ドラマ【アンサングシンデレラ】のキャストとあらすじ!石原さとみ主演だとアレが不安!

アンサングシンデレラ

2020年春のフジテレビ系「木曜劇場」のドラマは石原さとみ主演【アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋】に決定しました。

病院内では脚光を浴びることが少ない薬剤師を主人公にした初めてのドラマです。

注目作ですが石原さとみが主演となると”アレ”が不安要素となってしまいそうです。

今回の記事ではドラマ【アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋】のキャストやあらすじをまとめました。

【春ドラマ2020】4月期の新ドラマ情報一覧! 2020年4月スタートの春ドラマ情報をまとめています。 地上波・朝ドラ、深夜ドラ…
スポンサーリンク

ドラマ【アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋】主演は石原さとみ

主人公の病院薬剤師を演じるのは石原さとみです。

  • 木曜劇場は2014年秋ドラマ「ディア・シスター」以来、5年半ぶり2度目
  • フジテレビの連続ドラマでは2015年秋の月9「5→9~私に恋したお坊さん~」以来、4年半ぶり

の主演となります。

若いながらも数々のドラマで主役を演じた石原さとみが日本ドラマ初となる薬剤師の主人公をどのように演じるのでしょうか?

石原さとみのプロフィール

  • 生年月日:1986/12/14(33歳)
  • 出身:東京都
  • 所属:ホリプロ

2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン「ピュアガール2002」グランプリを受賞し本格的に女優業を開始する。

2003年、若くしてNHK連続テレビ小説「てるてる家族」のヒロイン・岩田冬子役に抜擢され以後人気女優として数々の映画やドラマに出演する。

石原さとみのコメント(一部抜粋)

Q本企画を聞いたときの最初の感想はいかがでしたか?

「薬剤師の方は薬局で“お薬を渡してくださる方”という印象で、一体どういうお仕事をされているのか具体的には知りませんでした。今回ドラマのお話をいただき原作を読んで、仕事内容の大変さに驚きましたし、薬剤師は“薬で命を助ける専門家”なんだと痛感しました。私自身、ドラマで医師や看護師を演じた経験はありますが、薬剤師が登場人物として描かれることはほとんど無かったのではないでしょうか。患者に寄り添う大切な存在なのに知らないことばかりでした」

Q視聴者のみなさまへメッセージをお願いします。「薬剤師というお仕事をもっと多くの人に知っていただきたいと思います。私自身、初めて知って驚いたことがたくさんありました。そして、夢物語ではなく、きちんと現実を伝えていけたらと思います。実際に薬剤師として働く方にとって、“明日もがんばろう”という活力になれたらうれしいです。そして、世の中で働く皆様に“諦めないこと”、“人を大切にすること”というメッセージが伝わるよう精いっぱいがんばりたいと思います」

ドラマ【アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋】キャスト

石原さとみ(役:葵みどり)

アンサングシンデレラ キャスト石原さとみ

葵みどり

キャリア8年目、お団子ヘアがトレードマークの病院薬剤師。

「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある。それが、薬剤師にとって何より大切だ」という信念を持ち薬剤師の仕事に取り組んでいる。

そのため医者に対しても真っ向から意見することも多い。

その他のキャストはまだ発表されていません。分かり次第追記していきます。

ドラマ【アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋】のあらすじ

タイトルにもある「アンサング」とは「褒め称えられない」という意味を持ちます。

薬剤師は医療の現場の最先端に立つ医者や患者と親身になって過ごすことが多い看護師とは異なり表に出ず役割が分りにくいイメージがあります。

しかし、薬剤師は豊富な知識を持ち、医師の出す処方箋に唯一異議を唱えることが出来る重要な存在です。

【アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋】はそんな”縁の下の力持ちである”薬剤師に焦点を当てたドラマで、「すべては患者の“当たり前の毎日”を取り戻すため」に働く主人公・みどりの活躍を描きます。

ドラマ【アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋】の原作

荒井ママレ著の漫画「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」を原作としています。2018年7月号の「月刊コミックゼノン」(徳間書店)より連載中です。

焼津市立総合病院薬剤科の現役の薬剤師・富野浩充を医療原案に迎え、薬剤師の仕事や現場をリアルに描いています。

【アンサングシンデレラ】原作電子書籍情報
原作漫画は【DMM.com 電子書籍】で購入することが出来ます。  
※ 全て2020/2/6(木)現在の情報です。最新の価格などは公式サイトでご確認ください。

ドラマ【アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋】石原さとみ主演の不安要素

実力派女優の石原さとみですがただ一点だけ不安要素があります。

  • 原作:みどりは2年目の新人薬剤師
  • ドラマ:みどりは8年目の中堅

と石原さとみの年齢(33歳)に合わせる為か年齢とキャリアが引き上げられました。

もし中堅薬剤師が新人と同じような言動を取ると違和感があり、一気に冷めてしまう恐れがあります。かといって石原さとみはまだ若いですが新人を演じるには年齢的に無理があります。

このあたりの整合性を取るために「キャラが役者に合わせる」という原作ファンからは納得しがたい事態が起きてしまいました。

ただ、

Q葵みどりを演じるうえで心がけたいことは?

「ドラマで描かれるみどりは原作よりもキャリアを積んでいる設定なので、患者さんに寄り添う温かさや優しさを持つ一方で、冷静な部分も持ち合わせていると思います。患者さんにとっての“最後の砦(とりで)”という自覚をもち、単にがむしゃらなだけではなく、優しさが本当の強さだということが伝わるように演じていきたいです」

と主演の石原さとみが語っているように年齢が引きあがってもみどりが持つ信念は変わっていないはずです。

ドラマはどのように描かれ、石原さとみはどのように演じるのでしょうか?

ドラマ【アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋】はいつから?

2020年4月からフジテレビ系「木曜劇場(22:00~)」で放送予定です。

放送日時は分かり次第お伝えします。

画像やコメントの引用元:フジテレビ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」公式サイト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク