2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【MIU404】5話の視聴率とネタバレ!成川岳(鈴鹿央士)のSOSで菅田将暉の怪しさ倍増!

【MIU404】5話

【MIU404】5話の視聴率とネタバレ!
2020年7月24日放送【MIU404】5話はコンビニ強盗事件!
多発するコンビニ事件を追う志摩(星野源)と伊吹(綾野剛)はコンビニ店員になりすまし張り込みをするのだが……。
再び成川岳(鈴鹿央士)と菅田将暉が登場!
九重(岡田健史)の方言が「可愛すぎる」【MIU404】5話の視聴率、ゲスト出演者、ネタバレ、あらすじ、感想を紹介します

スポンサーリンク

【MIU404】5話の視聴率

【MIU404】5話の視聴率は、12.5%でした。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

動画配信:【MIU404】はパラビで視聴できます。(2020年7月現在、最新情報はパラビサイトでご確認ください。

【MIU404】5話のゲスト出演者

【MIU404】5話のゲスト出演者は、小日向文世さんと渡辺大知さんです。

小日向文世・渡辺大知

綾野剛さんが共演を熱望したという小日向文世さんの役は、伊吹の恩師・蒲郡慈生(がまごおりしげお)。
【MIU404】2話で伊吹が「一人だけ信じられる人がいた」と言っていてのは、蒲郡のことで、伊吹は「ガマさん」と呼んでいます。綾野剛さん演じる伊吹と小日向文世さん演じる「ガマさん」の場面では、綾野剛さんの可愛い笑顔が♪♪
ミュージシャン、映画監督、俳優と活躍する渡辺大知さんは、日本語学校の事務員・水森祥二朗(みずもりしょうじろう)。

【MIU404】5話のあらすじ

【MIU404】5話のあらすじを紹介します。

「夢の島」

コンビニ強盗が同時発生する。いずれも日本人が店員のコンビニだ。
伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は、コンビニ店員に扮して張り込みをするが、その店舗も強盗に襲われる。さらに、次々と強盗に襲われるが、捜査員によって、犯人を確保。犯人は外国人。低賃金で労働する元技術実習生。
志摩と伊吹に仕事を教えていた留学生のマイ(フォン・チー)が勤務する別店舗では、犯人を取り逃がしてしまい、マイに容疑がかかり……。
そんな中、伊吹は恩師の元刑事・蒲郡(小日向文世)に会いに行く。蒲郡は、外国人支援センターで働いている。蒲郡から外国人労働者の実態をしる伊吹は、事件の真相に迫るのだが……。

【MIU404】5話のネタバレ

【MIU404】5話のネタバレを紹介します。

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)がコンビニ店員

コンビニで強盗事件が同時刻に多発している。

伊吹(綾野剛)志摩(星野源)はコンビニ店員に扮しコンビニで働いている。外では陣馬(橋本じゅん)九重(岡田健史)が張り込み。
強盗犯がコンビニやってきた。
機捜は、強盗犯グループを逮捕する。
その頃、二人に仕事を教えた留学生のマイ(フォンチー)が勤務する別店舗にも強盗が入っていた。

**

犯人らはネット上で誘い合い、一斉に強盗をしていた。
捕まったのは19人。犯人は外国人で、ほとんどが低賃金で労働する元技能実習生。
しかし、ひとりだけが逃げている。その犯人がマイの店に入った強盗だ。マイは共犯だと疑われている。
店長の話から、マイはお金の置き場所もお金がその時刻にコンビニにあることを知っていたからだ。

マイの話を聞く伊吹と志摩。
「ベトナム語で何を話した?」という志摩に
「お金とる、わるいこと、私は犯人じゃない」とマイ。
そこで犯行を促すSNSの画像を見せるが、そこに、陣馬がやってきて、マイは釈放される。
実は、マイを泳がせて犯人を捕まえようという作戦。

