【ホームルーム】8話のネタバレと感想!「平和な世界に愛はない」歪んだヒーロー像が明らかに

人気俳優の山田裕貴さんが主演し、体当たりな演技と衝撃的な展開で、大手動画配信サイトの視聴ランキングでTOP5に入るなど、注目されているドラマ「ホームルーム」

第8話では、マルがラブリンの秘密を暴こうと画策して・・・。

この記事では、「ホームルーム」のネタバレや感想などをご紹介します!

スポンサーリンク

【ホームルーム】8話のあらすじ

ホームルーム8話ドラマ内画像出典元:ホームルーム公式HP

第7話で、ラブリン=愛田凛太郎(山田裕貴)が計画した桜井幸子(秋田汐梨)との”愛”を邪魔する「夏目ゆあ(横田真悠)」、「椎名恵(山下リオ)」、「マル=丸山のぶ代(富田望生)」の3人を排除する”害虫駆除”作戦の餌食となり、幸子との友情に亀裂が入ったマル。

今度はマルがラブリンの正体を突き止めるために調査を開始し、不良グループのリーダー格で、マルに恋している竹ノ内忠(若林拓也)を仲間に引き入れ、一緒に生徒会長の白鳥奈々(大幡しえり)や図書委員長の矢作健(綱啓永)に聞き込みをしますが、学校内では”いい先生”を演じるラブリンを疑うことはなく、特にラブリンのことが好きな奈々は聞く耳を持たず、ラブリンのことをかばおうとします。

その一方でラブリンは、学校に赴任した当時を回想しながら、幸子への想いを再確認していました。

しかし、幸子が自分の事を愛しているという事実が逆にラブリンを苦しめるのでした。

また、幸子の心にも迷いが・・・。

「ホームルーム第8話の予告動画」

【ホームルーム】8話ネタバレ!

幸子の上履きが隠された日の回想が入り、その日の一部始終がプレイバックされます。

「9:06」
校舎裏の階段に座って話すマルと竹ノ内。

凛太郎がゆあの足を舐めていたところを目撃したマルは、そのことを竹ノ内に話ます。

その話を聞いた竹ノ内は、ゆあと連絡が取れなくなっていることを凛太郎と関係があるのではと疑う竹ノ内。

マルは、他にも悪さしてそうと凛太郎の他の悪事を疑っていました。

マルが竹ノ内を仲間に引き入れる

マルの話を真剣に聞く竹ノ内にマルは「あたしのこと好きなんでしょ?」と質問し、少し考え込んで「好きだ」と返答する竹ノ内。

「じゃあ、手伝って。証拠を集めて愛田の正体を暴くの」と言うマルの言葉を聞いた竹ノ内は、教室で笑いものにされたことへの復讐と言いますが、マルはすぐに「幸子のため!あの子愛田に惚れちゃってるのよ」、「真実を突きつけて変態野郎とは引き離さなきゃ!」と必死に訴えます。

必死なマルの言葉に「分かった」と返答する竹ノ内でしたが、ひとつ条件を付けました。

その条件とは、マルが竹ノ内と付き合うことでした。

マルもその条件を受け入れ、凛太郎の正体を暴くことが出来たら付き合ってもいいと返答。

「9:20」
一方、凛太郎は、マルに対する”害虫駆除”作戦が成功し、意気揚々と校舎裏でタバコを吸う恵のもとを訪れます。

凛太郎の作戦に協力した報酬にキスを求める恵でしたが、凛太郎は「そのうちな」と冷たく接し、それでも”秘密”を共有していると迫ってくる恵。

そんな恵には目を向けることなく、裏で何かを考えている感じで正面をじっと見つめる凛太郎。

凛太郎に幸子という光が

その後、教室の中で幸子の席に座り、凛太郎は「害虫どもめ。お前らに決して俺の邪魔はさせない」と心の中でつぶやき、学校に来た当初を思い返します。

凛太郎は、退屈な教師生活を送る毎日の中で絶望していました。

平和な学校生活に、幼い頃母親が言った「好きな人を守るヒーローになりなさい」と言う言葉を守れない苛立ちを感じる凛太郎。

そんな中、凛太郎は家庭訪問で幸子の自宅を訪れ、幸子の境遇を知って幸子のヒーローになることを決めたのでした。

凛太郎は、守るべき人を見つけた喜びを感じ、すぐさま行動に移します。

睡眠薬を混ぜた特製のカモミールティーを作成して幸子に渡すようになり、幸子の自宅の合鍵を作って、夜になると幸子の部屋に忍び込む今のような状態へと変わっていきました。

