【知らなくていいコト】7話のネタバレと視聴率!尾高と不倫のケイトに大惨事で野中がクズ落ち!

ドラマ【知らなくていいコト】7話が放送されました。吉高由里子が週刊誌の敏腕記者・真壁ケイト役で主演!前回の6話ではついに尾高(柄本佑)とケイト(吉高由里子)がお互いの気持ちを告白し愛し合う、という衝撃の展開になりました。今回の7話では罪悪感を抱きつつも日々の激務に追われるケイトの身にとんでもない大惨事が巻き起こります。そしていよいよ野中(重岡大毅)が闇の行動に!気になるドラマ【知らなくていいコト】7話のあらすじ・ネタバレや視聴率、放送後の視聴者の反応など詳しく見ていきます!

ドラマ【知らなくていいコト】の動画
ドラマ【知らなくていいコト】の動画は、Huluで配信中です。
ドラマ【知らなくていいコト】8話が放送されました。吉高由里子が週刊誌の敏腕記者・真壁ケイト役で主演!前回の7話ではケイト(吉高由里子…
2020年1月8日(水)22時よりスタートのドラマ【知らなくていいコト】に、女性から厚い支持を集める高級ファッションブランド「ロエベ…
日本テレビ系で好評放送中のドラマ【知らなくていいコト】。主人公のケイト(吉高由里子)は芸能人や大物政治家のスキャンダルを追う週刊誌の…
スポンサーリンク

ドラマ【知らなくていいコト】7話のネタバレ・視聴率

7話のあらすじ

尾高(柄本佑)も自分と同じ気持ちだと知ったケイト(吉高由里子)は、不倫を追う立場でありながら道ならぬ恋に惹かれることに罪悪感を抱くが……。翌日、高熱を出した黒川(山内圭哉)に代わりデスク代理に指名されたケイトは校了前日の編集部で激務に追われる。そんな中で編集部には次々とトラブルが発生!マネージャーの恫喝を記事にされた演歌歌手(小沢真珠)が殴り込みに訪れたと思ったら、右トップを飾る予定だった政治記事の告発者が突然掲載の撤回を要求しスクープ記事が飛ぶピンチに!連載を抱える大物作家の接待に駆り出された岩谷(佐々木蔵之介)が不在の中、編集部は一丸となってトラブル解決に駆け回る。一方、岩谷は気難しい作家との食事会を盛り上げると後を連載班に任せて急いで編集部へ向かうが……。さらに、疲労と活気と混乱が渦巻く編集部には、あることでケイトに恨みを抱いた人物が刃物を手に近づいていた……!週刊イースト始まって以来の大惨事、襲撃事件が発生する!ケイトは襲撃者に刺され……!!そして、ケイトと尾高の関係に屈折した思いを抱く春樹(重岡大毅)は、ケイトの父が殺人犯・乃十阿徹(小林薫)であることをある相手に漏らそうとしていた……。

引用元:https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/

7話のネタバレ

・岩谷(佐々木蔵之介)はやっぱりデキる編集長!

イーストが暴露しようとしていたグラビアアイドルの路チュー写真の件で、岩谷の同期の出版局長・江川(おかやまはじめ)が編集部にやってくる。東原出版からでるそのアイドルの写真集の発売日より前にその写真を差し替えるように頼みに来たのだ。ピンチ続きで岩谷不在の編集部にまた新たなトラブル発生かと思いきや、なんとか乗り切る。

・ケイトを刃物で刺したのは桜庭和美(三倉茉奈)だった!

知らなくていいコト 三倉茉奈 佐々木蔵之介

画像元:https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/

編集部にやってきた謎の女。徹夜が決まり夜食を取って休憩していた編集部にそのまま乗り込み、ケイトを刺してしまう。その女は、先日不倫の記事で取材したプロ棋士・桜庭の妻、和美だった。ケイトが書いた記事のせいで夫が家に戻ってこなくなったという逆恨みで、ケイト含めイースト編集部に復讐しに来たのだ。ケイトが一度和美から離れたものの、再びケイトに襲い掛かろうとしたケイトを守ったのは・・・

・尾高(柄本佑)がケイトをかばう!

そう。ケイトをかばったのは偶然編集部に来てその悲惨な状況を目の当たりにした尾高だった。命を懸けてケイトを守った尾高に驚く編集部のメンバー。すぐに救急搬送され、警察も来る。そして、ケイトも尾高も命に別状はなく、岩谷たちも安堵するのだった。岩谷は「桜庭和美によるイースト編集部襲撃事件」の特集記事を組むことを決め、編集部一丸となって仕事をする。

・ケイトが尾高の病室に向かう途中に見たのは・・・

自分をかばって背中を刺された尾高を心配して、尾高の病室に向かう途中、ケイトは尾高の病室から出てきた女性と子どもを目にする。すぐに尾高の妻子だと分かったケイトは、結局自分の病室に戻ってしまう。やがて尾高から携帯にメッセージが届き、家にいると嘘をついてしまう。自分が抱える罪悪感にさいなまれるケイトだった。

・野中(重岡大毅)、いよいよ闇落ち開始!

編集部のメンバーたちが騒然と仕事をする中、野中は屈折した思いを募らせていた。編集部でのケイトの立ち位置、少しずつ編集部で頼られる存在になり始めた小泉(関)を妬み、飲み物を買いに出たときに声を掛けられたスクープ記者(襲撃事件を聞きつけ東原出版の近くまで来ていた。)にケイトのことを話そうとする。そして襲撃事件のことだけではなく、ケイトが30年前の無差別殺人事件の犯人・乃十阿(小林薫)の娘であることを暴露するのだった。そして乃十阿と杏南(秋吉久美子)が不倫関係にあったこと、その時できた娘・ケイトが桜庭和美の夫の不倫を糾弾しているのはおかしくないか、と訴えるのだった。

7話の視聴率は?

ドラマ【知らなくていいコト】7話の気になる視聴率は、9.5%でした!(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

ドラマ【知らなくていいコト】7話の感想

放送後の視聴者の反応は?

7話の感想

今回も尾高の胸キュンシーンありましたね!!ケイトをかばった尾高。命を懸けて守ってくれる女性なら少しは憧れる場面です。しかしケイトも、尾高の妻子を実際に目の当たりにすると、罪悪感がさらに強くなってしまいました。この関係はいつまで続くのか気になりますが、この先はケイトの方がその関係にケジメを付けそうな気がします。

確かな演技力と独特の個性を持ち合わせた俳優・柄本佑が最近人気急上昇中!ドラマ【知らなくていいコト】では大人の男の色気も若い女性ファン…

春樹のクズっぷりに脱帽!

ストーリーを追うごとに上がる尾高の株とは正反対に、野中の闇落ちへの拍車はかかるいっぽうですね(笑)重岡大毅の演技もなかなかハマっていて、観ていると思わず「ちょっと野中!」と腹立たしくなってしまっている自分がいます。次回はケイトの秘密がイースト編集部にも露呈され大騒ぎになる展開に。尾高との不倫でも罪悪感たっぷりのケイトが、どんどん追い込まれていきます。8話もぜひお見逃しなく!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク