【知らなくていいコト】5話のネタバレと視聴率!ケイトと尾高の関係に急展開が!??

ドラマ【知らなくていいコト】5話が放送されました。吉高由里子が週刊誌の敏腕記者・真壁ケイト役で主演!4話の最後では、ケイトが尾高(柄本佑)と共にが乃十阿が起こしたとされる事件現場に向かいました。動機不明の事件に複雑な心境のケイトですが、今回の5話では尾高との関係に急展開が!?春樹(重岡大毅)と小泉(関水渚)も急接近で目が離せません!気になるドラマ【知らなくていいコト】5話のあらすじ・ネタバレや視聴率、放送後の視聴者の反応など詳しく見ていきます!

ドラマ【知らなくていいコト】の動画
ドラマ【知らなくていいコト】の動画は、Huluで配信中です。
2020年1月期スタートの水曜22時の新ドラマに【知らなくていいコト】が決定しました。脚本はあの大石静さん。主演は人気女優の吉高由里…
2020年1月8日(水)22時よりスタートのドラマ【知らなくていいコト】に、女性から厚い支持を集める高級ファッションブランド「ロエベ…
日本テレビ系で好評放送中のドラマ【知らなくていいコト】。主人公のケイト(吉高由里子)は芸能人や大物政治家のスキャンダルを追う週刊誌の…
スポンサーリンク

ドラマ【知らなくていいコト】5話のネタバレ・視聴率

5話のあらすじ

30年前に乃十阿(小林薫)が事件を起こしたキャンプ場を尾高(柄本佑)と共に訪れたケイト(吉高由里子)。未だに動機不明の事件に思いを馳せ、複雑な気持ちを抱く……。翌週、記事のネタを求めて元警察署長・沖田秀則(勝野洋)がスパルタ教育の末に実の孫を殺害したとされる事件の判決を傍聴したケイトは、罪を認め反論しない沖田の姿に直感的に引っかかるものを感じる。ケイトは沖田本人に面会を取り付けることを黒川(山内圭哉)に宣言し、早速事件の周辺取材へ。近隣住民から沖田のスパルタを裏付ける証言がある一方で、「孫を甘やかしすぎだった」という報道とは逆の証言にも行き当たる。事件の“本当の動機”を知りたいと思うケイトだが、頑なにマスコミを避ける沖田からは面会申請を断られてしまう。そんな中、編集部では連載班の小泉(関水渚)が春樹(重岡大毅)に交際を申し込んでいた!春樹はケイトと尾高の関係が気になるが……。そして、沖田に殺された孫・弘人ひろとの周辺を取材していたケイトは、事件の新たな情報を手にする。さらにスクープへと繋がる糸口は意外なところに隠されていて……。岩谷(佐々木蔵之介)は沖田本人と話す機会を得るため弁護士の接見について行くようケイトに指示するが、真実への道のりは甘いものではなかった……。

引用元:https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/

5話のネタバレ

・ケイトは母・杏南(秋吉久美子)の納骨を一人で済ませていた!

尾高が杏南の納骨について気になってケイトに尋ねると、ケイトは「もう済ませた」と言った。尾高は気丈なケイトに驚きつつも心配する。そして岩谷(佐々木蔵之介)も尾高に「そういえばケイトのお母さんの納骨の件って何か聞いていないか?」と尋ねるが、一人で済ませたらしいと尾高が伝えると岩谷もまた驚くのだった。しかし、これはケイトの強がりの嘘だった。飲み過ぎて自宅まで尾高に送ってもらったケイトは、杏南の遺骨がまだ部屋にあるのを見られてしまう。尾高は「何も見てないよ。」とケイトを気遣い部屋を後にしようとするが、ケイトはたまらず尾高に抱き着いた。納骨してしまうと部屋が広く感じてしまうと言うケイトに、尾高は優しくただ「うん。」と言って頭を撫で、やがてケイトも「送ってくれてありがとう。」と尾高を見送った。

・沖田が殺したとされる孫には意外な秘密が隠されていた!

福西が黒川に怒られながらも調べていた爆弾作りの闇サイト。実は沖田の孫がそのサイトに“バッキン”のハンドルネームで幼稚園の爆破予告を書き込んでいた。ケイトは、沖田が黙っていた事件の動機「にじの葉保育園の園児たちを爆弾魔である自身の孫から守るために殺めたのでは?」というところにあると確信し、沖田に面会する弁護士への接見に同行する。しかし沖田に問いかけても沖田は認めなかった。沖田が何のために動機を語らずにいるのか分からず、ケイトは記事を書くのに苦労する。

・断定的な記事を書けないケイトに刺さる岩谷の言葉

動機を一切語らない沖田に乃十阿の姿を重ねてしまい、なかなか断定的な記事を書き上げることができないケイトに、「警察でも裁判所でもない週刊誌は正義を振りかざすことはないが、“人間への飽くなき興味”を信念に記事を書くんだ」と厳しくも週刊誌記者としてのスタンスで記事を書くよう叱咤する。それでも食い下がるケイトに、状況証拠だけしかなくても沖田の孫殺害までのやむにやまれぬ心情を想像して書けば他にない面白い記事になると言われ、ケイトは「乃十阿の記事もこんな風に出来上がったのだろうか」と葛藤する。結局ケイトは断定的な記事を書けず、最終的には岩谷が手直しし記事は出来上がった。

・ケイトは再び乃十阿の元を訪れる

沖田の記事が掲載されたことで世間の「沖田への見方」はがらりと変わった。週刊誌も売れ、喜びに沸く編集部だったが、ケイトは浮かない顔だった。沖田の自宅の庭から爆弾が見つかってもなお控訴しないとする沖田の様子を弁護士から聞いたケイトは、本当にこれで良かったのかと悩む。そして編集部を後にし、ケイトは再び乃十阿の元を訪ねた。乃十阿に話しかけ、名乗ったケイトだったが、乃十阿は睨みつけ「金を出せ」と言った。絶句するケイトだったが、「いくら払えば話してくれるか」と言い返したのだった。

5話の視聴率は?

ドラマ【知らなくていいコト】5話の気になる視聴率は、8.7%でした!(ビデオリサーチ調べ、関東地区)視聴率的にも中だるみしやすいタイミングですが、乃十阿に関する進展がかなり遅めに感じてしまうのが原因かもしれません。

ドラマ【知らなくていいコト】5話の感想

放送後の視聴者の反応は?

5話の感想

今回も尾高(柄本佑)はカッコよかった!(笑)自分が仕事で向き合う事件や相手に思わず乃十阿を重ねてしまうケイト。大き過ぎるスキャンダルを抱えたケイトの心は繊細で張りつめていて観ているこちらもなんだか守ってあげたくなります。そんなケイトも尾高に頼りたくても頼れないじれったい距離感で、ストーリーの軸である乃十阿のことよりもケイトと尾高の関係が気になる始末(笑)。次回の6話は不倫ネタを取材するようですが、尾高とケイトには泥沼の不倫には陥って欲しくない、というのが個人的な感想です・・・。

乃十阿より尾高が気になるジレンマ!

いかがでしたか?春樹(重岡大毅)と小泉(関水渚)の関係も進展がありましたが、尾高への好感度とは裏腹に春樹への好感度はぐんぐん下がる面白い展開になってきましたね(笑)乃十阿のことで脆く繊細になっているケイトの気持ちに優しく寄り添う尾高ですが、6話でもまたケイトとの距離が縮まる雰囲気!?今流行りの不倫ネタが次回のテーマにもなりますが、尾高とケイトもまさかの!?という予告で目が離せません!6話もぜひお見逃しなく!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク