2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【エール】62話の視聴率とネタバレ!久志(山崎育三郎)の行動で変化したものとは?

エール62
https://realsound.jp/movie/2020/06/post-572419.html

『エール』62話の視聴率とネタバレ!久志(山崎育三郎)の行動で変化したものとは?

朝ドラ『エール』第62話が2020年6月23日(火)に放送されました。

ときは大正8年、福島。まだ久志(山崎育三郎)が裕一(窪田正孝)と出会っていない頃の話で、両親が離婚して3年、後妻と上手くいっていない少年・久志の物語です。

今回は『エール』第62話の視聴率とネタバレなどについて。

スポンサーリンク

【エール】62話の視聴率

【エール】62話の視聴率は20.1%

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム・世帯)

【エール】62話のあらすじ

久志(山崎育三郎)がなぜ音楽の道に進むことになったのか、そのきっかけについての物語。学校ではクールにふるまっている10歳の久志(山口太幹)だったが、家では父の再婚で新しくやってきた母・玲子(黒川芽以)になじむことができず、葛藤をかかえていた。担任の藤堂先生(森山直太朗)は、ある日クラスの皆で歌っている時に久志の歌の才能に気づいて、学芸会でその歌声を披露することをすすめる。

番組表より

【エール】62話のネタバレ

母を捜して…

藤堂からの提案に対して、久志は返事をしないで逃げてしまう。その後、家に帰り、母から送られてきた1通の手紙を読み返す。しかしお手伝いさんに見つかってしまい取り上げられてしまった。

久志は手紙の消印をヒントに、産みの母の住む町へ行く。母は離婚を機に福島の実家に戻っているようだ。しかし、家は別の人が住んでいて手がかりは消えた、途方に暮れて街をさまよう久志。

しかしその瞬間、母の姿があった!「お母さん!」久志のその声は母には届かず、母は男性と赤ちゃんの元へと向かっていく。その幸せな様子を見て、今の母の状況を察した久志は、雨の中走り出す。

ふるさと

学校で1人泣いていると、藤堂がやってきて、久志の話しを聞いてくれた。

久志:「何もなかった。何かあると思ったのに…。何もなかった。」

藤堂は「ふるさと」を歌い、「佐藤も一緒に!」と声を掛ける。戸惑いながら「ふるさと」を歌う久志。

「やっぱり君、いい声しているよ。もう一回大きな声で歌おう!」

お母さん

藤堂と歌を歌った久志は雨が上がると家へ戻る。すると、帰ってこない久志のことを心配していた継母が「久志ちゃん!どこ行ってたの?本当に心配したんだから!」と久志を抱きしめた。

久志:「あの…。まだ、はんぺんありますか?お母さん…。」

継母を「お母さん」と呼んだ久志に笑顔が戻った。そして、現在の久志が裕一と鉄男(中村蒼)に話す。

久志:「あの時、あんなに大きな声で歌ったのは初めてだった。ぐじゃぐじゃになった気持ちがすって消えて。歌っていいなって。藤堂先生に感謝してる。」

久志は「ふるさと」を昔を思い出しながら歌った。

【エール】62話の感想まとめ

久志(山崎育三郎)の行動で変化したものとは?

【エール】62話は、久志が歌を歌うきっかけのエピソードでした。

久志の行動で変化したものは、自分。心。

結果は何もなかったけれど、今の母の優しさを素直に受け取ることができるように変化しました。

「古本屋の恋」の回で、喫茶バンブーの保さんにも行動することの大切さを訴えていた久志。

もちろん行動しただけでなく、音楽の力も大きかったです。

歌って人を勇気づける力があるもの。(戦争のときは戦意高揚のために利用されてしまうのですが、それはまた別の話し…。)

今の母を「お母さん」と呼べたのも、藤堂先生と歌の力のおかげでもありました。

ラスト、大人の久志の「ふるさと」の歌唱もとても染みましたね。

エール
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
【dorama9】