郎さんと黒木瞳さんの怪演、シズの顔にかかる血飛沫、と見どころは十二分にありました。

江戸時代のシズが桃香(片山友希)という説も出ていますが、果たして、どうなるのでしょう。ドロドロの恐怖に包まれそうです。次回もお見逃しなく♪♪

記事内画像:オトナの土ドラ【恐怖新聞】公式サイト

恐怖新聞
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】