2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年冬ドラマ
視聴率ランキング

【やすらぎの刻~道】223話のネタバレと感想!緑(草刈民代)がイケメンの個人レッスン!

テレビ朝日【やすらぎの刻~道】223話のネタバレと感想!
菊村(石坂浩二)は「道」の執筆で忙しい中、蒟蒻亭乙葉(笹野高史)から電話で呼び出され……。
「やすらぎの郷」の女性たちの間ではシルバーヨガ教室が人気。その理由は!?

倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】223話が2020年2月21日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】223話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!「やすらぎの郷」との徹底比較
テレビ朝日【やすらぎの刻~道】視聴率と最終回までネタバレなどあらすじを含めて記載。初回から最終回までの視聴率を随時更新。前編「やすらぎの郷」の最高視聴率と平均視聴率を掲載。最新ニュースやゲスト出演者についても更新する。週単位でのあらすじも掲載。テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。
ドラマ【やすらぎの刻~道】キャストとあらすじ!トットちゃん出演決定!?
『やすらぎの郷』の続編「帯ドラマ劇場」『ドラマ【やすらぎの刻~道】キャストとあらすじと主題歌などを紹介。テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰の脚本にも注目。石坂浩二、浅丘ルリ子らの前編からのキャストといしだあゆみや大空真弓ら新メンバーを紹介。二層構造のドラマで昭和時代を描く「道」のキャスト、風間俊介や清野菜名を紹介。

ADVERTISEMENT

【やすらぎの刻~道】223話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】223話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】223話のネタバレ

執筆中の菊村(石坂浩二)に電話があり、カサブランカへ行く。

ロク(橋爪功)と蒟蒻亭乙葉(笹野高史)が待っていた。
二人が言いたいことは、マロとマヤが生前葬の弔辞のことで大ゲンカしているという話。
酒の掛け合いになり大騒動だったらしい。

「そいうくだらないことで仕事の邪魔しないでくれないかな」
と菊村。
ふたりは、シナリオについて
「まだ書いてたのか」と。

そこで、ロクは
「俺の役ある?」
ペースを乱されたことで菊村は不機嫌。
そこにスタッフがマロ(ミッキーカーチス)が倒れたと慌ててやってきた。

**

菊村は慌ててマロの病室に。
マロは、痰が絡んで呼吸困難に。
「たいしたことはない」
とのこと。
そこに、秀次(藤竜也)がやってきた。
秀次は、マロのことを
「ああいうタイプはそう簡単にいきませんよ」
と。
めぐみ(松葉千恵子)のことを訊ねると、昭和30年代あたりをさまよっているようだ、と。

**

夜、マロのところに行く菊村。
マロは大丈夫だと言い、
「生前葬楽しかったな」
と。

**

郷の女性たちの間ではシルバーヨガが流行っている。
インストラクターのしんちゃんこと稲垣新一(中島歩)が大人気。
マヤ(加賀まりこ)、冴子(浅丘ルリ子)、桂木夫人(大空眞弓)、玉子(いしあゆみ)たちが、コーチには素直に従うという。

**

夜の食堂。

桂木夫人は奥で玉子と過ごし、冴子とマヤは窓際に座る。
男性は中間におり、どっちつかずにいる。

冴子とマヤは、ヨガのレッスンを秘密に受けているといる人がいると噂している。
「こっそり街までおりて、しんちゃんのスタジオでレッスンをしている」と冴子。
冴子は、個人的にしんちゃんのレッスンを受けてみようか、とマヤを誘うのだが、マヤは断る。

このしんちゃんのの個人レッスンを受けているのは、緑(草刈民代)。
体型の変化を気にしているらしいのだ。

**

カサブランカにて、名倉理事長と菊村。

名倉理事長(名高達男)は、そんな妻のことを
「今さら何をしても仕方ない」
と言いながら、どうやらしんちゃんに嫉妬しているらしい。

このしんちゃん人気が思わぬで出来事に……。

<続く>

【やすらぎの刻~道】223話の見どころ

夜の食堂

夜の食堂は賑やかです。
女性陣はお化粧もばっちり。
元気でなによりですが、マヤと冴子は隅っこに押しやられています。

【やすらぎの刻~道】223話の感想

若き男性にときめいていしまう女性たち。キレイに磨きをかける、日々の中で生きがいにもなり、それはそれでいいのかもしれませんが、女の嫉妬は怖いです。
何事も起きなかければいいのですが……。
緑役の草刈民代さんのレッスン風景。元バレリーナというだけあり、とても美しいです。

アイキャッチ画像:https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/

やすらぎの刻
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】