2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【やすらぎの刻~道】221話のネタバレと感想!公平としのにひ孫が誕生!

テレビ朝日【やすらぎの刻~道】221話のネタバレと感想!
平成12年、翔(菅谷哲也)に女の子が生まれ……。
そんな中、ニキビ(山本圭)から衝撃の発言が!!
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】221話が2020年2月19日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】221話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!「やすらぎの郷」との徹底比較
テレビ朝日【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!初回から最終回までの視聴率を随時更新。前編「やすらぎの郷」の最高視聴率と平均視聴率を掲載。最新ニュースやゲスト出演者についても更新。週単位でのあらすじも掲載。テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本。出演は風間俊介、石坂浩二ほか。
ドラマ【やすらぎの刻~道】キャストとあらすじ!トットちゃん出演決定!?
『やすらぎの郷』の続編「帯ドラマ劇場」『ドラマ【やすらぎの刻~道】キャストとあらすじと主題歌などを紹介。テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰の脚本にも注目。石坂浩二、浅丘ルリ子らの前編からのキャストといしだあゆみや大空真弓ら新メンバーを紹介。二層構造のドラマで昭和時代を描く「道」のキャスト、風間俊介や清野菜名を紹介。
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】221話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】221話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】221話のネタバレ

「大晦日から話を少し飛ばしてみよう」
と菊村(石坂浩二)は【道】の執筆をする。

**

平成12年、春、3月。
翔(菅谷哲也)に子供が生まれた。公平(橋爪功)としの(風吹ジュン)にとっては、ひ孫。
翔の父・竜(駿河太郎)も詩子の父・巌(梨本謙次郎)も駆けつけ喜ぶ。

**

公平としのに、剛(田中哲司)は、竜が事業に失敗したことを打ち明ける。
「借金が増えているのだろう」
と剛。

**

しのぶ(清野菜名)からは
「翔ちゃん、おめでとう」
と手紙がくる。

ピアノのレッスンも続けているというしのぶ。
去年は桜を見に行けなかったから「今年は絶対に行く」と翔は返事をする。

**

公平の家にニキビ(山本圭)がくる。
荒木(柳生博)がまたも行方不明、だと。
荒木はそこらを徘徊している。荒木のボケは見ていて哀れを誘うものがあった。

ニキビは
「荒木の息子が手をやいており、施設に入れたがっている」
と。
そして、売られていった荒木の娘・おりんの話になる。

「今、いくつぐらいだろうな」
と、公平とニキビはおりんのことを思いだす。

子どもを売ることが通用した昔の出来事。
そのおりんを売った傷が荒木をせめているらしく、ボケた荒木は
「おりんはいるか」
と、よその家にあがりこんでいるらしいのだ。

公平は、その時の記憶がはっきりとした。
おりんが公平を好きなことも、公平はわかっていたのだ。

そんな思いにふけっていると、ニキビは
「小野ケ沢を出て、埼玉にうつるんだ」
と、子供と同居することを告げる。

公平
「やじゃよ」
というが、ニキビは
「仕方ない」
と……。

公平は
「わし、ひとりにすんのか」
と寂しがる。

**

その晩、事件が起きた。

荒木が徘徊をしている。
「なんもねえうちの土地が1億5千万で売れちまった。
荒木御殿ができた」
そこに息子が迎えにきた。

荒木は
「おりん、おりんよ、生きてるか、生きていたら返事しろ、父ちゃん、今なら好きな物こうてあげる」
と泣き崩れ、暴れる。

<続く>

【やすらぎの刻~道】221話の見どころ

暴れる荒木(柳生博)

呆けた荒木の中におりんが生きています。
「おりん、おりん」と叫ぶ荒木の姿は、かつての勢いはなく、老いることの現実を目の当たりにします。

【やすらぎの刻~道】221話の感想

ニキビが小野ケ沢を出ていくことに。荒木も呆けてしまい、公平の周りから人が減っていきます。
「ひとりにするのか」と寂しがる公平。ニキビと青っ洟とハゲと公平。4人で過ごした昭和時代が懐かしく思い出されました。
公平は、おりんのことも、ちゃんと覚えていたのですね。しかも、おりんが公平を好きなことも自覚していたとは。照れていて何も言えなかった初心な公平。あの、おりんとの別れの場面は、悲しくも綺麗な名場面です。
次回もお楽しみに♪

アイキャッチ画像:【やすらぎの刻~道】公式サイト

やすらぎの刻
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】