【エール】第2週のあらすじネタバレ!柴咲コウが登場、ヒロインが歌手になる原点に!

エールキャストとあらすじ

朝ドラ【エール】第2週のあらすじネタバレ!

窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』第2週「運命のかぐや姫」が2020年4月6日(月)から10日(金)まで放送!

オペラ歌手の役で女優・歌手の柴咲コウさんが初登場!ヒロイン・音が歌手になる原点となります。

今回は 朝ドラ【エール】第2週のあらすじネタバレなどについて。

朝ドラ『エール』のキャストとあらすじ! 2020年3月30日スタートのNHK朝ドラ第102作(連続テレビ小説)は『エール』。…
出典amazon 朝ドラ【エール】のネタバレと視聴率一覧!最終回まで最新情報まとめ! 窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』が2…
スポンサーリンク

【エール】第2週のあらすじネタバレ

※地デジのテレビ欄・ガイド本などのあらすじ発表を元にしたネタバレあらすじです。

ネタバレ(1)落ち込む鉄男(込江大牙)に裕一は…

仕事で失敗した鉄男(込江大牙)は父・善治(山本浩司)に怒鳴られ、詩が書かれた紙を投げつけられた。

裕一が紙を拾ったが、「何見てんだ!」と鉄男がひったくり、裕一のカバンを地面に叩きつけた。

裕一はあわててその場から去ったが、カバンからは「古今和歌集」がはみ出していた。

(鉄男が)落とした古今和歌集を持ってきてくれたことに鉄男は気づいた。翌日、裕一に謝ってカバンを返し、2人の心が通い合う。

裕一は、「しがみつけば必ず道は開く」という藤堂先生の言葉で鉄男を励ます。が、鉄男の家は貧しい。

詩を書くのは好き。でもそれじゃ飯は食えねぇ」と鉄男は言う。

しばらくして善治の一家はあちこち借金をして、夜逃げをした。

ネタバレ(2)音(清水香帆)と学芸会

大正12年(1923年)秋。

川俣の教会で裕一が見とれた関内音(清水香帆)は11歳になっていた。

愛知県豊橋市で、馬具屋を営む父・安隆(光石研)と母・光子(薬師丸ひろ子)と、13歳の姉・吟(本間叶愛)、9歳の妹・梅(新津ちせ)と暮らしていた。

音の学校で学芸会の準備が始まる。

自由に育てられた音は、学芸会での演目に納得できず、多数決を提案して、「浦島太郎」から「竹取物語」に変えることに成功。

自分がかぐや姫に選ばれると思っていた音だったが、配役は「おじいさん その2」。

落ち込んだ音は教会に行くのを忘れてしまった…。

ネタバレ(3)環(柴咲コウ)の声に感動!

父・安隆と一緒にあわてて教会に駆け込んだ時には出番が終わっていた。そしてオペラ歌手の双浦環(柴咲コウ)が登場する。

環の繊細で透明感のある声に音は心奪われた。

終了後、音は思い切って、環に声をかけた。「感動しました!ここに、ここに届きました」と、胸に手を置いて伝える。

すると環が自分の昔のレコードをくれた。

音は帰り道、父に告げた。「あたし…歌、習いたい…


そんな中、学校では『竹取物語』の練習が始まった。

しかし、かぐや姫を演じる生徒の神崎良子が、突然腹痛を起こす。

実は、彼女がかぐや姫になったのには理由があった。

良子の母親・ますが教師にかけあって、主役のかぐや姫を演じることになったという。

だが、母親の期待を背負い緊張のあまりに腹痛を起こしてしまった…。

ネタバレ(5)安隆(光石研)の死

ある日、音の父・安隆は出張先で、子供を助けようとして電車にひかれ、突然、亡くなってしまう。

光子は父に代わって商売を続けようとするが、契約終了をチラつかせて言い寄って来る打越金助(平田 満)に苦労する。

他の得意先にも継続を断られ、職人頭の岩城新平(吉原光夫)までも辞めてしまった。

音「絶対、逃げた職人たちを見返してやる

音は怒りが治まらない。吟が、「契約書が見つかればなんとかなる」と提案。

契約書を見つけ出し、違約金が発生するという条項を発見。

打越金助に突きつけると、契約継続が決まった。なんとか関内家のピンチ脱出。岩城たちも復帰することに。

ネタバレ(6)学芸会で音は決意

学芸会の日。音は良子に頼まれて、かぐや姫を演じ、良子は帝(みかど)を演じた。

舞台の終盤、かぐや姫を演じる音が美しい歌声を披露し、お客さんたちは感動。良子の母・ますも涙ぐむ。

学芸会が無事に終わった日の夜。音は環のレコードを取り出して誓った。

「お父さん、あたし絶対、歌手になるから。見守っててね」

【エール】第2週のあらすじ・感想

第2週のあらすじ・感想などの記事をまとめます。

第6話(4月6日)のあらすじ

家が貧しく昼間も学校に行かず家業を手伝っている鉄男(込江大牙)は、学校もやめるという噂。鉄男が父親からひどく叱られているのを目撃した裕一(石田星空)は鉄男のことを心配していて…

【エール】6話の視聴率とあらすじ! 窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』第6話が2020年4月6日(月)に放送。 古山裕…

第7話(4月7日)のあらすじ

大正12年。のちに裕一の運命の人になる音(清水香帆)は、まだ11歳。元陸軍の獣医で、今は馬具を卸す仕事をしている父・安隆(光石研)と母・光子(薬師丸ひろ子)のもとで、姉の吟(本間叶愛)と妹の梅(新津ちせ)とともに、豊橋ですくすくと自由に育っていた…

【エール】7話の視聴率とあらすじ! 窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』第7話が2020年4月7日(火)に放送。 本作の…

第8話(4月8日)のあらすじ

父・安隆(光石研)と琴を演奏するために教会に向かった音(清水香帆)は、のちの人生に大きな影響を与える人となるオペラ歌手の双浦環(柴咲コウ)の歌を聞いて、その姿に釘付けになる。環と話した音は、すっかり夢見心地。自分も歌を習いたいと言い始め…

【エール】8話の視聴率とあらすじ! 窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』第8話が2020年4月8日(水)に放送されました。 …

第9話(4月9日)のあらすじ

【エール】9話の視聴率とあらすじ! 窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』第9話が2020年4月9日(木)に放送。 関内家…

第10話(4月10日)のあらすじ

【エール】10話の視聴率とあらすじ! 窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』第10話が2020年4月10日(金)に放送。 …

【エール】第2週のまとめ

第2週の放送後に更新します。

*当記事の画像出典:amazon

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク