【仮面ライダーゼロワン】37話のネタバレと感想!ついに巻添副社長が立ち上がる←福添だよ!

【仮面ライダーゼロワン】37話のネタバレと感想!ついに福添副社長が立ち上がる←いじんねぇのかよ!

【仮面ライダーゼロワン】37話ではいよいよ仮面ライダー亡が登場します。

さらについに福添副社長も立ち上がりみどころ満載です。

今回の記事では【仮面ライダーゼロワン】の37話「ソレはダレにも止められない」のネタバレと感想などをお伝えします。

 
スポンサーリンク

【仮面ライダーゼロワン】37話のネタバレ

ネタバレ1 AIの恐怖

或人(高橋文哉)はゼロワンメタルクラスタホッパーに変身してアークゼロ(CV:速水奨)に挑む。

だが、その圧倒的な力に押され変身解除に追い込まれてしまう。さらにアークは諫(岡田龍太郎)から武器を奪いイズ(鶴嶋乃愛)にも攻撃をしようとする。

その時、迅(中川大輔)が身を挺してイズをかばった。

迅「早く逃げろ!!。」

或人達は何とかデイブレイクタウンから逃げ出す。

迅「アークゼロは人間を超えている。」

迅はどこかと連絡を取るがアークゼロに見つかり、再び体を乗っ取られてしまう。

飛電製作所に戻った或人。

或人「まさかあそこまでとは…」

「何も出来なかった。」

或人はアークゼロの驚異的な力、人間を超えたAIの恐ろしさに恐怖してしまう。

アークゼロは亡(中山咲月)に滅亡迅雷フォースライザーとジャパニーズウルフゼツメライズキーを渡す。雷(山口大地)と共にある指令を下す。

ネタバレ2 反旗

垓(桜木那智)は副社長の福添(児嶋一哉)に「レイドライザーの売り上げを伸ばすためにあえてザイアスペックを暴走させなさい。」と命令を下す。

あまりのも非人道的なやり方に福添は反発するが、垓は「ビジネスには痛みを伴うもの」と聞く耳を持たない。

その後、福添は飛電製作所の或人の元を尋ねる。

福添「ヒューマギアの力を借りたい。」

福添はついに垓への反旗と社長の座から引きずり下ろす為の覚悟を決めたのだ。さらに専務の山下(佐伯新)がヒューマギアの素体を持ってきて、或人はバックアップからシェスタ(成田愛純)を復元する。

福添はシェスタに「飛電インテリジェンスに潜入して、垓の悪事の証拠を集めるよう」指示を出す。

一方、垓の前にアークの命令を受けた亡と雷が現れる。亡は仮面ライダー亡に変身、爪で垓の服をビリビリに破いてしまう。

ZAIAパンツのみという屈辱に垓は怒りを爆発させる。

亡「アークがザイアによろしく伝えろとな。」

亡は垓に反旗、アークが復活し仮面ライダーになったことを伝え、宣戦布告する。

ネタバレ3 素直な気持ちで

一方、唯阿(井桁弘恵)はまだ怪我が完治せず入院を続けていた。

唯阿は友達型AIアイちゃん(CV:M・A・O)にザイアの悪事に加担してしまった後悔の念を話す。

アイちゃん「不破さんに謝りたいんじゃない。素直になりなよ。」

唯阿が戸惑っていると諫がお見舞いにやってくる。

唯阿「不破、その…申し訳なかったと思っている。」

「つまらん人生などといって。」

アイちゃん「もう、そうじゃないでしょ。素直になりなよ。」

唯阿「ザイアの言いなりになってお前を裏切り続けていた。」

「本当に申し訳なかった。」

ついに唯阿は本心から謝罪をする。諫は今更気にも留めてなく、「悪く無いだろそれ」とだけ言って去っていく。

唯阿「ああ、もう道具などと呼べないな。」

唯阿はAIに対する認識を改めるのだった。

ネタバレ4 止められる者

垓はサウザーに変身して、バトルレイダー、エイムズの隊員を引き連れデイブレイクタウンに乗り込む。

迅の体で変身したアークゼロが現れ、悪意の波動で変身していないエイムズの隊員は気絶してしまう。

さらに滅(砂川脩弥)、亡、雷も勢ぞろいし仮面ライダーに変身、サウザーに襲い掛かる。

同時刻、ザイアスペックをつけた人々が一斉に暴れだしてしまう。

アークゼロ「天津垓、お前は滅びる。」

シェスタは垓の悪事の証拠を集め福添に届ける。喜ぶ福添とは対照的にAIに対して弱気になってしまった或人。

福添「或人君、君がヒューマギアの力を信じなくてどうするんだ。」

「私は飛電家の人達に教わってきたんだ、人工知能の未来を…ヒューマギアの可能性を!。」

「君ほどヒューマギアが好きな人を、他に見た事がないぞ。」

福添は或人に諭しつつも檄を飛ばす。

或人「ありがとうございます。」

或人は決意を新たに戦いの場へと向かう。

仮面ライダー滅と雷はバトルレイダーをあっさりと撃破する。サウザーは仮面ライダー亡のデータをラーニングする。

が、アークゼロには歯が立たず変身解除、逃げ出すしかなかった。

或人が到着、ゼロワンメタルクラスタホッパーに変身する。

ゼロワン「俺はお前が怖い、でも逃げない…!!。」

「お前を止められるのはただ一人、俺だ!!!。」

ゼロワンはアークゼロに戦いを挑む。

「ゼロワン…」

一瞬だが迅の声が聞こえてくる。躊躇した隙をつかれて或人は変身解除に追い込めれてしまう。

アークゼロが或人にトドメを刺そうとした瞬間、なぜか動きを止め、去ってしまう。

一方、ボロボロになりながら垓が飛電インテリジェンスに戻ると福添達が待ち構えていた。

福添達は垓に今までの悪事の証拠データを突きつけて社長解任をせまる。

垓「私以外にこの会社を経営できるものが他にいる訳が無いだろう。」

強がる垓。

福添「いいえ、心当たりがあります。」

福添は垓を止められる人物のを思い浮かべながら言い放つのだった。

【仮面ライダーゼロワン】37話の感想とまとめ

仮面ライダー亡が登場

【仮面ライダーゼロワン】37話でついに亡の仮面ライダーに変身しました。

モチーフはジャパニーズウルフこと日本狼です。バルカンと対比しているようです。

今回は垓への宣戦布告だけでしたがどのような力を秘めているのか楽しみです。

ついに立ち上がった福添副社長

【仮面ライダーゼロワン】37話は福添副社長が主役でした。ついに垓へ反撃を開始します。

元々福添は野心家で或人を引きずり下ろすことばかりを考えていましたが、ヒューマギアを第一に考える或人を次第に認めていきました。

そして、AIに恐怖する或人に檄を飛ばします。諭すように語る福添からは経験豊富な大人のかっこよさを感じます。

これではもう巻添とは呼べないです。

福添の心当たりは普通なら或人のことですが、他の人物がいるのでしょうか?。

次回【仮面ライダーゼロワン】38話では垓の過去が明らかになります。非人道的な考え、行動に至るまでに一体何があったのでしょうか?。

2020/7/13(日)9:00~の放送をお楽しみに。

特撮
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】
タイトルとURLをコピーしました