2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【恐怖新聞】3話のネタバレと感想!勇介の浮気と鬼形礼の登場で怖さ倍増!

オトナの土ドラ【恐怖新聞】3話のネタバレと感想!
落ち込む詩弦(白石聖)を心配する勇介(佐藤大樹)は、歌子(黒木瞳)に会いに行く。相変わらず、恐怖新聞は執拗に届き続け、虐待死事件の予言が!
詩弦を取り巻く人間関係が崩れ落ちていき……。
隣のともを(坂口涼太郎)に衝撃の事実が!?
2020年9月12日放送、恐怖と衝撃の連続【恐怖新聞】3話のあらすじ、ネタバレ、感想を紹介します。

恐怖新聞3
オトナの土ドラ【恐怖新聞】
スポンサーリンク

【恐怖新聞】3話のあらすじ

【恐怖新聞】3話のあらすじを紹介します。

詩弦(白石聖)は、事件を防げず失敗したことで落ち込む。勇介(佐藤大樹)は、詩弦を心配し、母の歌子(黒木瞳)に会いに行き「詩弦のことをよく見ていてほしい」と頼みこむ。
恐怖新聞が届き続け、さらに桃香(片山友希)から責めたてられた詩弦は、歌子の前で泣きじゃくる。そんな中、新たな恐怖新聞が届く。そこには、虐待死事件の予言が書いてあり……。

動画配信:ドラマ【恐怖新聞】の動画配信はFODプレミアムで視聴できます。
(2020年9月現在、最新情報はFODサイトでご確認ください。)

【恐怖新聞】3話のネタバレ

【恐怖新聞】3話のネタバレを紹介します。
(ネタバレです。ご注意ください)

勇介(佐藤大樹)の優しさに触れる詩弦(白石聖)

詩弦(白石聖)の事情聴取を待つ勇介(佐藤大樹)桃香(片山友希)
桃香は勇介のシャツを震えながら掴んでいる。

事情聴取が終わった詩弦(白石聖)が出てきたとき、勇介は桃香の手を思い切り振り払う。

桃香は
「なんでこんなことになっちゃったの」
と詩弦を責める。

**

勇介は心配して詩弦のマンションにやって来る。
詩弦は「生まれてきちゃいけなかったんだ」と自分を責めている。

「もう責めないで。ひとりで背負いきれないなら俺が一緒に背負うから」
と詩弦を抱きしめる。

**

勇介は、母の歌子(黒木瞳)に会いに行く。
詩弦に会いに行って欲しい、と頼むが歌子は
「あなたには関係ない」と、冷たく言う。

勇介は父親を事故で亡くし、母親はそのせいで家の中がめちゃくちゃになり、自分を見てくれなくなった。
詩弦に同じような目にあわせたくはない勇介は
「詩弦のことちゃんと見てやってください。それができないなら俺があいつを貰います」
と頭を下げる。

詩弦(白石聖)とカウンセラーの出会い

勇介の助言で詩弦はカウンセリングを受けることに。
カウンセラーの大井川明日香(舞羽美海)
「父親の言葉が詩弦の心を傷つけている。親から愛されなかった心の傷は想像以上に深いもの」
と言い、自分も子どもの頃は親との関係がうまくいかず、自殺も考えたことがある、と。
でも、それを乗り越える強さも人間にはあるといい
「なにかあったら、いつでも相談にきて」
と言ってくれた。

**

詩弦が大学に行くと桃香から、あの事件のせいで「彼氏と別れた」と言われる。

何をしていても血だらけの死体が目に浮かんでしまう桃香に
「詩弦が私の人生めちゃくちゃにしたんだ」
と言われてしまう。

歌子(黒木瞳)が詩弦(白石聖)のもとに

桃香の言葉にショックを受けるも、カウンセリングを受けたことで、詩弦は前向きになれた、と勇介に伝える。

明日香から恐怖新聞に関わらないのが一番だ、と言われた詩弦だが、恐怖新聞は詩弦のもとに届く。

トイレに入ると、トイレにまで恐怖新聞が届き、逃れようとすればするほど、まとわりつき、自転車で走れば、転んでしまう。
恐怖新聞から逃れることができない詩弦は、家に帰り震えている。
ひとり震えているところに、母の歌子が訪ねてきた。

詩弦は恐怖新聞のことを歌子に話すと、歌子は詩弦のことを信じてくれ、勇介から
「詩弦のことを頼む」と言われたことも話す。
そして
「お父さんが最後に言ったのは本心じゃないと思う」とも。

その時、恐怖新聞届いた。そこには、虐待死事件の予言が。
「事件は明後日に起きる。被害者は女の子で、日常的に虐待を受けていた」と。

**

虐待場面

「お母さん、お腹すいた」
という男の子と女の子の前で、ラーメンを食べる母親。
そして、子供に暴力を奮う。

詩弦(白石聖)と篠崎(駿河太郎)の関係

詩弦が目覚めると、歌子は、虐待死事件の女の子を探しに行こう、と言い出す。

「無理だよ」
と詩弦は言うが、歌子は
「ここで何もしなかったら、一生、後悔するわよ」
と。

詩弦と歌子は、自分たちでは虐待されている子どもたちを探す事が不可能だとわかり、「手を組まないか」と持ち掛けてきた刑事・篠崎(駿河太郎)のもとへ。

恐怖新聞に関する情報をすべて話すことで、篠崎から児童虐待の通報リストをもらう。
詩弦と詩子は、リストの家を訪ね歩く。

そこで偶然、カウンセラーの明日香と出会う。
明日香は娘を連れていた。

桃香(片山友希)が勇介(佐藤大樹)を横取り!?

