【やすらぎの刻~道】189話のネタバレと感想!石坂浩二が梅宮辰夫に語る感動の秘話!

テレビ朝日【やすらぎの刻~道】189話のネタバレと感想!

菊村の父・栄一(梅宮辰夫)が現れ、あらすじを語ることに……。
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】189話が2020年1月6日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】189話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…
【やすらぎの郷】(2017年4月~9月)の続編。 「帯ドラマ劇場」【やすらぎの刻~道】(やすらぎのとき ~みち)がスタート。 テレビ朝日…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】189話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】189話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】189話のネタバレ

お正月。
菊村(石坂浩二)は父・栄一(梅宮辰夫)と屠蘇を酌み交わし
「あけましておめでとうございます」
と新年の挨拶。

「正月休みがあったから、みんな忘れてるだろう」
と栄一。
「みんなって?」
と訊く菊村に
「みんなって、みんなよ」
と、答える。

そうして、物語を振り返る。

**

「やすらぎの郷」では、秀夫(藤竜也)ら老人組とスタッフの試合が行われた。
八百長の試合で、シナリオ通りで老人組が勝ったが、秀夫はそのことに気づき、傷ついていた。
盛大に人前で恥をかいたという。

一方、柳介のところに、薬物の件でユスリをかけてくるメールが届いていた。
解決するために、マキタという大物に会うことに。
マキタと繋がる人物は、玉子(いしだあゆみ)。
玉子は若き頃、マキタの子供を宿し出産したのだ。
玉子の計らいで、柳介へのユスリはなくなった。
そして、玉子は、生き別れた息子・誠(吉岡秀隆)と再会した。
「母さん、一緒に暮らさないか」
という誠に玉子は「年をとりすぎた」と笑う。

マヤ(加賀まりこ)がカサブランカにやってきて、マロ(ミッキーカーチス)が救急車で運ばれたという。
マロはガンだということを内緒にしている菊村は、心配もしたが、マロは家に戻り相変わらず、スケベな話をしている。

もうひとつの物語「道」では、しのぶ(清野菜名)が公平(橋爪功)の家に住むことになった。
しのぶは翔(菅谷哲也)とすぐに打ち解けた。そして、二人は一緒に寝るようになり、公平としの(風吹ジュン)は心配をするが、二人はいとこ同士だからなんてことない、という。
翔は、鉄兵(藤竜也)の話をしのぶにする。

竜(駿河太郎)が倒産をし、お金を借りたいと公平に申し出る。
詩子(渡辺早織)が家出をしてきて、公平の家で暮らすように。
そして、暮れが迫ってきた頃、公平から除夜の鐘の話を聞いた翔は、ある計画を練る。
大晦日。
公平の家には孫や子供が集まり、賑やかに過ごす。
お墓参りをすませたとき、村に除夜の鐘の音が聞こえてきた。
それは、翔たち孫が集まり、計画をしたこと。
公平としのへの除夜の鐘のプレゼントだった。

公平は感激し、涙する。

<続く>

【やすらぎの刻~道】189話の見どころ

お亡くなりになった梅宮辰夫さんが出演されています。
菊村の父・栄一の役です。

追悼・梅宮辰夫さん【やすらぎの刻~道】出演シーンの紹介 【やすらぎの刻~道】の主人公・菊村栄(石坂浩二)の父親・栄一役を好演されていた…

【やすらぎの刻~道】189話の感想

新年明けての【やすらぎの刻~道】には梅宮辰夫さんが登場。いつもの振り返りの回です。
お正月が入り「みんな忘れているだろうから」と視聴者を思いやる台詞。
【やすらぎの刻~道】は残り3ヶ月。さて、どんな展開があるのやら、楽しみですね。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク