2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【MIU404】1話のネタバレと視聴率!「感電に感動」「面白い」と視聴者の声続出!

TBS金曜ドラマ【MIU404】1話のネタバレと視聴率!
主題歌・米津玄師の「感電」が劇中で初公開!
【MIU404】1話が2020年6月26日に放送されました。
コウノドリコンビの綾野剛と星野源が白衣を脱ぎ捨て、刑事部・機捜で大活躍!
“第4機捜”の隊員になった志摩一未(星野源)がバディを組むのは伊吹藍(綾野剛)。第一印象は好印象の伊吹だったが……。
二人の初仕事はとんでもないことに!?
【MIU404】1話の視聴率、ゲスト、ネタバレ、感想を紹介します。

スポンサーリンク

【MIU404】1話の視聴率

【MIU404】1話の視聴率は13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。2桁の好スタートです。

【MIU404】1話のゲスト

【MIU404】1話のゲストは、平野文さんと佐々木みゆちゃん。

平野文さん演じるふみこの孫がみゆちゃんです。

【MIU404】1話のネタバレ

激突
Mobile Investigative Unit(機動捜査隊)を略してMIUと呼ぶ。

第4機捜

警視庁の働き方改革の一環で、刑事部・機動捜査隊(通称:機捜、別名MIU)の部隊が3部制から4部制に変更に。それによって、4日に1度の24時間勤務に。
臨時部隊として新設された第4機捜。隊長は桔梗ゆづる(麻生久美子)

隊員として招集された志摩一未(星野源)だが、人事トラブルから相方が見つからない。仕方なくバディを組むことになったのが、奥多摩交番勤務の伊吹藍(綾野剛)。

いったいどんな人物かと聞きこみをする志摩。
誰もが伊吹のことを“足が速い”と言うのだが、それ以外に情報がなく……。
そしていよいよ、伊吹とご対面。
初対面はなかなかの好印象だったが……。

一方、第4機捜のメンバーはあと2人。
陣馬耕平(橋本じゅん)とキャリアの九重世人(岡田健史)
九重の父親は警察庁刑事局長。我孫子豆治(生瀬勝久)のゴリ押しで採用。

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)の初仕事

伊吹の運転でパトロール。
伊吹は捜査一課に憧れている様子。

一方、陣馬と世人といえば、どうもしっくりこない。
無理して会話する陣馬に
「無理して話さなくていいですよ」と世人。

あおり運転を発見した伊吹。
志摩は「無視して」というが、火のついた伊吹は荒っぽい運転をする。
サイレンを鳴らし、あおり運転をする車を捕まえようとすると、車をよけた西田ふみこ(平野文)が倒れる。

車を止め、運転手につめよる伊吹。

志摩はふみこを助けにいく。
ふみこは「おもちゃの杖がない」と言う。

伊吹は車の運転手といがみ合う。
これが事件となってしまい、陣馬と世人がやってきた。
この一部始終を撮影している男(渡邊圭祐)がいる。

あおり運転をしていた車には、ドライブレコーダーついていた。
言い逃れができなくなった運転手。
「ナンバーは控えたので今後の運転は慎重に」と志摩の一言で事件は解決。

転んだおばあちゃん・ふみこがいなくなっていて落とし物が。
それはおもちゃのステッキ。

**

4機捜にて。

志摩はこっそり陣馬に伊吹のことを
「ヤンキーだ」と。

伊吹の適性を判断するのは志摩だと、陣馬。
「隊長はお前をかってる、今でも」とも。

陣馬はうどんをゆで、これを機捜のメンバーで食べ始めると……。
傷害事件発生。

事件現場。
「勝手なことはしないで」と伊吹に注意をする志摩。

**

交番に女の子がやってきた。
「おばあちゃんがいなくなった」

傷害事件を世人(岡田健史)陣馬(橋本じゅん)と共に捜査

再び、事件現場。

被害者は血だらけで救急搬送。
犯人は知り合いではない。

頭部打撃で意識はなく朝まで聴取ができない状態。防犯カメラはなく、聞き込みで得た情報で事件を整理する。

被害者は鍵と小銭入れをもってきていた。
所持品がなく、被害者の特定ができない。
13時頃、カレー店を訪れ、そこで電話をしている。会計をすませ、外にでると殴られた。凶器は看板。
犯人は大柄の男。ポケットの中から何かを盗んだ。