伊吹はマイにアプローチしまくり。
「強盗に襲われるかもしれないからボディガードをする」
とマイに説明をし、メロンパン号にマイを乗せ、家まで送る。

マイのアパートには男がいる。
男は、グエンヴァンナム。ベトナム人。
同じアパートで日本語学校が同じ。

そこで、二人が通う日本語学校に聞き込みにいく。
対応したのは事務員・水森(渡辺大知)
日本語学校は定員20人のクラスに50人押し込める。その分、学費が儲かる、と水森。
「生徒の8割は、お金に困っている。留学生と言いながら、実は労働に来ている」と言う。

**

マイを追う二人。
マイは自転車でバイト先へ。マイはバイトを掛け持ちしていた。
1か所のバイトだけでは、生活できないからだ。

陣馬と九重と志摩は、マイが犯人グループのひとりではないかと推理するが、伊吹の視点はそこにはなく
「マイが誰が好きかが大事だ」
と言う。

**

マイは学校で水森に話しかけるが水森は冷たい。

伊吹(綾野剛)は恩師・蒲郡(小日向文世)に会う

伊吹は恩師の蒲郡(小日向文世)に会う。
ふらふらしていた伊吹をまっすぐにしてくれたのが蒲郡だ。
蒲郡は、刑事を辞めて外国人労働者の相談役をしている。

「機捜はどうだ、やってけそうか」
と蒲郡。

志摩の話になり
「他人のことも信じないし自分のことも信じないんだって」
という伊吹に
「なんで自分を信じられなくなったんだろうな」
と蒲郡。

「大丈夫なのか、そいつは」
と蒲郡。
「まっ、大丈夫っす」
という伊吹に
「お前は人を信じすぎる」と蒲郡。

**

ナウチューバー・REC(渡邊圭祐)はテレビ局に出向き「外国人労働者の事件の動画を売る」と話をするが、断られる。

**

4機捜にて。

例のSNSの最初の投稿が見つかった。
投稿がベトナム語でわからず、伊吹が頼み蒲郡に直訳してもらう。
すると「これを書いているのは日本人だ」と。

**

水森は管理者に借金を全額返済するが
「またうちで働きませんか」と誘われる。
管理者はベトナムではなく他の国から人材を集めてくると言うのだ。

水森(渡辺大知)の身元

水森の身元が割れる。
自分が起こした人材派遣会社が倒産し負債をかかえ、川越の管理団体の職員に。
日本語学校の事務員になったのは管理団体が潰れたから。
水森がいた管理団体は、違法なキックバックを貰っていた。

**

マイから伊吹に電話がある。
伊吹と志摩は、マイと会う。
マイは酔っている。
その時、志摩は、マイのスマホの待ち受けを見る。
そこには、マイと水森のツーショットが。
「乾杯」としたところで、志摩は幻覚に襲われ席を立つ。

マイは、日本で最低の扱いを受け、それを泣きながら伊吹に訴える。

**

志摩は外で待っていた。
伊吹がやってきて
「なんつっていいかわかんなかった」
とマイに対して言葉が出なかったこと話す。

事件の真相、不条理な現実。
「見ない方が楽。見えてしまったら、世界のわずかなズレ。
もう一度、目をつぶるか……」
と志摩。
「それ、志摩の話?
何かに気づいて自分が信じられなくなった?」

と伊吹。

そこでいつもの志摩に戻り
「マイちゃんが好きなのが水森なら、水森が犯人だ。
水森は近隣で強盗が起きていることを知り、SNSに強盗を誘導する書き込みをした」
と推理。

**

そして、水森に聞き込みに行くことに。

水森に「マイさんが逮捕される」と志摩。
水森はかなり驚き、なぜマイが逮捕されるかを訊いてきた。
「マイさんはベトナム語で話していたから、共犯にされる」と説明する志摩。

ベトナム語ができるという水森に
「理不尽をベトナム語でいうと?」
と訊くと
「(ベトナム語は)我流なので」
と水森。

「だからか」
と、SNSの書き込みをみせ
「(理不尽という意味に)“binn”が余計でした。この投稿、水森さんですよね」
と志摩。

水森は国の在り方を訴え
「なぜ、僕が罪悪感を感じなきゃいけないんだ」
と言うが、志摩は怒り
「うるせぇ、俺は国の話をしていない。マイさんについての。
たった1回のマイの人生の話をしている」と。

メロンパン号で伊吹が待っていた。
志摩
「任意同行はできなかったが、あれは黒だ」

九重(岡田健史)が訛ってる!

