2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【行列の女神~らーめん才遊記~】4話のネタバレと視聴率!生粋のラオタ須田のラブが炸裂!

行列の女神~らーめん才遊記~サムネ1

画像の引用元:テレビ東京「行列の女神~らーめん才遊記~」

【行列の女神~らーめん才遊記~】4話の視聴率とあらすじネタバレ!

生粋のラオタ須田さんのメイン回、ラーメンへの知識とラブが炸裂します。一見、ラーメン屋経営に重要と想われますが、問題となる可能性があるようです。

今回の記事では【行列の女神~らーめん才遊記~】4話のあらすじ、ネタバレ、視聴率、感想などをお伝えします。

【行列の女神~らーめん才遊記~】視聴率一覧と最終回ネタバレ!延期なく完走の可能性大!
【行列の女神~らーめん才遊記~】視聴率一覧と最終回ネタバレ!コロナで大変だけどドラマは完走出来そう!経営戦術など従来のグルメドラマとは一味違う【行列の女神~らーめん才遊記~】の放送が迫っています。【行列の女神~らーめん才遊記~...

「行列の女神~らーめん才遊記~」を視聴するには?
【行列の女神~らーめん才遊記~】はパラビで配信中です。初回登録ならば2週間無料体験をすることが出来ます。
※ 全て2020年2月21日(火)現在の情報です。最新の配信情報はパラビ公式サイトでご確認ください。

スポンサーリンク

【行列の女神~らーめん才遊記~】4話の視聴率

【行列の女神~らーめん才遊記~】4話の視聴率は分かり次第、お伝えします。

【行列の女神~らーめん才遊記~】4話のあらすじ

「何やらかしてくれてんのよ須田!!」

「清流企画」のオフィスに社長の芹沢達美(鈴木京香)の怒号が響き渡る。

こだわりが強すぎるラーメンオタク“ラオタ”の須田正史(前野朋哉)がクライアントとトラブルを起こして担当換えを要求されたのだった。

一方でコンペで負けた汐見ゆとり(黒島結菜)も落ち込んでいた。やる気と元気がとりえのゆとりにしては珍しい。

須田はゆとりをアゴダシで有名なラーメン店へと誘う。すっかり元気になるゆとり。

2人がラーメンを堪能していると突然店主の飛田(芹澤興人)と青年(堀井新太)が喧嘩をしだし、巻き込まれてしまう。

青年「この店のラーメンの作り方のコツを教えてくれ」

と要求していた。青年の名前は相川鉄也、ラーメンドリームを夢見てラーメン屋を開きたいという。ゆとりは須田の言うことも聞かずに依頼を受けてしまう。

だが、開業資金はたったの50万弱、さらに相川はラーメン作りはまったくの素人だった。

報告を聞いた芹沢は苦笑しつつも依頼を承諾、須田がメインを担当し、ゆとりはサポートに回るように命じる。

須田は納得できなかったが一先ず物件を探す3人。

  • 居抜き物件:設備が整っているが家賃は高い
  • スケルトン物件:家賃は安いが設備費は別途必要

と50万弱の予算では厳しい。さらに相川の年齢と経験では融資を受けることも難しいく、始めから不可能も同然だった。

依頼料を返却して断ろうとする須田。だが、そこに芹沢がやってきて相川に問いかける。

芹沢「あなたはラーメン屋をやりたいの?ラーメン屋を持ちたいの?」

「やりたいのなら手はあるわ」

と3人を「さかな居酒屋ほんだ」へと連れて行いく。夜は居酒屋だが昼間は空いていてその時間だけ店を借りてラーメン屋を営業する。間借りと呼ばれている手法だ。

店主の本多信和(大友康平)も「居酒屋だけでは厳しいく少しでも利益を得たい、月々の家賃も7万円でいい」という。

これには相川も大喜び、さっそく7万円を支払って間借りをする事にする。

今度は店で出すラーメン作りに取り掛かる3人。相川は素人ながらもアイディアは豊富、ゆとりが手を加えて試作品を次々と作り出す。

試作品のラーメンは夏川(高橋メアリージュン)達も満足、店で出せる出来だった。

ところが生粋の“ラオタ”である須田の悪い癖が出てしまい…。

【行列の女神~らーめん才遊記~】4話のネタバレ

ネタバレ1 ラオタの意地

須田「僕は20年近くラーメンを食べてきた」

「芹沢社長のラーメンに惚れて入社、ラオタ道を極めてラーメンを広めることを決めた」

「君みたいに軽々しくラーメンを語り、舐めている人が大嫌いなんだよ!!」

とラオタの意地が炸裂して怒ってしまう。これには相川も激怒、出て行ってしまうのだった。

芹沢「自分の感情に任せて利益を失うなんてそれこそ社員として失格じゃないのよ!!」

と芹沢の怒りが爆発する。さらに部長の河上堅吾(杉本哲太)も

河上「始めから彼のことが気に入らず、だから間借りの提案もしなかったのでは?」

と指摘する。

芹沢「とにかく今日は帰りなさい!!」

芹沢は須田とついでにゆとりにも反省を促す。

ネタバレ2 やる気

翌日、2人の元に相川から「店に来て欲しい」と連絡が来る。2人が店に行くとなんとラーメン屋がすでに開業していた。しかもラーメンは客にも好評だった。

相川は2人にラーメンを食べさせる。麺はスーパーのものだがスープは野菜をトロトロになるまで煮込んだベジポタ系で絶品だった。

昨夜、河上はアフターケアとして相川を呼び出した。河上はラーメンの作り方の本と材料と厨房を渡して「後はご自身でやってください」と任せたという。

相川は徹夜で何度もラーメンを作り、そのスープを作り上げたのだという。

その後、芹沢は2人にラーメン経営の極意を叩き込む。

芹沢「彼にはやる気があったから成功できた」

「成功できるかどうかはやってみないと分らない」

「中途半端な知識がるよりも素人の方が色々とチャレンジできる」

「だからこそ“やる”といっている人物に“やるな”とだけは言ってはならないの」

ラーメン知識が豊富な須田、料理技術は豊富なゆとりが足りていないものについても指摘する。

ネタバレ3 一件落着

と思いきや店主の本多からクレームが入ってしまう。

急いで店へと向かう芹沢達と相川。店の厨房が水見出しになってしまっていた。

店の廃棄食材を処理するクリストラップが詰まってしまっていて、相川が大量の試作のスープを流したことが原因だった。

芹沢「魚料理中心の店の設備ではラーメンの大量の油はもたなかった…」

「全てはサポートが至らなかった我々に責任があります。」

と頭を下げる芹沢。急いでクリストラップの清掃を行う。

清掃終了後、実力不足を痛感し泣き出してしまう相川。そして、店を去ろうとするが、

本多「バカヤロウ!!。一度失敗したぐらいで放り投げるのか?」

「清流企画さんもフォローしてやってくれよ!!」

と発破を掛ける。

と言ってもベジポタ系のスープは使えず、新しいラーメンを作り出す必要がある。

  1. あの店の設備で出来るもの
  2. 手間が掛かり過ぎないもの
  3. コストを抑えること
  4. それでいてインパクトと満足感があるもの

と芹沢は4つの条件を出し三日で作成するように指示を出す。

休み無く新メニュー開発に取り掛かるゆとり達。だが、時間ぎりぎりになっても満足が行くものが作れなかった。

そこに河上と芹沢から須田のラーメンブログの記事に「いいね」が付いたことが知らされる。それぞれの記事を見て須田とゆとりはあることを思いつくのだった。

翌日、芹沢とラーメン評論家の有栖(石塚英彦)が店にやってきて新作の試食をする。

  • 出汁は昆布などありきたりなもの
  • スープは乾麺の茹で汁を用いる竹岡式ラーメンを参考
  • 大量の醤油にドライトマトのアクセントを加えてインパクトバツグン
  • コストは抑えて価格は500円

と4つの条件は全てクリアしていた。

芹沢からも合格点が出て喜ぶ一同。そんな中、

須田「相沢君、言い勉強になったよ。」

相沢「こちらこそ須田さんのラーメン道、誇りに思います。」

とお互いに認めて熱いハグを交わす2人。

ゆとり「ああ、熱いラーメンラブです。」

今度こそラオタ須田のコンサルは一件落着となったのであった。

帰り道、ゆとりは芹沢に改めてお礼を言う。ただ、

芹沢「やる気のあるのが一番だから」

「こういう人からこそコンサル料を多く取れるのよ」

と芹沢はまたしても綺麗ごと抜きのコンサルの本質を語るのであった。

【行列の女神~らーめん才遊記~】4話の感想とまとめ

ラオタ須田さんとやる気

【行列の女神~らーめん才遊記~】4話は生粋のラオタ須田さんのメイン回、ラーメンへの愛(ラーメンラブ)が炸裂しました。

一方でやる気がテーマとなっていました。

須田さんはラーメンへの溢れんばかりのラブと知識がありますが、それが足かせとなってしまうこともあります。一方。知識が無くてもやる気がある相川さんの方がその分新しいものを生み出す可能性もあります。

対照的な2人を通じてラーメン経営の極意が描かれていました。

【行列の女神~らーめん才遊記~】次回予告

次回、【行列の女神~らーめん才遊記~】5話は老舗ラーメン店の後継者を決める社員全員によるコンペが開かれ、人材採用の極意が語られます。

2020/5/18日(月)22:00~の放送をお楽しみに!!。

タイトルとURLをコピーしました