伊吹は聞き込みのメモをしていない。
「伊吹さん、機捜は初動捜査が基本なんです」と志摩。

手に鍵を持っているのは、家が近くか車か。
盗んだのは車の鍵か。
車の中に何かがある。

志摩が事件を整理していくのをみて世人がつぶやく。
「今でも一応優秀なんだな」

**

コインパーキングで車を探す志摩と伊吹。
そこで、昼間のあおり運転の赤い車を発見。
中を見ると血がついている。
ドライブレコーダーがなくなっている。
被害者は運転手、水島。

防犯カメラから、水島をつけていたのは白い車の男と判明。
水島を殴り、ポケットから鍵をとった。
そして、水島の車からドライブレコーダーを抜き取り、自分の車に戻った。

水島は犯人をあおっていた。
それに腹を立てた犯人が水島を襲った。

と、一連のことを捜査班に引き継ぐ。
初犯捜査が機捜の仕事だからだ。

そこに、連絡が入る。
転んだおばあちゃん・西田ふみこが家に帰っていない。

ふみこは孫のおもちゃを探しに深川通りの「おもちゃキャプテン」に行ったと判明。
伊吹は防犯カメラからふみこを探そうと言い出すが、人探しは機捜の仕事ではない、という志摩。
伊吹は納得できない。

その時、走る車を見つけ、あおり運転に危害を加えた犯人の車では?と伊吹。
「違う」と志摩。

**

スパイダー班の糸巻貴志(金井勇太)が桔梗に動画を見せる。
ナウチューバ―(渡邊圭祐)が動画を流している画像には、伊吹の姿が。
昼間の事件を撮影していたのはナウチューバー。

機捜の4人は、桔梗から動画を見せられ、4機捜は仮のものだと言われる。

伊吹(綾野剛)の野生の勘

そこに新たな情報が入る。
傷害事件の犯人の車が違っていたという。
犯人は車のナンバーを付け替えて、あおり運転を繰り返していた。

「さっきの車、あれは犯人だ」
という伊吹。
「エンジン音が同じだから」だと。

伊吹は「緊急配備をしよう」というが、エンジン音が同じだけでは無理がある。
そこで、緊急配備は無理だが、機捜の4人で捜査することに。
防犯カメラの映像を調べるのは、スパイダー班の糸巻(金井勇太)

志摩と伊吹は車の中。

志摩が
「麻布中央署にいたとき犯人をタコ殴りにしたって本当か?」
と訊く。
それは本当で拳銃まで出してしまったという伊吹。

**

車を走らせる。
やがて朝になる。
二人は車を発見した。
車の持ち主が判明。

犯人の車を追う世人と陣馬、志摩と伊吹。
犯人の車を無理矢理ストップさせると、犯人は逃走。
伊吹は走って追いかける。その速さはお見事。

逃げる犯人を捕らえた伊吹。
「動くな、両手をあげろ」

そこに志摩が。
「銃をおろせ」と志摩。
「規則なんてどうでもいい。誰も見てない。防犯カメラもない」
と伊吹。

「やめろ!」

志摩が必死で止めにかかるが、伊吹が手にしてたのはおもちゃのステッキだった。

ここで、犯人逮捕。
伊吹は犯人に言う。
「よかったな、誰かを殺す前に捕まって」

志摩(星野源)は伊吹(綾野剛)を認めた!?

防犯カメラのおかげで西田ふみこは見つかった。

車は廃車になり、桔梗に
「次はない、わかった」
と言われる。

志摩は、桔梗に
「伊吹はどう?
適性がないのなら外すけど?」
と言われる。

志摩は、犯人逮捕の時の伊吹の言葉を思い出す。
「機捜っていいな。誰かが最悪になる前に止められるんだろ。
ちょう、いい仕事じゃん」

そして、桔梗に伊吹の保留を申し出る。
「ひとまず、保留でお願します」

【MIU404】1話の感想

「面白かった」のツイート多し!【MIU404】1話の感想を紹介します。

「面白い」の声

感想

面白い!まずはこの一言。
とにかく、見どころ満載。カーチェイスも綾野剛さんの走りっぷりも星野源さんが熱くなるところも全部丸ごと面白いです。
綾野剛さんが可愛く見えてしまう。無茶苦茶だけど、やる気になってる機捜のメンバー。岡田健史さんも良かったです。
【MIU404】1話は主題歌も話題。米津玄師さんの感電が絶妙なタイミングで流れるところも、またまた魅力。
新しいタイプの警察ドラマ、と綾野剛さんが言われてましたが、まさに新しいタイプ。次回はどんな事件を追うのでしょうか。お楽しみに♪♪

動画配信:【MIU404】はパラビで視聴できます。(2020年7月現在、最新情報はパラビサイトでご確認ください。

アイキャッチ画像:【MIU404】公式サイト

MIU404
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】