SNSに水森がコメント。
また強盗を始める合図だ。

メロンパン号出動!

九重がSNSのコメントを解読。
ベトナムで333はラッキー。
単独の3は不吉な数字。
それは「今日は、来るな」と言う意味。
つまり、今日は単独犯行。

「水森は強盗を集めたのではなかたとですよ」
九重は訛っている。

**

伊吹と志摩はマイの店に行く。
そこで覆面をかぶった水森が強盗をし逃走。

**

水森とマイの思い出場面。

水森
「これまでたくさんの人材を入れてきた。
マイさんといると、あの人たち、一人一人のことを考えてしまう」

マイは水森を好きだというが、
水森は「そんないい人間じゃない、卑怯で悪いカタツムリだ」
と涙する。

**

ナイフを振りかざす水森は訴える。
「外国人はここに来るな。ここはあなたを人間扱いしない」
そこにマイがやってきた。

水森のところに行こうとするマイを伊吹が止める。
その動画を撮影しているのはREC。

**

桔梗(麻生久美子)と陣馬。

陣馬
「女の隊長ということで面白く思っていない奴がいる。気を付けろよ」

**

マイにもんじゃ焼きをごちそうした伊吹と志摩は署に戻る。
そのとき、伊吹は警察署員が“志摩が相棒殺し”だと話しているのを聞いてしまう。

成川岳(鈴鹿央士)からREC(渡邊圭祐)にSOS

ナウチューバー・RECの動画の再生数が人気を博し、テレビ局から連絡がくるが、逆に今度は断る。
そこに、1通のメールが。

「成川岳といいます。
助けてください。あなたの力が必要です」

……、3話のラストにリンク。

謎の男(菅田将暉)が成川岳(鈴鹿央士)のもとに
「成川君」

<続く>

【MIU404】5話の感想

【MIU404】5話の感想を紹介します。

九ちゃんの博多弁♪

野木亜紀子氏の脚本に震える

次回は志摩の過去が明らかに!?

【MIU404】の5話、外国人留学生、そのシステムなど内容がとても深いものした。それを1時間の中にギュギュっと詰めているところが素晴らしい。さすが、野木亜紀子さんです。ちなみに、GOTOと時期と被っていますが、野木亜紀子さんは単なる偶然だとツイートしてます。
九重(岡田健史)の訛りにはかなり驚きました。ツイートにもありますが、私もてっきり東京の人だと思っていたので……。
【MIU404】は、回を追うごとに、個々それぞれに興味がわく物語です。
桔梗(麻生久美子)を潰そうとしている奴らがいるとか、それを陣馬(橋本じゅん)が伝える。その人間関係性が熱い。
そして、志摩(星野源)の過去が気になります。伊吹は人を信じすぎると言われていましたが“相棒殺し”については、次週、解明されるとのこと。いったい、志摩に何があったのか。それは罪なのでしょうか。
時々、怖い顔する志摩にゾクリとします。星野源さんの今回の役はかなりゾクリとします。
ラストは、3話のラストに。謎の男・菅田将暉が登場。こちらの事件は、ラストにドカーンとくるのかな、と予想。

次回は、九重と伊吹がバディを組んで、志摩の「相棒殺し」についてを解明!次回もお楽しみに♪

【MIU404】は、毎週金曜日、TBSで夜9時から放送!次回は7月31日放送予定です。

記事内画像:【MIU404】公式サイト

MIU404
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】