2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【シロクロ考察】直輝パパ(田中圭)殺人事件の犯人は誰!?黒幕は佐島(佐藤二朗)が本命?

【シロクロ考察】直輝パパ(田中圭)殺人事件の犯人は誰!?黒幕は佐島(佐藤二朗)か?

直輝(横浜流星)が世の中のグレーな事件にシロクロつけながら父・哲也(田中圭)を殺した犯人と事件の真相を暴いていくドラマ。

いくつもの事件が出てきますが、ここでは哲也を殺した犯人と事件の真相を考察していきます。

今回は、【シロクロ考察】直輝パパ(田中圭)殺人事件の犯人と黒幕予想について!

【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。】のキャストとあらすじ!横浜流星が清野菜名を飼育する!
【シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。】のキャストとあらすじ!横浜流星が清野菜名を飼育する! 2020年冬の新日曜ドラマは通称“シロクロパンダ”! 横浜流星と清野菜名がW主演で最凶バディに! 謎解きとアクションが見モノ...
【シロクロ】の視聴率と最終回ネタバレ!直輝(横浜流星)とパンダ(清野菜名)の過去がヤバイ
ドラマ【シロクロ】の視聴率と最終回ネタバレ!直輝(横浜流星)とパンダ(清野菜名)の過去がヤバイ! 横浜流星と清野菜名のW主演ドラマ【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う】(シロクロ) 2面性のあるレン(清野菜名)と謎のメンタ...
【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。】の動画
ドラマ【シロクロ】の動画は、Huluで配信中!横浜流星と田中圭が共演した【あなたの番です】、清野菜名の聖子ちゃんカット&アクションが見られる【今日から俺は!!】も見放題!まずは無料でお試しを!※2020年1月の情報です。
スポンサーリンク

【シロクロ考察】直輝パパ=森島哲也(田中圭)はなぜ殺された?

まず、森島哲也(田中圭)のプロフィールと事件をおさらいしましょう。

森島哲也(もりしまてつや)

森島哲也(田中圭)は、警視庁捜査一課の敏腕刑事だった。

男手一つで息子を育てながらさまざまな事件解決に取り組んできたが、8年前にある事件を追っている最中に失踪。

5年前に白骨化遺体として発見された。
※高校生時の直輝(横浜流星)が見たニュースで「3年前に失踪した森島哲也さんが白骨化遺体で発見された」とあったので、発見は5年前。

失踪直前まで哲也が追っていた事件はこれから徐々に見えてくるでしょう。

【シロクロ考察】直輝パパ(田中圭)とMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)の因縁とは?

森島哲也(田中圭)と、Mr.ノーコンプライアンスを名乗る法務大臣・佐島(佐藤二朗)には因縁がある。

Mr.ノーコンプライアンス/佐藤二朗の正体は法務大臣!

Mr.ノーコンプライアンスとは、直輝(横浜流星)のメンタリストとしての能力に目をつけ、グレーな事件にシロクロつけてくれと指令を出す謎の人物。

週刊誌やワイドショーで世間を騒がす事件が、グレーなまま間違った噂や憶測を拡散してしまう現状が許せず、法律では裁けない事件の真実を暴き出す活動をしている。

その正体はなんと法務大臣・佐島源造だった!(1話)

さらに直輝の恋人・佐島あずさ(白石聖)の父親であったことも判明!

