2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【MIU404】10話のネタバレと視聴率!陣馬は無事か、メケメケフェレットに久住は疑問符!

TBS金曜ドラマ【MIU404】10話のネタバレと視聴率と感想!
久住(菅田将暉)の操作するドローン爆破事故という衝撃シーンで終わった【MIU404】9話。
【MIU404】10話は、久住はREC(渡邊圭祐)も巻き込み……。
伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は久住の正体を暴けるのか?
ラストの衝撃シーンにざわつきが止まらない!
菅田将暉、圧巻の演技で視聴者をひきつける2020年8月28日放送【MIU404】10話の視聴率、あらすじ、ネタバレ、感想を紹介します。

MIU404・10話
【MIU404】10話
伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)
スポンサーリンク

【MIU404】10話の視聴率

【MIU404】10話の視聴率は、11.3%でした。初回から10話まで2桁キープです。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

動画配信:【MIU404】はパラビで視聴できます。(2020年8月現在、最新情報はパラビサイトでご確認ください。

【MIU404】10話のあらすじ

【MIU404】10話のあらすじを紹介します。

『Not found』

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)が追っていたエトリ(水橋研二)は、ドローンの仕掛けの爆破で死亡。解剖の結果、エトリは5年前に起きた殺人事件の容疑者だと判明する。
1機捜の糸巻貴志(金井勇太)の調べから、エトリは、システム開発に詳しい若い男から指示をされていたとわかる。志摩は、その男が久住(菅田将暉)だと考える。
久住(菅田将暉)のことを知るのは留置場にいる成川岳(鈴鹿央士)のみ。桔梗の指令で九重(岡田健史)と陣馬(橋本じゅん)は、成川から話を聞きだすことに……。
一方、ナウチューバー・REC(渡邊圭祐)は、浜田と名乗る人物からドローン爆破事件に関するファイルを極秘に受け取り……。

【MIU404】10話のネタバレ

【MIU404】10話のネタバレを紹介します。

エトリ(水橋研二)は殺人犯

伊吹(綾野剛)志摩(星野源)が追っていたエトリ(水橋研二)はドローン爆破で死亡。
ドローンを操作するのは久住(菅田将暉)

**

ナウチューバー・REC(渡邊圭祐)のもとに、浜田という人物からメッセージ。そこにはドローン爆破事件の秘密情報のファイルが添付してあった。

**

4機捜、ミーティング。

爆弾はC4レベルと判明。

エトリは目と鼻を整形。
本名は、鴻上悟。過去の殺人事件の容疑者で、任意で引っ張ろうとしたら投身自殺を図った。被疑者死亡で送検された。
鴻上悟は、実は死んではいなかった。エトリと名乗り裏世界で生きていた。

エトリのネクタイピンからGPSが発見され、ドローンはそれを追跡してきた。
エトリはいつも誰かに指示されていたようだ。

鴻上は姿を消す前に、仮装通貨に詳しく大手のシステム会社に在籍しており、バックドアを仕掛けていると話す若い男と出会っていた。

志摩はその男が久住だとピンとくる。
久住は、ドーナツEPの売人で池袋のクラブの常連だと九重(岡田健史)桔梗(麻生久美子)に説明。

桔梗の指示で九重(岡田健史)と陣馬(橋本じゅん)が、久住と会っている人物、成川岳(鈴鹿央士)に話を聞くことになった。

久住(菅田将暉)はメケメケフェレット!?

成川岳の証言。

久住はエトリを昔から知っていた。

逃走中、陸上部の先輩に連絡したら久住がやってきた。住むところも世話してくたのが久住。会うのは池袋のシェアオフィス。

伊吹と志摩は池袋のシェアオフィスに向かう。

そこに出向くと、久住は荷物をまとめて当分来ないと言っていたと、受付スタッフ。

その男はドーナツEPも覚せい剤もやっていた。
シェアオフィスにいた人間をはじから調べる。

久住の連絡先を知る人間はいたが、昨日から通じないという。

**

大阪の天王寺が出身。

出会う人に合わせた身の上話をし、距離を縮めてドーナツEPを差し出すのが久住の手口。

伊吹も志摩もお手上げ。久住は得体の知れない人物。

「久住って何なんだ」

「メフィストフェレス(悪魔の名前)」と志摩。

「メケメケフェレット!?」
と伊吹は、悪魔をかわいく例えてしまう。

**

シェアオフィスにて。

「あれ、ごみくん」と声を掛けられる久住。

「適当に遊んでた」と久住。

REC(渡邊圭祐)の動画が大人気

糸巻貴志(金井勇太)が動画を観ている。
それはRECの動画。

麦(黒川智花)は詐欺師だといわれ、爆破事件は警察の自作自演だという。
さらに、伊吹の画像まで流れる。
「謎の4機捜は警察の悪事を消すための捜査隊だ」と。

伊吹と志摩はRECの家に行く。

浜田は存在しない。浜田は久住だ。と説明するが、RECは信じられないでいる。

伊吹と志摩が「404戻れ」と指示がある。
「MIU404」とつぶやくREC。

九重(岡田健史)が機捜を外れる

「女詐欺師の身内は桔梗ゆずる」とネットで炎上し、その対応に桔梗は追われている。
九重は、父親の力でキャリアに傷がつくため機捜から外されたと陣馬が伝える。

伊吹と志摩は、麦とゆたかの身を隠すために送ることになる。
ゆたかは「お母さんを待ってる」と駄々をこねる。

**

桔梗は、インタビューに答え、それが報道される。
公式ページを削除されたのはどうしてだ、と問われるが、糸巻からの伝達がうまくいかず、どうして嘘をつくのだ、と言われる。

桔梗はネット上で顔もシンママであることもさらされてしまう。

桔梗(麻生久美子)と志摩(星野源)の夜

ゆたかと麦を送り届けた伊吹は、ゆたかにせがまれ泊まることになる。
一方、桔梗の家では、ゆたかの代わりに志摩が桔梗を待つことになり、うどんをゆでて待っていた。

ふたりでうどんを食べながら
「働いてるんだよ、こっちは、悔しい」と桔梗は涙を流す。

**

飲み屋にて、九重と陣馬。

「自分が機捜に入ってみたかったから俺を入れたんですよ。勝手にいれて、勝手に外して」
と九重は酔っている。

陣馬は
「お前は兵隊じゃない。お前は俺達にできないことができる。それが俺達を助ける」
と言う。

**

桔梗と志摩はビールを飲んでいる。

「桔梗さんはいつのまにか彼氏作って、ある時、いきなり桔梗さん産休ですよって。あっという間にお母さんになって、機捜の隊長になって。電光石火ですよ」と志摩。

「隊員を守れなかった。爆弾ひとつでめちゃくちゃ。手段を選ばない相手とどうやって戦えばいいのだろう」

「俺達警察は、弱いものを守りながら、どこまでも正しく清廉潔白でならなくちゃならない」

伊吹(綾野剛)が語る正義

一方、ゆたかと伊吹。

「悪い奴なんてぶっ殺しちゃえばいいよ」
とゆたか。

伊吹は正義についてをゆたかに話す。

「ぶっ殺しちゃえなんていつ覚えた、でもな、法律っていうルールがあって、それを守らなきゃいけないって。いつも志摩が言ってる。じゃないと正義じゃなくなる。
正義ってすげー弱いかもな、弱いから大切にないと消えてなくなっちゃうかもな」

**

九重は酔いつぶれている。

陣馬は、刑事との会話と成川の話から、ドーナツEPは国内に工場があると推理。

**

翌朝。
志摩が桔梗の家から出て歩いているとメロンパン号が。
「おは」伊吹は元気だ。
にやつく伊吹。

「志摩さ、隊長とキャッキャウフフしたの?」
「してねぇよ」
なんと、桔梗は酔って泣き上戸になり、そのまま寝てしまったという。

「死んだ奴には勝てねぇよ」と志摩。

**

陣馬は工場を探している。

久住に工場から「おまわりがきた」と電話がある。
「その工場、今晩中にたたきましょうか」と久住。

久住(菅田将暉)はすべてをお見通し

待機中の志摩にRECから電話がある。

RECは浜田と警察のどちらが正しいのか調べる、という。

そのために、浜田を呼び出すことにする。

直接会うことも電話をすることも拒否されているが、SOON(身元を明かさず通話ができるミーティングサイト)ならのってくるとRECはふんでいる。

RECの作戦は成功し、久住と話をする。
「浜田さんの情報が正しいということが知りたい」
と言うが、久住はお見通し。
「私を騙そうとしても無駄」と言い放つ。

「あんまり怒らすと爆弾落とすで」
久住は、RECのところに志摩と伊吹がいることも見えている。
RECのパソコンが乗っ取られたのだ。

志摩は「自首しろ」というが
久住は「なんの証拠も残ってない」
「人間のしたことだ」と言っても「人間やない」とまで言い出す。
伊吹は久住に「メケメケフェレット」と叫ぶ。

「ともかく、あんたらの茶番に付きあっている暇はない」
と言う久住は、画面から志摩と伊吹のスマホ画面を覗く。
そこから、中目黒のシェアハウスに久住がいることを突き止めているとわかる。
だが、久住は焦らない。自分は捕まらないとわかっているのだ。

RECのパソコンを乗っ取った久住は、RECをテロ爆弾犯人に仕立てあげる。

テロ発生事件で伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)が囲まれる!?

九重は親に抗議をしているが、そこで「爆弾テロ予告」があり、大騒動に。
都内各所で爆発が起こる。それが映像で流れる。

**

伊吹と志摩は、爆弾を仕掛けた病院にいくべきか、久住のいるシェアオフィスに行くか迷うが、伊吹の「生きてりゃ、何回でも勝つチャンスがある」という言葉で病院へ向かう。

病院は爆破せず、爆破事件の映像はフェイクだった。
すべては偽り。
テロは起きてはいない。

すべては久住が攪乱するため。

**

メロンパン号は、通行人がはじから写メを撮り始める。

陣馬(橋本じゅん)は無事か!?

久住は余裕だ。

ドーナツEPを作る工場にて。
トラックが出てきたところを陣馬が止めるが……。

「MIU404て何?テロと関係が?」

ネットでMIU404が拡散されていく。

久住はひとり夜の街に消えていく……。

<続く>

【MIU404】10話の感想

【MIU404】10話の感想を紹介します。

志摩の恋とメケメケフェレット

【MIU404】10話も片時も目が離せない濃密100%以上のストーリー。ラストシーンが衝撃的。陣馬の安否が気になります。
ツイートでは「メケメケフェレット」が話題に。伊吹はよく独特の表現をします。それがまた面白い。伊吹がメケメケフェレットと久住に言ったばかりに、久住も気になったようで検索。久住の画面にはフェレットが。苦々しい犯罪事件の中に、どこか笑いもある、それが伊吹の魅力でもあり、MIU404の魅力にも。
さらに、桔梗と志摩の関係にも「キャッキャウフフ」と言い、そのたとえかたがカワイイ。伊吹は、純粋な少年のようなハートの持ち主。
それにしても久住は頭が良い。正義は勝つのでしょうか。それとも、逃げきってしまうのでしょうか。あらゆるパターンが浮かんできます。
陣馬には生きていてほしい。切に願うばかり。
いよいよ、来週は最終回。志摩の恋にも少しばかりの進展があったら嬉しい限り。
来週もお見逃しなく♪

【MIU404】来週はいよいよ最終回!TBS系で9月1日放送!15分拡大です。

記事内画像:【MIU404】公式サイト

MIU404
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】