【知らなくていいコト】3話のネタバレと視聴率!ケイトを見守る尾高(柄本佑)が超イケメン!

ドラマ【知らなくていいコト】3話が放送されました。吉高由里子が週刊誌の敏腕記者・真壁ケイト役で主演!2話ではケイトがDNA婚活の実態を取材し、自身のDNAについても葛藤。そして真実を知りつつも当時付き合っていた尾高(柄本佑)がプロポーズしてくれ、彼の手を取らなかったことを嘆くシーンで終わりました。今回はいよいよ殺人犯の父・乃十阿徹とケイトが対面!一体どんな展開になるのか!?ドラマ【知らなくていいコト】3話のあらすじ・ネタバレや視聴率、放送後の視聴者の反応など詳しく見ていきます!

ドラマ【知らなくていいコト】の動画
ドラマ【知らなくていいコト】の動画は、Huluで配信中です。
2020年1月期スタートの水曜22時の新ドラマに【知らなくていいコト】が決定しました。脚本はあの大石静さん。主演は人気女優の吉高由里…
2020年1月8日(水)22時よりスタートのドラマ【知らなくていいコト】に、女性から厚い支持を集める高級ファッションブランド「ロエベ…
2020年1月8日(水)22時スタートのドラマ【知らなくていいコト】。主人公のケイト(吉高由里子)は芸能人や大物政治家のスキャンダル…
スポンサーリンク

ドラマ【知らなくていいコト】3話のネタバレ・視聴率

3話のあらすじ

殺人犯・乃十阿徹(小林薫)の娘だと知りながら、かつて尾高(柄本佑)がプロポーズしてくれていたことを知ったケイト(吉高由里子)は、当時何も知らずに春樹(重岡大毅)に心を移した自分を悔やんでいた。そんな中、週刊イーストでは年末年始合併号の準備が進む。黒川(山内圭哉)班は国民的な人気を誇る天才ダンサー“タツミーヌ”こと河原巽(大貫勇輔)の才能に迫る特集企画を担当。早速取材に出るケイトだが、ネット上で拡散した10年前のタツミーヌの動画が炎上したことで急遽取材中止の連絡が入る!問題の動画には老人に向かって暴言を放つ世間のイメージとはかけ離れたタツミーヌの姿が映っていて……。編集長の岩谷(佐々木蔵之介)は記事の内容をタツミーヌの才能ではなく、本性に迫るものに方向転換して取材続行を指示。ネットの後追いで10年も前の出来事を掘り返すことに反対するケイトに取り合わず……。仕方なく本人直撃を狙うケイトだが、タツミーヌ叩きの報道が過熱する中、本人は沈黙を貫いたまま消息を絶ってしまう……。一方、編集部には尾高が年末の挨拶に現れる。春樹は、あることを話すため、尾高を屋上に呼び出すが……。タツミーヌ探しが難航する中、ケイトはかつてタツミーヌがアルバイトをしていた店で意外な真相へと繋がる証言を聞く……。

引用元:https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/

3話のネタバレ

・春樹(重岡大毅)が尾高(柄本佑)に聞いたこととは?

自分が撮影した動物のカレンダーを配りに週刊イーストの編集部を訪れた尾高。カレンダーをケイトのデスクにも置いた尾高に、春樹は話がしたいと屋上に呼び出す。何を聞き出すかと思えば、春樹は尾高に「ケイトと自分が分かれた理由が、尾高とケイトが分かれた理由と同じなのではと思い話がしたくなった」と告げる。そんな春樹に、尾高は「お前最低だな」と吐き捨てその場を去るのだった。

・タツミーヌの過去のバイト先で聞いた証言とは?

タツミーヌが問題発言をした動画の件で取材を進めていたケイトだったが、取材先の介護施設で、施設が建つ前のダンススタジオの件を知っている前施設長が真相を知っているかもしれないと聞く。その前施設長に会いに行ったケイトは、「一部だけ切り取られ誤解され可哀そう」と聞き驚く。真相は、踊る場所を守ろうと必死だったタツミーヌが若さゆえにかっとなってした発言だったということだった。ホテルに潜むタツミーヌに直接手紙を書き、取材交渉を仕掛けたケイト。作戦は成功し、タツミーヌ本人からも真相を聞いたケイトは年末号の記事の仕上げに取り掛かる。

・ケイトと乃十阿徹がいよいよ対面!

イーストの忘年会の際にふと「今はどこにいても突き止められて何をしているか分かる」という会話を耳にしたケイト。その後お正月を静に迎えた自宅で、おもむろにパソコンで乃十阿の居場所を検索してしまう。そしてついに「スズナリ自転車」という乃十阿の居場所に向かい、乃十亜と対面するのだった。お互いに見つめ合うが、二人は何を想うのか・・・

3話の視聴率は?

ドラマ【知らなくていいコト】3話の気になる視聴率は、10.3%でした!初回から好調な数字をキープしていますね!今後はケイトと乃十阿の絡みやケイト・尾高・春樹の三角関係もどんどん進展していく様子。視聴率も中だるみせず最後まで好調をキープしたいものです。

ドラマ【知らなくていいコト】3話の感想

放送後の視聴者の反応は?

3話の感想

3話もなかなか内容の濃いストーリーでしたが、春樹と尾高の屋上シーンは圧倒的に柄本佑の迫力勝ちな印象でした(笑)逆を言えば、重岡大毅が春樹の少々頼りないキャラクターを見事に演じていたとも取れますが・・・。目の前の仕事に一生懸命なケイトですが、自身のスキャンダルのせいで心はとてもナイーブな状態。そんな彼女をこれまた絶妙なタイミングで見守る尾高に女性視聴者は心を掴まれているのではないでしょうか!

尾高のケイトを見守る見守る優しさに胸キュン!

いかがでしたか?いよいよケイトは乃十阿の居場所に自ら向かい、彼と対面します。その時2人は一体どう言葉を交わすのか、4話が非常に楽しみです。そして週刊誌記者として日々奔走しながらも、乃十阿の件で心細くなっているケイトに、今後尾高がどう絡んでくるのかも見どころ。尾高がプロポーズしたのも、プロポーズを断られてもそれを受け入れたのも全てケイトを守るため。妻子持ちの尾高の心がケイトに傾いてしまう展開も考えられるのか!?ぜひ4話もお見逃しなく!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク