【ケイジとケンジ】1話の視聴率とネタバレ!人情とコミカル、福田脚本が炸裂!

【ケイジとケンジ】1話の視聴率とネタバレ!

1月16日に放送された桐谷健太&東出昌大W主演の【ケイジとケンジ】の第1話!

熱い正義感の刑事とエリートだがちょっと残念な検事が織りなすコメディサスペンス。

ここでは【ケイジとケンジ】第1話の視聴率とネタバレ、感想などを紹介します。

ドラマ【ケイジとケンジ 所轄と地検の24時】のキャストとあらすじ! 2020年1月スタートの木曜ドラマは桐谷健太・東出昌大W主…
【ケイジとケンジ】視聴率と最終回ネタバレ! 2020年1月16日スタートのドラマ【ケイジとケンジ】! 『ドクターX』や『…

【ケイジとケンジ】の動画【ケイジとケンジ】は、U-NEXTで全話配信予定。31日間無料体験するなら、まずは登録+ログイン!※本ページの情報は1月15日時点のものです。

スポンサーリンク

【ケイジとケンジ】第1話の視聴率

第1話の視聴率は12.0%でした!

好調な滑り出しですね。

【ケイジとケンジ】第1話のあらすじネタバレ

第1話のあらすじ

元体育教師の警察官、仲井戸豪太(桐谷健太)は交番勤務のある日、商店街で包丁を振り回していた暴漢を現行犯逮捕し、県警本部長から表彰される。勢いづいた豪太はその場で本部長に直訴し、横浜桜木署の捜査課へ異動!強行犯係に配属され、ずっと憧れていた刑事として新スタートを切る。
異動初日から、豪太の勢いは止まらない。一昨年末から世間を騒がせている連続空き巣犯を早く捕まえろ、と市民が苦言を呈していると知るや発奮。管轄外にもかかわらず、自分が犯人を捕まえると宣言し、地道な捜査を開始し、ついに犯人を逮捕する。ところが豪太は、その顔を見てがく然とする。なんと連続空き巣犯は元教え子・滑川秀幸(馬場徹)だったのだ…!
一方、横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)は、片思い中の立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)の気を引こうと猛アプローチするも、ピントがズレまくりで全然刺さらない日々。しかも検事になって5年目だというのに大事件を任せてもらえず、焦りが募っていた。
そんな時、修平は送検されてきた滑川を担当することになり、余罪を追及すると1年前に空き巣目的で入った家で、年老いた家人と鉢合わせになり、突き飛ばして逃げていたことが判明する。修平が桜木署に問い合わせると、その老人は直後に亡くなった状態で発見されていた。これは強盗致死、あるいは強盗殺人の可能性もある・・・そう考えた修平は功名心も手伝って自分が立証すると名乗りを上げる。

第1話のネタバレ

逮捕した連続空き巣犯の犯人が元教え子と知った豪太はショックのあまり歓迎会でも元気がない。

修平からの依頼で亡くなった老人の死体見分調書を持って検察庁へやってきたのは豪太だった。みなみは検事の修平に兄妹であることを言わないように釘を刺す。

修平に老人の死の因果関係と滑川の殺意が立証されれば死刑または無期懲役になると聞かされ、滑川をかばう発言をする豪太。

修平は大きな事件を扱うことへの執着からなんとか強盗致死、または強盗殺人で立件すべく動くが、そんな修平をまるで滑川を死刑にすることしか考えていないように感じた豪太はますます修平を毛嫌いする。

しかし老人宅への住居侵入は被害者宅に残された毛髪のDNA鑑定により立件されたが、黙秘に転じた滑川から老人を突き飛ばしたことは裏付けられず、修平は滑川を窃盗罪と住居侵入罪で起訴することに決める。始めからそうなることが分からないようではまだまだ半人前だと部長検事の樫村にたしなめられる修平。

しかし、豪太の前ではそんなことは言わず、初めからわかっていたと強がる修平。いがみ合う二人の間に入り、気が気ではないみなみ。そんな三人を一括したのは元裁判官で行きつけの小料理屋OKAZU-YAの女将・宮沢かほりだった。

【ケイジとケンジ】第1話の感想とまとめ

そうですね。逮捕の多くは不起訴となり報われない刑事。 有罪を勝ち取ることがすべての検事。コミカルさの中にしっかりと刑事と検事の立場の違いを説明してくれていて、理解しやすく描かれていました。

事件のシリアスさとコミカルのバランスがよかったですね。コミカル寄りという意見もありましたが、福田さんの脚本らしいドラマでした。今回は初回ということで脇役の出番がすくなかったよに感じましたが、これから出番が増え、それぞれのエピソードが描かれそうで楽しみです。

余談ですが、豪太の着ていたド派手なスタジャンはglamb×ジョジョの奇妙な冒険コラボスカジャンのようですよ。

記事内画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク