【悪魔の弁護人】最終回の視聴率とネタバレ!御子柴(要潤)の償いは続く!?

悪魔の弁護人
出典東海テレビ

【悪魔の弁護人】最終回の視聴率とネタバレ!

要潤主演のドラマ『悪魔の弁護人 御子柴礼司-贖罪の奏鳴曲(ソナタ)-』(東海テレビ・フジテレビ系)最終回が2020年1月25日(土)に放送されました。

元少年A=御子柴(要潤)の償いは今後も続くのか…!?

今回は【悪魔の弁護人】最終回の視聴率とネタバレ、感想まとめなどについて。

※ドラマ『悪魔の弁護人』はFODプレミアムで配信!※2020年1月現在の情報です。

出典東海テレビ ドラマ【悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~】のキャストとあらすじ! 要潤の主演で、ドラマ『悪…
出典東海テレビ 【悪魔の弁護人・御子柴礼司】の視聴率と最終回ネタバレ! 要潤主演のオトナの土ドラ【悪魔の弁護人・御子柴礼司~…
スポンサーリンク

【悪魔の弁護人】最終回の視聴率

【悪魔の弁護人】最終回の視聴率は、3.2%

(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

【悪魔の弁護人】最終回のネタバレ

悪魔の弁護人-最終回
出典東海テレビ

あらすじ

「弁護士を廃業する」
そう言い残し、姿を消した御子柴(要潤)。洋子(ベッキー)は何とか連絡を取ろうと試みるが、御子柴の行方は分からないままだった。

そんな中、事務所に弁護士の宝来(本村健太郎)がやってくる。御子柴に代わり郁美(浅野温子)の事件を担当するというのだ。そんな勝手なことを、と言う洋子に宝来は御子柴に頼まれたのだと告げる。そのための金も受け取ったと。
御子柴は本当に廃業してしまうつもりなのか、と困惑する洋子だったが、宝来を追い返し言う。
「先生は絶対に戻ってきます」
あすみ(玄理)とともに郁美の事件を洗い直す洋子。御子柴は必ず戻ってくる。その時までに少しでも弁護材料を集めておくために……

その頃、御子柴はひとりふるさとを訪れていた。
自分が幼少期を過ごした場所。かつて凄惨な事件を起こし、家族を不幸に追いやった場所。そして被害者家族に永遠の苦しみを与えるきっかけとなった場所。
自分は生まれてこなければ良かったのだ。そう思う御子柴のもとに一本の電話が。敵対する検事・岬(津田寛治)からだった。
「逃げる気か? 君の帰りを信じ待っている人間がいるぞ」

罪とは何か、罰とは何か――
「大田区資産家夫殺し事件」、堂々の完結! はたして御子柴の贖罪の結末は……!?

出典https://www.tokai-tv.com/akumanobengonin/story/08.html

ネタバレ

洋子から新事実を聞いた御子柴は、洋子とともに調べ始めた。

新事実とは、被害者の妻は病気で亡くなったのでなく、無差別殺人事件に巻き込まれたこと。

しかし犯人は刑法39条(=心神喪失者の行為は、罰しない)で無罪となった。

御子柴は鑑定センターの所長・氏家(岩谷健司)に依頼をした。氏家は御子柴を色眼鏡では見ない人物で、「何でみんなそんなに他人の人生に興味あるんだろうね」とつぶやく。


法廷にて。氏家による実験を試みた御子柴。滑車を使うと、梁が折れてしまった。

被害者は、加害者家族を追跡したサイトを閲覧していた。そのサイトに被告・郁美の名前と写真があった。

つまり、犯人への代償行為としての復讐をするため、郁美と結婚した、と考えられる。

自殺決行の日、すべての疑惑を妻・郁美になすりつけるため、工作。遺書・縄の指紋・皮膚片、滑車の痕・・・。

御子柴「そもそも死体配達人がなければ、成沢氏もその母親に復讐することもなかった。私のせいで貴い命を奪ってしまった。この事件で断罪するならば、この私です。私を断罪してください

御子柴は法廷で頭を深く下げた。

・・・岬検事は起訴を取り下げることにした。「次は負けんぞ」と御子柴に吐き捨てる。


面会室にて。御子柴と郁美は、園部謙造の自殺について話す。

佐原みどりちゃん側からの多額の慰謝料を返すため、保険金が欲しくて亡くなったという。

子どもたちを愛していた…そのことだけは分かって欲しいと郁美。

すまなかった」と御子柴は涙。「もういいから、あなたは私を助けてくれたじゃない」郁美は声をかけた。


御子柴は、佐原みどりちゃん殺害現場に花束を捧げ、手を合わせた。

津田亜希子(奥菜恵)「どうしてここに来たの?どうして、みどりを殺したの?」

あのころは虫の命を人間の命も同じだと思っていた、という御子柴。「私は償い方を間違っていた。安心してくれ、もう二度と会うことはない。」

亜希子「あんたのこと一生、許さない。みどりの人生を奪った分、他人のために生きなさいよ、救いなさいよ。これからもあんたの生き方をずっと見てる。きっとみどりも見てるから

※津田亜希子の旧姓は佐原。妹は佐原みどりです。


母と姉が戻ってきたという津田倫子から「毎日が楽しい」という手紙をもらった御子柴。また今日も仕事を始める。

【悪魔の弁護人】最終回の感想

許さないけれど、他人を救うことに一生を捧げることを亜希子(奥菜恵)からいわれた御子柴。

人を殺した事実は消えない。償えません。

御子柴が生まれ変わった、ピアノの感動とかが省かれているのは残念ですが、原作のテーマ:贖罪については描けてはいたと思います。

これからも弁護士と活躍するだろう、御子柴。原作が書かれたら、続編があるかも?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク