2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【アライブ】6話の視聴率とネタバレ!須藤(田辺誠一)の嘘に薫(木村佳乃)混乱!

フジテレビ・木曜10時【アライブ・がん専門医のカルテ】6話の視聴率とネタバレ!
薫に「消えて」と言った心。薫は退職願いを出すものの、担当患者がいるため辞めることができない。
一方、ジャーナリスト・関河隆一(三浦翔平)は、新たな情報を得て……。
2020年2月13日放送・フジテレビ木曜10時ドラマ【アライブ・がん専門医のカルテ】6話の視聴率とあらすじ・ネタバレ、感想、ツイートなどの紹介。

【アライブ・がん専門医のカルテ】、フジテレビ・木曜夜10時ドラマの過去医療ドラマ「医龍-Team Medical Dragon-」「Dr.コトー診療所」はFODプレミアムで視聴できます。

ドラマ【アライブ・がん専門医のカルテ】キャストとあらすじ!松下奈緒と木村佳乃が最新医療に挑む!
ドラマ【アライブ・がん専門医のカルテ】キャストとあらすじ! 2020年冬ドラ・フジテレビ木曜ドラマは、腫瘍内科医の恩田心(松下奈緒)と消化器外科医の梶山薫(木村佳乃)の2人の女医の生き様を描く新しい医療・ヒューマンドラマ。 日本では初め...
【アライブ・がん専門医のカルテ】視聴率と最終回ネタバレ!木曜10時・医療物語で低迷脱出?
フジテレビ【アライブ・がん専門医のカルテ】視聴率と最終回ネタバレ! 心(松下奈緒)と薫(木村佳乃)、二人の女医ががん患者と向き合う原作なしの【アライブ・がん専門医のカルテ】は、木曜夜10時から放送の医療ドラマです。 「モトカレマニア」で...
スポンサーリンク

【アライブ・がん専門医のカルテ】6話の視聴率

【アライブ・がん専門医のカルテ】6話の視聴率は、7.4%でした。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

【アライブ・がん専門医のカルテ】6話のゲスト・清水くるみ

ゲスト:清水くるみ 役:土方絵麻

清水くるみさんは、フジテレビ木曜劇場、フジテレビゴールデンプライム帯(19時~23時)の連続ドラマへの出演は初めて。
「アライブ・がん専門医のカルテ」で心(松下奈緒)の患者・土方絵麻を演じます。

土方絵麻(ひじかたえま)
27歳。ステージ3の胃がん患者。

清水くるみ
2007年、芸能事務所アミューズのオーディションでグランプリに選ばれ芸能界入り。映画『桐島、部活やめるってよ』『チア男子』などに出演。ミュージカル『ヘアスプレー』では渡辺直美さんと共演。舞台、ドラマ、映画と幅広く活躍。

絵麻の抗がん剤治療の初日、父・徳介が暴れだし……。
自分ががんになっしまったことで絵麻は自分を責める。
「私が悪いの。親より先に病気になるなんて、ごめんなさい…」

ゲスト:ベンガル 役:土方徳介

土方絵麻の父親。
自分の母親をがんで亡くし、抗がん剤治療に拒否反応を持っている。

ゲスト:宮田早苗 役:土方律子

土方絵麻の母親。

【アライブ・がん専門医のカルテ】6話のあらすじ・ネタバレ

【アライブ・がん専門医のカルテ】これまでのストーリー

夫・匠(中村俊介)が事故に遭い亡くなった。阿久津(木下放火)のアドバイスで忌引き休暇をとり、仕事復帰した心(松下奈緒)に、消化器外科の薫(木村佳乃)が告白。匠は医療過誤が原因で亡くなった。そのオペをしていたが薫だった、と。「ごめんなさい」と涙を流し謝罪をする薫に心は「消えて」と冷たく言い放った。そんな中、ジャーナリスト・関河隆一(三浦翔平)は何かを掴んだようで……。

【アライブ・がん専門医のカルテ】6話のあらすじ

薫はまだ横浜みなと総合病院にいた。退職願を消化器外科部長の美川史郎(阿南健治)に提出していたが、薫の手術を待つ患者もいるためすぐに辞める事は出来ない。心が担当する高坂民代(高畑淳子)もその一人。しかし、心は薫を避けるようになっていた。

https://www.fujitv.co.jp/alive/story/story_06.html

【アライブ・がん専門医のカルテ】6話のネタバレ

隆一(三浦翔平)が新しい情報を掴む!

薫(木村佳乃)は退職願を美川史郎(阿南健治)提出するが、オペを待っている患者がいるから、と断られる。
その頃、ジャーナリスト・関河隆一(三浦翔平)は匠のオペのことを知る人物・安田と会っていた。
安田は本当のこと(薫が無実だということ)を話したくて、隆一を呼び出した。
しかし、オペに関する資料やCTがなく、薫の無実を証明するものはないと、いう安田。
もっと詳しく知ろうとする隆一に
「家族がいるのでこれ以上は」
と。
「本当にそれだけですか?」
と隆一は詰め寄る。

**

関東医科大学
須藤(田辺誠一)が教授になるという話が出ている。

**

心(松下奈緒)と薫(木村佳乃)は、すれ違っても言葉も交わさない。

腫瘍内科にあったペットボトルの水があり、心と研修医の涼(清原翔)が飲み始めようとすると、光野(藤井隆)から「飲んだらダメ」と。
その水はインチキ療法で病院内で出回っているという代物だった。

心(松下奈緒)が患者(清水くるみ)に告知

心は、土方絵麻(清水くるみ)の診察をする。
胃がんのステージ3の絵麻。
付き添ってきた両親に治療方法を伝えるが、父・徳介(ベンガル)は反対をする。

**

涼(清原翔)に、告知の方法を教える心。

家族がいるなら家族にも立ち会ってもらったほうがいいという心。
「ひとりで受け止めるには勇気がいると思うよ」
という心の言葉に涼は何かを思った様子……。

**

抗がん剤治療を始めた莉子(小川紗良)は、副作用で髪が抜けてしまう。

**

民代の治療についてのカンファレンス。
薫と心は対立をする。
心は薫の手術が心配なのだ。

**

莉子は、髪が抜けてしまうことを気にして心に相談をする。
涼がそばにいたのだが、心は席をはずさせる。
心と二人だけになった莉子は、ウィッグが気にっていないと言い、帽子をとる。
会社ではまだ誰にも言っていないとも。

抗がん剤治療を反対する絵麻の父(ベンガル)

莉子が病院内で倒れてしまい、そこに居合わせた徳介は、莉子の様子を見て不安になる。
絵麻の抗がん剤治療が始まろうとするとき、徳介が飛んできて「やめろ」と治療をやめさせる。

絵麻は
「ごめんなさい。病気になってごめんなさい」
と親より先にがんになってしまったことを謝る。
そして、抗がん剤治療をストップしてしまう。

**

腫瘍内科にて。

心は、腫瘍内科の面々に徳介の抗議で絵麻の治療は中断したと話す。
絵麻の治療についてを調べている心に
「娘が傷つかないと親は気づかないんですかね」
と涼は意味深な発言。
一方、徳介は絵麻の治療をインチキ療法とは知らずに、民間医療に委ねようとしていた。

**

心は抗がん剤治療を認めてもらいたいと、徳介に説明をする。
しかし、徳介は理解できないでいる。

**

心は隆一に電話をして会うことになった。

心は薫からの医療過誤のことを話し
「それは本当ですか」
と隆一に訊く。

隆一は
「医療過誤があったことは本当だと思う。現在、色々と調べているから待ってていてほしい」
そこで、隆一は、薫の父親が医療過誤で亡くなっていると伝える。

民代(高畑淳子)の執刀医は薫(木村佳乃)

民代(高畑淳子)のオペ。
薫は気合を入れオペをスタートする。
しかし、どうにもならない状態であり、閉腹することになった。

**

腫瘍内科。

薫がやってきた。
「やっぱり、手術できなかった。ごめんなさい」
と謝る薫に心は
「私も考えた。本当に執刀医があなたでいいのか。でも、民代さんがあなたを選んだ。術後の説明はちゃんとしてください」
と冷たく言い、部屋を出る。

**

薫と須藤。

薫は心にすべてを話したと伝える。
教授戦に影響がでる、と気にする薫。
「気にするな」
という須藤に、薫は
「どうしていいのかわからない」
と抱きつく。

**

民代に声を掛ける心。
「眠れない」
という民代。
心は今後は抗がん剤で治療をしていこうと、話す。
その時、テレビからは、民間医療のクリニックの院長が逮捕されたと報道していた。
例のあやしい水やサプリメントを販売していた会社だ。

**

絵麻の両親が心に
「もう一度、治療をしてほしい」
と頼む。

徳介は、土下座をし
「あの娘はもうクリニックを受診してしまった。娘を守りたかっただけなんです。一番、辛いのはあの娘なのに……」
と泣き崩れる。

心は
「今からでも十分、治療はできます」
と励ます。
こうして、絵麻は再び心の治療を受けることになった。

隆一(三浦翔平)から真実が告げられる

心と隆一。
隆一は
「匠さんが亡くなる前にとられていたものです」
とパソコンの画面を見せる。

**

薫と心。

「残りのオペが終わったら、辞めるから」
と言う薫に心は絵麻のオペを頼む。
薫は
「できない」
と拒否をする。

「待って、あなたを傷つけてしまうかもしれないけど」
と言い、心はあるものを見せる。
それは、隆一からもらった匠のCT画像。
亡くなる数日前に当直医・安田が撮っていたものだ。

安田は、あのオペで起きたこと、真実を隆一に話したのだという。
匠の死は、薫のせいではなく、原因は、須藤だった。

「薫先生は悪くない。それなのに私あなたに酷いことを言った。本当にごめんなさい」
と心は謝るが
「待って、ちょっと待ってくれる」
と薫は動揺する。

心が
「調査委員会に調べてもらう」
と言うと
「ダメ!」
と薫は拒否をする。

【アライブ・がん専門医のカルテ】6話のツイート

須藤(田辺誠一)は許せない!

涼(清原翔)がいいね♪

松下奈緒さん、木村佳乃さん、高畑淳子さんの演技に拍手

【アライブ・がん専門医のカルテ】6話の感想・次回予告

【アライブ・がん専門医のカルテ】6話の感想

やはり、薫のミスではなく須藤の仕業でした。許せないの声が多く、薫は須藤を信じ切っていたのだから、それはショックでしょう。
今回は、民代(高畑淳子)の手術ができず、それもまた残念。高畑淳子さんは本当にお上手です。オペが終わったあとの、疲れきった顔が人生の終わりを見るようで悲しいものでした。
ゲストは清水くるみさん。「病気になってごめん」には涙です。
【アライブ・がん専門医のカルテ】6話も涙がいっぱいの物語でした。
涙の中にも明るい兆しも。薫と心のわだかまりはなくなっていきそう。莉子は涼(清原翔)を意識している様子です。オンコロ先生も気づいているみたい。恋のお話もあったら楽しいと期待しています。

来週もお見逃しなく♪♪

【アライブ・がん専門医のカルテ】次回予告

【アライブ・がん専門医のカルテ】次回は平田満さんがゲストです。


【アライブ・がん専門医のカルテ】7話は、2月20日、フジテレビ木曜ドラマ枠で放送です。
画像提供:https://www.fujitv.co.jp/alive/

アライブ
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
【dorama9】