2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2021年冬ドラマ
視聴率ランキング

ドラマ【危険なビーナス】のキャスト一覧|妻夫木聡主演

ドラマ【危険なビーナス】のキャスト一覧!

2020年10月スタートのTBS日曜劇場は、妻夫木聡さん主演の『危険なビーナス』。

原作はミステリー作家・東野圭吾の同名小説。東野氏は「ガリレオ」シリーズ、「新参者」シリーズのドラマ化でも有名な人気作家さんです。

人気キャストとヒットメーカーの夢のタッグ誕生で、いやがおうでも期待が高まります。

今回はドラマ【危険なビーナス】のキャスト一覧などについて紹介します。


ADVERTISEMENT

ドラマ【危険なビーナス】のキャスト一覧

ドラマ『危険なビーナス』のキャスト一覧を紹介します。

相関図・家系図はコチラ▼

妻夫木聡(役:手島伯朗)

登場人物手島伯朗(てしま・はくろう)(38)…主人公。

・池田動物病院の院長代理として勤務する獣医。独身。
・5歳の時に父親が亡くなり、その後母親が矢神家の御曹司と再婚。
→しかし、矢神の血を引く弟とは異なり、伯朗は母の連れ子のため肩身が狭かった。
→そのため、母の死後に矢神家から姓を抜き、矢神家とも縁を切った。
・性格:正義感が強く真面目だが、美女にはめっぽう弱い!?

キャスト妻夫木聡(つまぶき・さとし)…1980年12月13日生まれ。福岡県出身。ホリプロ所属。過去のドラマ主演作に『ブラックジャックによろしく』『スローダンス』『天地人』『若者たち2014』など。妻夫木聡がTBSの連続ドラマで主演を務めるのは、2004年4月期の日曜劇場『オレンジデイズ』以来、約16年ぶり。

<妻夫木聡さんのコメント>

TBSのドラマに出演させていただくのが16年ぶりということに、僕自身も驚いています(笑)。

出演させていただくからには、16年前の自分に負けないように、今年40歳となる自分自身ができることをこのドラマで体現していきたいと思います。

東野圭吾さんの小説は昔からずっと読ませていただいていたので、今回主人公を演じさせていただけることになり、とても光栄です。突然現れた「謎の美女」を「信じていいのか?」と悩みながらも、その魅力に翻弄されていく主人公・伯朗の葛藤をドラマの中で表現していければと思っています。

本作は東野さんの原作が持つ魅力はそのままに、毎週続きが気になる連続ドラマとして、とても面白く描かれていきます。僕が子どもの頃、ドラマを見るために急いで家に帰っていたワクワク感をこの作品で皆さんにも味わっていただけたらうれしいです。

日本中が大変な時ですが、「このドラマがあるから、家にいるのも悪くない!」と思っていただけるような、少しでも皆さまの助けになる作品をお届けできればと思っています。ぜひ、お楽しみに。

https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/

吉高由里子(役:矢神楓)

吉高由里子
https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/

登場人物矢神楓(やがみ・かえで)(30)……ヒロイン。明人の妻を名乗る「ミステリアスで聡明な美女」。

キャスト吉高由里子(よしたか・ゆりこ)…1988年7月22日生まれ。。東京都出身。アミューズ所属。主演ドラマに『花子とアン』『東京タラレバ娘』『わたし、定時で帰ります。』『知らなくていいコト』など多数。

〈吉高由里子さんのコメント〉

妻夫木さんが日曜劇場に出演されるのが16年ぶりと聞き、そのような作品で初めてご一緒させていただけることをとてもうれしく思います。妻夫木さん演じる伯朗と楓のやり取りも、ドラマならではのテンポの良い会話劇になると思います。その中で、2人の距離がどのように縮まっていくのか楽しみに見ていただけたらうれしいです。
ドラマで描かれる楓は、原作よりも少し人間味のあるキャラクターになっていると思います。勝気な部分もあれば怯えることもあったり…。いろんな表情を持っているので緩急つけて演じていければと思っています。その一方で謎めいている部分もあるので、「怪しい?」「怪しくない?」と見ている方にも伯朗と同じように揺れ動きながら見ていただければうれしいです。
一話一話の展開が早く、毎週見逃せないストーリーになっています。見た後は「来週の放送早く来い〜!」と思っていただけるドラマになるよう、妻夫木さんはじめ、他キャスト、スタッフの方々と精一杯撮影に取り組んでいきたいと思います。

https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/

ディーン・フジオカ(役:矢神勇磨)

ディーン・フジオカ
https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/

登場人物矢神勇磨(やがみ・ゆうま)(40)…矢神家の養子。商売の才覚があり、都内に複数のダイニングレストランを経営している。連れ子として矢神家にやって来た伯朗を昔から見下していて、事あるごとに挑発。明人を捜すために伯朗と共に矢神家を訪れた楓のことを気に入り、明人の妻であることを知りながら強引にアプローチする。

キャストディーン・フジオカ…1980年8月19日生まれ。福島県出身。アミューズ所属。主なドラマ出演作にドラマ 『あさが来た』 『ダメな私に恋してください』『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』 『シャーロック アントールドストーリーズ』など。TBS日曜劇場への出演は『IQ246〜華麗なる事件簿〜』(2016年10月-12月)以来、約4年ぶり。主演の妻夫木聡とは同い年で、今回が初共演。

<ディーン・フジオカさんのコメント>

東野圭吾さんの作品に初めて出演させていただくので、すごく楽しみにしています。
僕が演じる勇磨は、妻夫木さん演じる伯朗を昔から見下している人物です。伯朗にとって“大きな壁”のような存在でもあると思うので、とにかく僕はヒールに徹したいと思っています。そんな勇磨と伯朗の間でどんな駆け引きが生まれていくのか、ぜひ注目してください。妻夫木さんとは初共演になりますが、同じ年なので、芝居以外でも色々とお話させていただけたらと思っています。
このドラマは、回を追うごとにどんどん登場人物たちのどろどろした関係性が濃くなっていき、それぞれがどういう思いでそこにいるのかというのが暴かれていきます。毎週目が離せない展開になると思いますので、楽しみにしていてください。

https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/

染谷将太(役:矢神明人)

染谷将太
https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/

登場人物矢神明人(やがみ・あきと)(29)……手島伯朗(妻夫木聡)の弟。伯朗の母の再婚相手との子のため、伯朗とは異父兄弟。名家「矢神家」の現当主の血を引く唯一の存在。30億ともいわれる遺産を相続する権利を持つ。幼いころから優秀で後継ぎとして大きな期待をかけられていたが、人工知能の研究に没頭。今はアメリカで人工知能を生かしたIT関連の仕事をしている。そこで偶然知り合った楓と結婚。現当主である父・康治が危篤と知りアメリカから帰国するが、その直後に失踪した。

【明人が失踪した時の書き置き】
「ちょっとしたミッションがあるので出かけます」
…この書き置きがあったため、警察も事件としては扱ってくれませんでした。

キャスト染谷将太(そめたに・しょうた)…1992年9月3日生まれ。東京都出身。トイズファクトリー所属。妻は女優の菊地凛子。2009年、映画『パンドラの匣』で長編映画初主演。2011年、『ヒミズ』の演技で第68回ヴェネツィア国際映画祭 マルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人賞にあたる賞)を受賞。2020年は大河ドラマ『麒麟がくる』で織田信長を演じるなど活躍中。

<染谷将太さんのコメント>

この物語は僕が演じる明人が失踪したことから始まるので、とにかく僕は謎に包まれた人物として存在できればと思っています。

妻夫木さん演じる伯朗と明人は兄弟ですが、その関係性は複雑です。ただ、そこにたくさんの人物が絡んでくるという「複雑さ」が本作の見どころでもあると思っています。

妻夫木さんと面と向かってお芝居するのは本作が初めてなので、自分がどうなっていくのかが楽しみですし、何か面白い反応が起こるんじゃないかという期待感を勝手に持っています。夫婦役の吉高さんとも、ちゃんと一緒にお芝居をするのは今回が初めてです。予測できないエネルギーを放っていらっしゃる印象なので、どんな“夫婦”になるのか未知数なところを僕自身も楽しみにしています。

https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/

中村アン(役:陰山元美)