そして、凛太郎がいつも持っている首から下げたボールペンにはカメラが仕込んであり、学校生活を送る幸子の姿を盗撮。

その写真を凛太郎の自宅の部屋一面に貼り付けていました。

自分のヒーロー像を実現するために幸子をイジメ続けていましたが、助けてくれる凛太郎に恋心を抱いた幸子の気持ちを聞き、想定外の事態に凛太郎は動揺。

「どうしたらいい?」と心の中でつぶやき、誰もいない教室の中で自問自答を繰り返すのでした。

マルと竹ノ内が白鳥に接触

その頃、凛太郎の正体を知ろうと調査するマルと竹ノ内は、”元”生徒会長の奈々のもとを訪れます。

凛太郎に甘い言葉をかけられ、すっかり骨抜きにされてしまった奈々は生徒会長も辞め、フラれたにも関わらず、未だに凛太郎のことを想い続けていました。

マルはこれ以上凛太郎の犠牲者が出ないよう協力を求めますが、「愛田先生は私に愛を教えてくれた恩人です!」と聞く耳を持ちません。

竹ノ内も「あいつは腹黒い変態なんだよ!丸山だってハメられてえらい目にあったんだぞ」と畳みかけますが、奈々は「ウソです・・・そんなのウソです!」と激しく反発。

「もし、万が一そうだったとしても私は後悔しない!」、「あの人を愛したことを」とここで”鉄”の意志を発揮する奈々。

その場を走り去る奈々の後ろ姿を見て、マルと竹ノ内は顔を見合わせます。

引続き調査するマルは矢作に接触

「16:50」
さらに凛太郎についての調査を進めるマルは、図書委員長の矢作健(綱啓永)のもとを訪れ、凛太郎のことを聞きます。

幸子のイタズラ騒ぎに巻き込まれた矢作に怪しい様子が無かったか聞くマルでしたが、矢作は「怪しいも何もあの時は・・・大変お世話になりました」とニコニコしながら答え、その返答を聞いたマルは「幸子の前で変なこと無かった?」と質問し直しました。

必死に質問するマルにビビリながら過去にあったことを思い返し、竹ノ内たちが凛太郎をハメようと計画した屋外倉庫での出来事を伝え、その後、校舎裏に竹ノ内を連れて行き、屋外倉庫でのことに激怒したマルは竹ノ内に何度もビンタを繰り返します。

「あんたのしたことはサイテー!最低過ぎる!」と竹ノ内をまくし立てるマル。

「お前だって間違え犯すだろ?」と反論する竹ノ内に「そんな間違え犯すかよ!」とさらにビンタ。

マルが屋外倉庫に幸子が来た矛盾に気づく?

竹ノ内を叩きまくって落ち着いたマルは竹ノ内に、幸子が屋外倉庫に来た心当たりがないか聞きます。

「ねぇよ」と返答する竹ノ内に続けて「じゃあさ、あの時私、愛田と一緒に幸子探してたの。そしたら急に愛田の姿が見えなくなって・・・」と一部始終を竹ノ内に話すマル。

それを聞いた竹ノ内は、凛太郎が匿名で図書室に送ったメールを凛太郎が送ったのではと気がつきます。

「自分で直接助けなかったのは、何かやましいことがあったのかも」と核心を突く発言をするマル。

凛太郎を信じるべきか悩む幸子

「20:23」
マルのことを考えながら勉強をする幸子。

そして、これまでの凛太郎とのことを思い出す幸子は、自分のために泣いてくれた凛太郎の言葉を信じるべきか悩んでいました。

「21:45」
ラブホテルで、「生徒をイジメることが楽しい」発言した恵の言葉をボイスレコーダーに録音し、恵のことを脅す凛太郎。

「23:30」
いつものように幸子の自宅に忍び込み、眠る幸子の横で「愛してる」とつぶやく凛太郎でしたが、幸子の目は開いていました。

同じ頃、マルと一緒にいた竹ノ内のもとに消息不明だったゆあから連絡が入り、ゆあは不敵な笑みを浮かべるのでした。

【ホームルーム】8話の感想!

「ホームルーム」第8話を視聴した方たちの反応としては、ラブリンの愛の形に疑問を持つ声や最終回の結末が気になるといった声が多かったように感じます。

ドラマ版の「ホームルーム」では、どんな終わり方になるのか気になりますし、バッドエンドなのかハッピーエンドなのか気になるところです。

ラブリンは学校を追い出されることになるのか?

漫画版のストーリーを知っている方は、どうなるのか分かっているかも知れませんが、ドラマ版では漫画版とは違う最後になる可能性が・・・。

ドラマ「ホームルーム」も残り2話となりましたが、最終回に向けてどんな展開になっていくのか予想してみたいと思います。

順当に考えればラブリンの”愛”を幸子が受け入れるストーリーで、高校3年生である幸子が学校を卒業し、卒業後に交際している描写が少し描かれて終わりという流れになるのではないでしょうか。

しかし、それだと普通の学園ラブストーリーになるので、ドラマ「ホームルーム」では「え~、そうなるか」というラストになる気がします。

幸子が第7話のラストでラブリンの”愛の儀式”に気がついている描写があり、ラブリンの”愛”を受け入れられない幸子がマルとの”友情”を選ぶ可能性も。

幸子がマルにラブリンのことを相談してラブリンの正体を知ったマルは、ラブリンを学校から追い出そうと計画し、学校側にラブリンの異常行動が知られ、幸子たちの卒業前にラブリンは”学校を追い出される”という展開を予想してみました。

原作である漫画版も衝撃的な展開となっていますが、ドラマ版ではどんなラストになるのか気になりますね。

まとめ

今回の記事では、ドラマ「ホームルーム」8話のネタバレや感想などをご紹介。

個人的には、第8話のドラマ内で幸子の自宅の合鍵を作って家に侵入するラブリンの姿が、寝起きドッキリをする仕掛け人みたいだと思いました。

話が脱線しましたが、個人的に思うドラマ版のラストは、マルの計画が成功して学校を去るラブリンというバッドエンドです。

第8話は今までの回想がほとんどだったので、ドラマ版オリジナルエンドなるのか、漫画版に沿った内容になるかはまだ分かりません。

しかし、第9話の内容によってラストに向かうストーリーがどうなるのか分かるかも知れませんし、どんな感じでストーリーが進行していくのか第9話の放送が楽しみですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク