2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

ドラマ【怪物くん】の視聴率一覧と最終回ネタバレ!デモキン(松岡昌宏)との決着の行方は?

大野智主演ドラマ【怪物くん】の再放送が決定し、Twitterにトレンド入りで早くも盛り上がっています。

怪物くんの人間界での修行や宿敵・デモキン(松岡昌宏)との決着の行方はどうなるのでしょうか?

今回の記事ではドラマ【怪物くん】の当時と2020年の視聴率、1話~最終回までのネタバレをまとめました。

「ドラマ怪物くん」を視聴するには?
ドラマ【怪物くん】は再放送終了後よりHuluで配信予定です。
さらに実写映画【怪物くん】はすでに配信しています。
※ 全て2020年8月12日(水)の情報です。最新の配信状況、料金については公式サイトをご確認ください。
スポンサーリンク

ドラマ【怪物くん】2010年の視聴率

まずは2010年当時のドラマ【怪物くん】の視聴率を見てみます。

話数放送日視聴率
第1話2010年
4月17日
17.5%
第2話4月24日15.6%
第3話5月1日12.8%
第4話5月8日13.1%
第5話5月15日12.5%
第6話5月22日12.1%
第7話5月29日13.9%
第8話6月5日14.1%
最終回6月12日13.7%

平均視聴率2010年の平均視聴率は 14.0%でした。

視聴率がガタ落ちしたのはどうして?

2010年放送時、1話~3話に掛けて視聴率が5%もガクッと落ちました。当時としてもドラマの視聴率が大幅に落ちることはあまりなく、その理由はなんでしょうか?。

ドラマ【怪物くん】の原作は藤子不二雄Ⓐさんの漫画、児童向けの漫画です。

その為、子供向けの内容かつ戦闘シーンなど特撮ドラマの要素が強かったです。

  • 【ごくせん】
  • 【野ブタ。をプロデュース】

などを放送していた枠ではかなり異色のドラマでした。見る人を選ぶドラマだったと思います。

ただ、「嘘をつく」などテーマを子供にも分りやすくして、徹底的に子供向けにしたことで平均視聴率14.0%の高評価を得られたといます。

逆に変に大人に媚びていたら上手く行かなかったと思います。

ドラマ【怪物くん】2020年の視聴率を予想

ドラマ【怪物くん】2020年の視聴率は10%越えは難しいと思われます。

  • 子供向けの内容で見る人を選ぶ
  • 土日にドラマを見る習慣が根付いていない
    【逃げ恥】の最終回でも7.6%
  • 再放送の時間も変則的

など厳しい要素が揃っています。

10%越えは難しいとして、平均7%届けばいいと思います。

ドラマ【怪物くん】2020年の視聴率とネタバレ一覧

1話の視聴率とネタバレ

2020年ドラマ【怪物くん】の視聴率は分かり次第お伝えします。

王位を継ぐために人間界で半ば強制的に修行することになった怪物くん(大野智)一行。そこで人間の少年、市川ヒロシ(濱田龍臣)と出会います。

貧乏ゆえに友達に構って欲しいヒロシは嘘を付き続けます。一方、地位が高く、魔力も強い怪物くんは嘘を付くこと事態が分らない様子です。

そこにデモキン(松岡昌宏)復活を目論む悪魔族の影がありました。

果たしてヒロシとの出会いは怪物くんにどのような影響を与えるのでしょうか?

そして、放送後より主役の大野智さんと濱田龍臣さんが可愛いと話題です。

ドラマ【怪物くん】最終回ネタバレ

魔王石と力を取り戻しデモキンは完全復活をしてしまいました。

力を封印され、なんとか助かりたい怪物くんは和解を提案しますが受け入れられるはずもありません。そして、デモキンは「怪物界か人間界のどちらか1つだけを助け、残りは滅ぼす」と選択を迫ります。

弟のヒロシを助けに来たウタコは彼を庇って石にされてしまいます。それを見たデモリーナはかつて人間だったころの愛情を思い出します。

デモリーナは怪物くんたちを逃がしますがデモキンの怒りにふれ、刺されてしまいます。

「人間界とデモキン様を救って欲しい」とデモリーナは怪物くんに託し命を落としてしまいます。さらにお供の3人も石にされてしまいます。

決断の時、怪物くんは「怪物界も人間界も救って欲しい」と土下座をして。が、デモキンは受け入れるはずもなく、ヒロシも手に掛けようとします。

その時、怪物くんは無意識の内に動きヒロシを助けました。そして、力強い光が怪物くんを包みます。

ウタコ、デモリーナ、お供たちの愛情と優しさに触れ、怪物くんの王子としての力が覚醒したのでした。

デモキンと激突し勝利、全員を元に戻すことが出来ました。

怪物くんはデモキンにトドメを刺さず、デモキンも自分にとって大切な存在であったデモリーナを復活させることを約束し悪魔界に去っていきます。

別れの時、怪物くんはヒロシとの友情を再確認、民達のヒーローとなる為に「怪物ランド」に戻るのでした。