【やすらぎの刻~道】243話のネタバレと感想!公平としのが小野ケ沢を離れる!?

テレビ朝日【やすらぎの刻~道】243話のネタバレと感想!
竜の逮捕を公平(橋爪功)は、テレビニュースで知り……。
公平の家では家族会議が開かれるが、話はとんでもない方向に!?
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】243話が2020年3月20日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】243話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!「やすらぎの郷」との徹底比較
テレビ朝日【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!初回から最終回までの視聴率を随時更新。前編「やすらぎの郷」の最高視聴率と平均視聴率を掲載。最新ニュースやゲスト出演者についても更新。週単位でのあらすじも掲載。テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本。出演は風間俊介、石坂浩二ほか。
ドラマ【やすらぎの刻~道】キャストとあらすじ!トットちゃん出演決定!?
『やすらぎの郷』の続編「帯ドラマ劇場」『ドラマ【やすらぎの刻~道】キャストとあらすじと主題歌などを紹介。テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰の脚本にも注目。石坂浩二、浅丘ルリ子らの前編からのキャストといしだあゆみや大空真弓ら新メンバーを紹介。二層構造のドラマで昭和時代を描く「道」のキャスト、風間俊介や清野菜名を紹介。
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】243話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】243話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】234話のネタバレ

竜(駿河太郎)が逮捕された。

公平(橋爪功)は、テレビに竜が映っているのを見て、しのに
「あいつ捕まったの?」
と。
しのは「人を騙したの」と言い、それ以上は答えない。

**

翔(菅谷哲也)が窯焼きをしていると、刑事が訪ねてきた。

**

公平の家に克夫(戸塚祥太)たちが集まっている。
そこに、詩子(渡辺早織)がきて、翔が刑事に連れていかれたと言う。

昼前、詩子の父・巌(梨本謙次郎)が訪ねてきた。
公平に「釣りに行こう」と誘う巌。
そして二人で釣りに行く。

巌は、公平を元気づけようと釣りに誘ったのだ。
公平は、その気遣いが嬉しかった。

公平は竜のことを話し始める。

「あいつは、いいっていうのに新製品を送ってくるんじゃ。ほとんど荷をほどかず押し入れに入れてあるんじゃ。だから、わしらそんなの欲しくないんだじゃ。
毎日、世の中物があふれているけど。わしらには迷惑なんじゃ。わしは、昔のままがいいんじゃ。
でも、そんなこと言ったらガッカリさせるから、わぁわぁ言って喜んだ。あれがあいつを狂わせたんかなぁ」

**

公平が帰宅すると、三男の健(青柳信孝)が帰ってきていた。
夕飯には剛(田中哲司)も来た。
翔(菅谷哲也)も警察から戻ってきている。

剛は、竜は東京に連行されたと話す。
翔は被害のリストを見せられたという。

翔が「一生かけて償おうと思う」
と言うと、剛は
「お前には無理だ」
と。
しかし翔は
「無理なのはわかってる、だけど、親父のやったことだ」と。

「ひとりで背負うことはない、みんなで考えよう。それより、じいちゃんのことだ」
と、剛と健は公平としのを引き取ると言い出す。

剛も健も老いた両親が心配なのだ。
「俺が引き取る」と、どちらも譲らない。

**

公平は、家族全員の木彫りの人形を並べ、しみじみと眺め……。

<続く>

【やすらぎの刻~道】243話の見どころ

老いた公平(橋爪功)としの(風吹ジュン)

公平は昔のままがいいと言います。
老いた公平を演じる橋爪功さんの言葉に重みがあります。

竜(駿河太郎)が逮捕されたとき、しの(風吹ジュン)は泣いて叫びます。
「私が呼んだんじゃない」

橋爪功さん、風吹ジュンさん、ともに老いた姿を見事に演じています。

【やすらぎの刻~道】243話の感想

竜が逮捕され、翔は償うと言います。公平は、公平で自分を責めています。公平のセリフの中に、竜への愛情が感じられました。
昔がいいという公平。それは、便利な世の中のことだけではなく、家族が笑顔で暮らしていた頃のことを言っているのでしょう。親子愛を痛いほど感じた243話でした。
健と剛、二人がしのと公平を引き取ると言い出しました。公平の出す答えが気になりますね。次回もお楽しみに♪

アイキャッチ画像:https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/

やすらぎの刻
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】