勇介は、詩弦がバイトにも顔を出さず、連絡もとれないため、桃香に
「何か聞いてないか」と言うと、桃香は、詩弦をうらやましがる。
さらに、桃香はあの時のことを思い出すと手の震えが止まらないと、勇介の手を握る。
そして「ひとりじゃ帰れない」と、勇介に寄り添う。

**

ベランダでともを(坂口涼太郎)と話す詩弦。
ともをは体調が良さそう。

「誰かを助けたいと思うことはおかしいことですか」
という詩弦にともをは
「変わったね、なんか強くなった。君がなにをしようとしているのかわからないけど、うまくいくことを祈っている」
と。

**

虐待場面

虐待を続けている母親。
男の子が逃げようとして、追いかけられる。
足で男の子を踏もうとしたとき、児童相談所の人が訪ねてきて、救われる。

詩弦(白石聖)が虐待死事件を防ぐ

一方、詩弦と歌子はまだ新聞予言の女の子が特定できずにいた。
詩弦は、新聞を見て虐待を受けている女の子の絵から、それがカウンセラーの明日香の娘のことだと気づく。

**

明日香の娘のアイリ
「ごめんなさい、もうしません」
「謝ればすむと思えば大間違いだ」

虐待をしているのは明日香の夫。
明日香の目の前でアイリを虐待している。

そこに玄関のチャイムが!

**

大井川の家にたどりついた詩弦と歌子。
そこに篠崎が現れた。
チャイムを鳴らすが、チェーンをかけていて中に入れてくれない。

篠崎が警察手帳を見せるが、夫は拒否する。
明日香が必死の思いでチェーンを外し、篠崎、歌子、詩弦は家の中へ。

こうして、明日香とアイリは助かった。

**

母の運営するカフェ「君影草」にて。

恐怖新聞を広げた詩弦。
そこには親子が抱き合う姿があった。

勇介に電話をして、週末会う約束をする。
「勇介、愛してる」
「あぁ、俺もだ」

という勇介は裸。
ベッドには桃香がいて、その電話を聞いてニヤリとする。

歌子は白紙の恐怖新聞をじっと見つめている。

**

警察にて。

篠崎は、児童虐待の事件で独断で入りこんだことを咎められるが
「俺が止めなかったら、あの子は死んでいた」
と、言う。

そんな篠崎に対して、上層部は動き始める。

ともを(坂口涼太郎)の正体

ともをと話す詩弦。

「何かいいことあった?」
と問われ
「未来は変えられるってわかったから」

そこに、意識が戻り病院から抜け出した冬夜(猪野学)から「話がしたい」と電話がある。

冬夜は、ともをのことを
「そいつは鬼形礼の生まれ変わり。新聞を届けているのはそいつだ」
と言ってきた。

ともをが怪しく笑う……。

【恐怖新聞】3話の感想

【恐怖新聞】3話の感想を紹介します。

勇介の浮気にざわつき

 恐怖新聞で起こることも怖いけど 浮気しちゃう勇介くん見たくない 辛い心痛いよォ

恐怖新聞ちらっとみたら浮気してたじゃーん

恐怖新聞』、俄然、面白くなってきたな。

まさかの勇介の裏切り、、、 でも詩弦と歌子の仲は戻ったから良かった

ともをの笑いが怖い

【恐怖新聞】3話はビックリの展開。
原作【恐怖新聞】の主人公・鬼形礼がともをだとは!とすると、肉体はともをだが、魂は鬼形礼。なにげにともをの怪しい笑いがとても怖い。
坂口涼太郎さん、怪しい役はハマリ役です。

ラスト近く、歌子ママが白紙の新聞をみつめているのがとても気になりました。歌子ママは何を考えているのでしょう。
そして、なによりも一番のショックは、勇介が桃香と浮気しているらしいこと。
もともと、桃香は詩弦に嫉妬しまくりの女友だちだと思っていましたが、そうとうの嫉妬深い女。恐怖新聞も怖いけど、女の嫉妬はとても怖い。ところで、勇介は本当に浮気してしまったのでしょうか。あれは見せかけだかもしれない、と深読みしていますが。果たして真相は?

勇介は、詩弦のことに対して一生懸命にも見えましたが、本意はわかりません。まだまだ、恐怖の出来事が連続しそうです。
次週もお見逃しなく♪


オトナの土ドラ【恐怖新聞】は、フジテレビ系で放送。次回は、9月19日、夜11時40分から放送予定です。

記事内画像:【恐怖新聞】公式サイト

恐怖新聞
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
【dorama9】