2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

朝ドラ【エール】70話の視聴率とネタバレ!梅(森七菜)のプロポーズがカッコいい!

朝ドラ【エール】70話の視聴率とネタバレ!梅(森七菜)の「信じろ!」プロポーズが強すぎる!

古山家を出て行く五郎。梅の強気なプロポーズがカッコいい!

今回は、朝ドラ【エール】70話のネタバレと視聴率、感想について!

スポンサーリンク

朝ドラ【エール】70話の視聴率

朝ドラ【エール】70話の視聴率はわかり次第お知らせします。

朝ドラ【エール】70話のあらすじネタバレ

前回のあらすじはこちら↓

梅(森七菜)と文子(森田想)の対談

梅(森七菜)と文子(森田想)の対談の日がやってきた。

文子は梅の受賞作を「透明感があり郷愁を誘う作品。でも人間描写が浅い」と批評。

文子の最新作を「すばらしい作品で勉強になった」と評する梅に「偽善者」とつぶやく文子。

二作めの展望を聞かれた梅は豊橋に帰るという。

豊橋は自分のすべてが詰まった場所。

かけがえのない人ができて、彼は居場所を探している。私がその居場所になりたい。

バカバカしい、と帰ろうとする文子に「結ちゃん」と声をかける梅。

結ちゃんはどうして本を書くの?

何なのあんた? やっと勝てたと思ったら追いついてきて。今度は勝手に逃げる。私の人生につきまとわないでよ、目障りなのよ。

っていう怒りかな、書く理由は。

ありがとう。

この世には何もしなくても注目される人間がいるの。それがあなた。あなたは最初から何でも持ってる。

私はずっとあなたに嫉妬してた。

私に!? 戸惑う文子だった。

梅(森七菜)が五郎(岡部大)にプロポーズ!?

梅(森七菜)が五郎(岡部大)を好きだと知って驚く裕一(窪田正孝)。

梅は五郎を探しに行く。五郎は路地の軒下にいた。

あなたは私のことを好きですか?

好きです。

だったらどうして逃げたんですか。

僕には先生や梅さんのような才能がありません。ふさわしくない。

私はあなたを必要としています。

信じられません。

信じろ!私と一緒に豊橋に行こう。

はい。

五郎は梅の実家の馬具店で、岩城の下で馬具職人修行をすることに。しっかり五郎との今後の人生を考えていた梅に感心する裕一と音。

岩城が一人前と認めたら結婚するという条件だった。

五郎に負けた久志(山崎育三郎)は鉄男のおでん屋で利き酒勝負。それにも負けて五郎にエールを送る。

五郎という理解者を得た梅の執筆も進むようになり、5日後には豊橋に旅立っていった。

五郎(岡部大)は、1曲の譜面を裕一に置いていった。それは誰のものでもない、オリジナルの曲だった。

よく書けてるよ。才能って何だろうね?

一方、五郎と一緒に豊橋に帰るという梅の手紙は配達が遅れていた。

手紙とほぼ同時に実家に到着する梅。梅の2作めは無事に出版され、五郎は修行を始めた。

しかし、その後、五郎が一人前と認められるまで「う〜〜ん年」かかるとは誰も思わなかった。

朝ドラ【エール】70話の感想

「再開後のエールにふさわしい週でしたな。 まさか五郎ちゃんに泣かされるとは(笑)」
「え?結局梅ちゃんの話はあれで終わり? 森七菜ちゃん楽しみにしてたのに」
「梅ちゃんの行動力すばらしい。一緒に生きていくことを選ぶの重要かも。」
「五郎ちゃんこれからも見れそうでよかった」

梅がメインの1週間が終わります。

小出しにされているけど、文子があんなに梅を憎らしく思う(好きの裏返し)エピソードがほしいところですね。

そして梅らしい強気の梅が戻ってきました。

今週もスピンオフ?みたいに言われていた第14週。五郎も1週間だけのキャラなのか?と残念がる声もありましたが、関内家の跡取りとなればまた会えそうですね。

しかし一人前になるまでいったい何年かかるのか…(笑)。

次週からは裕一の作曲人生という本筋に戻りますが、戦中の辛いターンになります。

エール
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】