中村アン
https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/

登場人物蔭山元美(かげやま・もとみ)(31)…池田動物病院で伯朗の助手を務める動物看護師。一見クールな雰囲気だが、どんな動物にも愛される能力を持つ。常に冷静で、伯朗を陰ながら支えている有能な助手。観察眼も優れていて、時に伯朗に鋭い指摘をすることも。

キャスト中村アン(なかむら・あん)…1987年9月17日生まれ。東京都出身。プラチナムプロダクション所属。『ラブリラン』で連ドラ初主演。2020年は『SUITS/スーツ2』(4月、7月-10月)にレギュラー出演。TBS日曜劇場には『家族ノカタチ』『小さな巨人』『集団左遷!!』『グランメゾン東京』に出演している。

<中村アンさんのコメント>

私が演じる元美は、伯朗さんが院長代理を務める動物病院の看護師です。クールな雰囲気ですが、伯朗さんのために「何かしてあげたい」という優しさも秘めている女性、表には出さないけど、心の中は温かい人なんじゃないかなと思っています。時には助手として鋭い指摘をすることもあったりしますが、いい距離感で伯朗さんを支えていければと思います。また、お芝居の中で動物と触れ合うのは初めてなので、撮影もとても楽しみです。

妻夫木さんとは今回が初共演ですが、この仕事をする前から妻夫木さんの作品をたくさん見てきたので、ご一緒させていただけて光栄です。どんな現場になるか、今からとてもワクワクしています。 皆さまもぜひ楽しみにご覧ください。

https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/

堀田真由(役:支倉百合華)

堀田真由
©TBS

登場人物支倉百合華(はせくら・ゆりか)(26)…隆司と祥子の長女。明人の従妹にあたる。ブックデザイナー。幼い頃から明人に好意を寄せていたが、明人が結婚したことを知り、楓に対して敵意をむき出しにする。

キャスト堀田真由(ほった・まゆ)…1998年4月2日生まれ。滋賀県出身。アミューズ所属。『non-no』の専属モデル。ドラマ出演作は『わろてんか』『チア☆ダン』『3年A組-今から皆さんは、人質です-』『恋はつづくよどこまでも』など。

結木滉星(役:君津光)

結木滉星
©TBS

登場人物君津光(きみつ・ひかる)(27)…矢神家の使用人で執事。波恵の指示で、裏で楓の素性を探っている。常に無表情で本心を見せない青年。※ドラマオリジナルキャラクター。

キャスト結木滉星(ゆうき・こうせい)…1994年12月10日生まれ。大分県出身。スターダストプロモーション(制作2部)所属。2018年、『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』でドラマ初主演。ほかにドラマ『あおざくら 防衛大学校物語』『僕だけが17歳の世界で』などでレギュラー出演し活躍中。

福田麻貴(3時のヒロイン)(役:永峰杏梨)

福田麻貴
©TBS

登場人物永峰杏梨(ながみね・あんり)… 矢神家当主・矢神康治の専属看護師。看護のため杏梨は頻繁に屋敷に出入りしている。矢神家の人間ではないものの、一族の強欲さや狡猾さを間近で見てきており、屋敷の内情もよく知る人物。

※ドラマオリジナルキャラクター。原作でも看護師はいるが名前はなし。そもそも康治はずっと入院中のため看護師が屋敷に出入りはしない。

キャスト福田麻貴(ふくだ・まき)…1988年10月10日生まれ。大阪府出身。吉本興業に所属する日本のお笑いトリオ「3時のヒロイン」のリーダー。トリオで出場した第3回『女芸人No.1決定戦 THE W』(2019)で優勝を果たしている。連続ドラマにレギュラー出演するのは今回が初めて。

R-指定(Creepy Nuts)(役:手島一清)

Creepy Nuts
©TBS

登場人物手島 一清(てしま・かずきよ) …伯朗が幼い頃に病死した実の父親。一清は売れない画家で、手島家の暮らしは貧しかったが、伯朗にとっては父の優しい笑顔と最後に描いていた絵が印象深く記憶に残っている。

キャストR-指定…1991年9月10日生まれ。大阪府出身。DJ松永との二人によるHIP-HOPユニット「Creepy Nuts(クリーピーナッツ)」のメンバー。個人として、フリースタイルラップバトル全国大会「UMB GRAND CHAMPIONSHIP」で2012年から3年連続で優勝し、全国3連覇を成し遂げた。連続ドラマに本格的に出演するのは本作が初めてだが、10月31日スタートの『閻魔堂沙羅の推理奇譚』(NHK)のゲスト出演も決まっている。

麻生祐未(役:矢神佐代)

麻生祐未
©TBS

登場人物矢神佐代(やがみ・さよ)(61)…矢神家前当主である康之介の養女。人の心の内を見抜く力に長けているが、本人は何を考えているかわからない人物。高級クラブのママで、艶っぽい上品な女性。

キャスト麻生祐未(あそう・ゆみ)…1963年8月15日生まれ。大阪府生まれ・長崎県出身。イザワオフィス所属。『君が嘘をついた』『JIN-仁-』 『カーネーション』 『特命刑事 カクホの女』 『半分、青い。』 『義母と娘のブルース』 『テセウスの船』など出演ドラマ多数。

坂井真紀(役:兼岩順子)

坂井真紀
©TBS

登場人物兼岩順子(かねいわ・じゅんこ)(57)…伯朗の母・禎子の妹。研究に人生を捧げてきた夫・憲三を支える良き妻。憲三との間に子どもはなく、伯朗を実の子の様に可愛がっている。

キャスト坂井真紀(さかい・まき)…1970年5月17日生まれ。東京都出身。スターダストプロモーション所属。ドラマ出演作は『私の運命』『エジソンの母』『ウェルかめ』『監獄のお姫さま』など多数。

安蘭けい(役:支倉祥子)

安蘭けい
©TBS

登場人物支倉祥子(はせくら・しょうこ)(58)…矢神家の前当主である康之介と後妻の間に生まれた娘。康治と波恵の異母妹。矢神の家を出たために、遺産相続を主張する立場としては弱いが、何かと口を出す。おしゃべりで金遣いが荒い。

キャスト安蘭 けい(あらん・けい)…1970年10月9日生まれ。元宝塚歌劇団星組トップスター。 滋賀県出身。ホリプロ所属。舞台を中心に活躍している。ドラマ出演作は『ペテロの葬列』、『時をかける少女』(2016、日本テレビ)など。

田口浩正(役:支倉隆司)

田口浩正
©TBS

登場人物支倉隆司(はせくら・たかし)(59)…祥子の夫。介護施設グループを営む。傾き始めた介護施設「矢神園」を康之介から引き継ぎ、立て直した。矢神家では親戚一同に頭が上がらない。

キャスト田口 浩正(たぐち・ひろまさ)…1967年10月8日生まれ。福岡県出身。ホリプロ所属。ドラマ出演作は『こちら本池上署』シリーズ『警視庁捜査一課9係』シリーズ『特捜9』シリーズなど。

池内万作(役:矢神牧雄)

池内万作
©TBS

登場人物矢神牧雄(やがみ・まきお)(56)…矢神家前当主である康之介と後妻の間に生まれた息子。祥子の実弟。医師。社交性がなく、必要な事以外口を開かない。

キャスト池内 万作(いけうち・まんさく)…1972年3月27日生まれ。東京都出身。東宝芸能所属。父は伊丹十三、母は宮本信子。祖父は伊丹万作。叔父に大江健三郎。ドラマ出演作は『こちら本池上署』シリーズ『警視庁機動捜査隊216』シリーズなど。

栗田芳宏(役:矢神康之助)

栗田芳宏
©TBS

登場人物矢神 康之介(やがみ・こうのすけ) … 医師として医学界に輝かしい功績を残し、巨万の富を築いてきた矢神家の前当主。狡猾で強欲。遺言書に『すべての個人資産は矢神明人に譲る』と残してこの世を去った。

キャスト栗田芳宏(くりた・よしひろ) … 1957年7月23日生まれ。静岡県出身。KURITAカンパニー主宰。ファザーズコーポレーション所属。1978年、女優日本舞踊家、藤間紫の内弟子となり 舞台演出を学ぶ。 その後、市川猿之助に師事。 1997年、吉田鋼太郎と劇団AUNを旗揚げ。 2004年から新潟市民芸術文化会館「りゅーとぴあ」のアソシエイト・ディレクターを10年間務める。 2004年、安寿ミラ主演「ミュージカル・ハムレット」で第六回東京芸術劇場ミュージカル月間優秀作品賞を受賞。

栗原英雄(役:矢神康治)

栗原英雄
©TBS

登場人物矢神康治(やがみ・やすはる)(68)…康之介の長男で、矢神家の現当主。明人の父で、伯朗の母・禎子の再婚相手。伯朗にとっては義理の父親にあたる。医師で、矢神総合病院院長。現在は末期がんを患い余命いくばくもなく、寝たきりの状態。

キャスト栗原 英雄(くりはら・ひでお)…1965年7月4日生まれ。栃木県出身。株式会社レ・ブリアン(Les Brillants)所属。劇団四季でミュージカル『ライオンキング』をなど数々の演目に出演。2016年に大河ドラマ『真田丸』真田信尹 役でテレビドラマ初出演。以降、『わろてんか』『なつぞら』『半沢直樹Ⅱエピソードゼロ』などに出演している。

斉藤由貴(役:矢神禎子)

斉藤由貴
©TBS

登場人物矢神禎子(やがみ・ていこ)(故人)…伯朗と明人の母。16年前に事故死した。禎子は夫(伯朗の実父)の死後、矢神家の御曹司・康治(栗原英雄)と再婚し、明人を出産した。名家「矢神家」に入ったことで親戚づきあいに苦悩するが、そんな中でも家族を大切にしようとした芯の強い女性。

キャスト斉藤 由貴 ( さいとう・ゆき)…1966年9月10日生まれ。 神奈川県出身。東宝芸能所属。80年代中盤から90年代前半のころ、『スケバン刑事』『連続テレビ小説 はね駒』『あまえないでヨ!』『はいすくーる落書』『同窓会』などで主演。歌手としても人気を博した。近年では不倫騒動で2018年の大河ドラマ『西郷どん』への出演を辞退し、CMも2社降板。それでも以降は、『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』、三谷幸喜の『記憶にございません!』、『蜜蜂と遠雷』など話題作に出演するなど活躍中。

戸田恵子(役:矢神波恵)

戸田恵子
©TBS

登場人物矢神波恵(やがみ・なみえ)(66)…矢神家現当主の康治の実妹。独身。矢神家の遺産を管理しており、寝たきりの康治の面倒を見ている。「矢神家は自分が守る」という強い意志があり、明人の妻だと名乗る楓を怪しむ。

キャスト戸田 恵子(とだ・けいこ)…1957年9月12日生まれ。愛知県出身。ルックアップ所属。ドラマ出演作に『総理と呼ばないで』『ショムニ』『HR』『ちゅらさん』『純情きらり』『遺留捜査 』など多数。アニメ『それいけ!アンパンマン』のアンパンマン役としても有名。

小日向文世(役:兼岩憲三)

小日向文世
©TBS

登場人物兼岩憲三(かねいわ・けんぞう)(65)…伯朗の叔父で、数学者。伯朗のよき理解者で、家で酒を酌み交わすこともある間柄。以前は大学で数学を教えていたが、教壇を退いてからも独自に数学の研究を続けている。

キャスト小日向 文世(こひなた・ふみよ)…1954年1月23日生まれ。北海道出身。ファザーズコーポレーション所属。ドラマ出演作は『HERO』『救命病棟24時』『あしたの、喜多善男』『JIN-仁-』『緊急取調室』『真田丸』『コンフィデンスマンJP』など多数。ゲスト出演ながら人気ドラマ『MIU404』(2020年6月‐9月)での演技でも話題となった。

まとめ

以上、ドラマ『危険なビーナス』のキャスト一覧を紹介しました。

豪華キャストが勢ぞろいでくせ者ぞろい。

矢神家の遺産をめぐる争いと弟の失踪の謎で、キャストたちがどんな演技を魅せてくれるのか楽しみですね。

<関連記事>

※当記事の画像出典:https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/

危険なビーナス
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】