佐島の行き過ぎた正義感には、過去に下した“ある決断”が関係している

佐島が過去に下した“ある決断”は、コアラ男による娘・あずさの誘拐事件と森島哲也(田中圭)の失踪、殺害?と関係しているでしょう。

哲也が追っていたのは、「あずさの誘拐事件」または、川田レン/ミスパンダ(清野菜名)とその母(山口紗弥加)が関わる10年前の事件。

またはその両方。

哲也は事件の真相を追ううちに、警察組織か政府の闇に近づいてしまい、殺されたのではないでしょうか。

【シロクロ考察】直輝パパ(田中圭)とパンダの謎


直輝(横浜流星)が幼い頃、哲也(田中圭)は直輝の誕生日にパンダのぬいぐるみをプレゼントします。

なぜパンダなの? と直輝が尋ねると、刑事だった哲也はパトカーと一緒の「シロクロ」だからと話します。

直輝は後に哲也からもらったパンダのぬいぐるみに隠されていたUSBを発見。

そこには直輝の彼女でテレビ局記者の佐島あずさ(白石聖)が中学生時代にコアラ男に誘拐され、1億円を要求している動画が入っていました。

またパンダについては、Mr.ノーコンプライアンス/法務大臣の佐島(佐藤二朗)が、直輝からミスパンダが事件を解決した報告を受けた後に、「よりによってパンダか」と呟いていました。

「パンダ」は森島哲也(田中圭)のことなのか、何かの隠語かもしれません。

とにかく「パンダ」が重要なキーワードであることは間違いないでしょう。

【シロクロ考察】佐島(佐藤二朗)が直輝(横浜流星)を操る理由は?

この投稿をInstagramで見る

‪こんばんは🐾‬ 今夜は直輝くんと一緒の写真✨ おとといの投稿の、パンダをメガネ置きにした犯人🐼👓 …‬…‪ではありません🙅‍♂️!!‬ ‪👓がメンタリストNと違う!と気づいた方、すごいっ👏✨‬ ‪#じゃあ真犯人は誰なのか‬ ‪#ヒントは今までの投稿の中に…‬ ‪#なくはないかも⁉︎‬ #当ててみてください🐼🤍 ‪#新日曜ドラマ‬ ‪#シロクロ #シロでもクロでもない世界でパンダは笑う‬ ‪#2020年1月12日‬スタート ‪#日曜よる10時30分‬ ‪#清野菜名 #横浜流星‬

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。【公式】(@shirokuro_drama)がシェアした投稿 –

白骨化遺体として発見された直輝パパ・森島哲也(田中圭)とは因縁がある佐島(佐藤二朗)は、なぜその息子の直輝(横浜流星)を操るのでしょうか?

佐島は1話で、グレーゾーンの事件の裏にも必ず白と黒がある。それを見てほしい。という意味のことを言っていました。

佐島が白黒にこだわるのは、「過去のある事件に下した決断」から。

あずさの誘拐事件で、あずさを救うためにグレーな決断(犯人を逃したとか)をした自分を許せなかったからなのか。

また直輝が佐島の指令で動くのはなぜか。佐島は恋人・あずさ(白石聖)の父親だから?

ほんのちょっとの表情の動きで人の心を読む能力を持つ直輝が、佐島について何も感じていないわけはありません。

父・哲也の事件の真相を探り、復讐を遂げるために佐島のことを調べているのだと思います。

あずさと恋仲になっているのも、復讐のため?

【シロクロ考察】森島哲也(田中圭)殺害犯人は佐島(佐藤二朗)が本命?

直輝の父・哲也(田中圭)の事件、哲也が追っていた事件、レン/ミスパンダと母親の精神を病ませている事件…。

いくつもの事件が絡み合っているであろう【シロクロ】。

法務大臣のくせに直輝とミスパンダを使って、グレーな事件にシロクロつけさせている佐島(佐藤二朗)はかなり怪しいですね。

大本命の臭いはプンプンしていますが、最初から怪しい人が犯人…とも単純には思えません。

【シロクロ考察】森島哲也(田中圭)殺害犯人・黒幕予想

1話の時点でもっとも怪しいのはMr.ノーコンプライアンス・佐島(佐藤二朗)。

でもレン(清野菜名)を見守る囲碁喫茶のマスター加賀春男(升毅)や、レンの主治医・精神科医の門田(山崎樹範)もキャスト的に怪しい。

あずさを誘拐したコアラ男の正体も気になりますね。

直輝パパ(田中圭)を殺した犯人・黒幕や事件の真相については、今後も各話を見ながら考察を続けていきます。

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
【dorama9】