2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【僕はどこから】原作のあらすじネタバレ!中島裕翔の能力の結末と映像化不能の銃撃戦に注目!

bokuhadokokara
出典公式HP

ドラマ【僕はどこから】原作のあらすじネタバレ!

中島裕翔 (Hey! Say! JUMP)主演のドラマ【僕はどこから】が2020年1月クールのテレ東「ドラマホリック」枠で放送!

原作を読んだ上で、内容をネタバレします!

他人の思考をコピーできる小説家志望の青年・竹内薫(中島裕翔)が巻き込まれる殺人事件の結末とは…。

ドラマのネタバレ記事も随時アップするので、放送の都度、確認してみてください。

今回はドラマ【僕はどこから】の原作あらすじネタバレなどについて!

*見逃してしまった方はParavi (パラビ)で視聴できます(2020年3月時点の配信情報です)

ドラマ【僕はどこから】のキャストとあらすじ!中島裕翔主演の青春異能クライムサスペンス!
出典テレ東 ドラマ【僕はどこから】のキャストとあらすじ! 2020年1月のテレビ東京「ドラマホリック!」枠は、中島裕翔(Hey! Say! JUMP)主演、間宮祥太朗が共演の『僕はどこから』。 原作は市川マサの、ヤング...
スポンサーリンク

ドラマ【僕はどこから】の原作は?


出典Amazon

ドラマ『僕はどこから』の原作漫画は、以下の全4冊。

『僕はどこから』 市川マサ :著、講談社刊(ヤンマガKCスペシャル)

  1. 2018年6月6日発売
  2. 2018年9月6日発売
  3. 2018年12月6日発売
  4. 2019年3月6日発売

原作のあらすじ概要

主人公:竹内 薫(演:中島裕翔)は、文章を書き写すことで、思考をコピーできる小説家志望の青年。

相棒:藤原智美(演:間宮祥太朗)はエリートヤクザで、薫と親しい同級生。

薫はバイト暮らしのため貧乏。さらに、認知症を患う母親がいるため、お金が必要だった。

今日も有名作家のモノマネと酷評され、編集者にボツにされる薫…。

そんな中、替え玉受験で大金を得られる話しが舞い込んできた。

薫と智美は、大いなる犯罪に手を染める。

ノンストップで一気読み必至な、クライムサスペンスの幕が上がる――!!

ドラマ【僕はどこから】原作の結末ネタバレ

ドラマ『僕はどこから』原作の結末をネタバレすると…

竹内 薫(演:中島裕翔)は、文芸雑誌の新人賞を受賞!

しかし、藤原智美(演:間宮祥太朗)は薫の前からいなくなりました。

薫は、ナゼ新人賞を受賞できたのか。

それは「借り物でない、自分の言葉」を見つけたから。

その代わり、薫は他人の思考をコピーできる能力を失います。

薫は、替え玉受験をした高校生・玲の気持ちを知りたくて「本気」で書きなぐったとき、自分の言葉を獲得しました。

それから10年後…。

「太宰(太宰治のこと?)の再来」と言われたのに、デビュー作以来、何を書いていいか分からなくなった薫。

雑誌インタビューなどをしています。(編集者でしょうか。)

薫は、10年ぶりに智美と再会。しかし「言いたいことがあるなら書け」と言われた薫。

僕の生きる力はどこから来たのだろう、今ここから(来る)…と薫が決意する、親友・智美との再会と別れがラストシーンでした。

ドラマ【僕はどこから】原作:1巻のネタバレ

あらすじ

文章を書き写すことで、思考をコピーできる小説家志望の青年・竹内 薫。人生に追い詰められた彼が、エリートヤクザ・藤原智美の導きで“自分さがし”を決意するとき、大いなる犯罪の幕が上がる――!!

出典Amazon

ネタバレ

薫(演:中島裕翔)は、貯金が約8万円になった。

薫の母・陽子(演:仙道敦子)は、若年性アルツハイマー型認知症を患っていた。骨折してしまい入院費もかさむ。

そんな中、ヤクザの藤原智美(演:間宮祥太朗)が薫の家にやってきた。薫と智美は仲の良い友人だ。

5年前、智美の妹・千佳(演:上白石萌歌)が行方不明になった。その時、薫が残された千佳の文章から彼女の思考を読み、居場所をつきとめた。それから交流を深めた薫と智美。

智美は、薫に替え玉受験を依頼する。小論文だけだ。4千万円のうち半分、2千万をくれるという。

入院中の陽子から「あなたは小説家になるのよ」と言われた薫。

違法行為をしたら小説家としてデビューできないと、智美の依頼に対して迷う薫。

受験生は井上玲(演:笠松将)。玲の母・涼子(演:須藤理彩)の異常なほどの剣幕もあり、替え玉を引き受けた薫。

順調に進んだが、薫は受験中に玲の「殺意」を読み取った。

受験終了後。薫が井上家に行くと、涼子が死亡していた。警察に逮捕された薫。

玲には犯行時刻中に受験したアリバイがある。

答案用紙の筆跡鑑定でも玲で間違いないというが・・・。*

*薫は相手の思考だけでなく、筆跡もコピーできるもよう。

ドラマ【僕はどこから】原作:2巻のネタバレ

あらすじ

文章を書き写すことで、思考をコピーできる小説家志望の青年・竹内 薫。親友でエリートヤクザの藤原智美と共に、犯罪に手を染めることに。その異能を活かして成功直前までこぎつけるが、一転、殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう!

出典Amazon

ネタバレ

薫(演:中島裕翔)は、任意同行でなく、逮捕状が出たため拘留されることに。

井上家に出入りしていた藤原智美(演:間宮祥太朗)も警察から取り調べを受ける。

東宮寺正胤(演:若林豪)は智美に、涼子殺害の犯人として友人=薫を売るように指示。

東宮寺は、井上家の父親が高級官僚のため、替え玉受験の見返りとして、カジノ計画の利益を得る予定なのだ。

しかし智美は薫を裏切らなかった。

薫は供述調書にサインするふりをして、急に書き写す。そして警察の思考をすべてコピー。

警察から智美へ質問した160項目すべての口裏を薫が合わせることに成功。

2人が読書会のために会っていたこと。井上家には川上弘美の小説『蛇を踏む』を玲に貸していて取りに行ったことなど、2人の証言はあっていた。

警察は薫を釈放した。

もちろん、東宮寺は激怒。しかし、智美は失敗したら1兆円払うという約束で、3日だけ猶予をもらう。

玲の行方は不明だったが、山田(演:高橋努)の捜査で福岡の北九州・小倉(こくら)にいると判明。

しかし山田は薫を犯人に仕立て、カジノの利益を井上家の父からもらう手はずで・・・。

ドラマ【僕はどこから】原作:3巻のネタバレ

あらすじ

文章を書き写すことで、思考をコピーできる小説家志望の青年・竹内薫。親友でエリートヤクザの藤原智美と共に、“替え玉受験”を敢行。その異能を活かして成功直前までこぎつけるが、一転、殺人事件に巻き込まれてしまう。ヤクザ・警察・マフィアに追われる二人は、決戦の地、福岡へ!

出典Amazon

ネタバレ

銃を藤原智美(演:間宮祥太朗)に届けるよう、山田(演:高橋努)から依頼された薫(演:中島裕翔)。玲の居場所がヤクザだからだという。

罠だと気づきながらも新幹線に乗る薫。

警察が薫を尾行しているため、銃の受け渡しのときに逮捕されるのは間違いない。

しかし福岡にて。薫は銃が入ってるらしき袋を山田に向けた。

反射的に銃を取り出した山田は、薫を尾行してきた警察に逮捕された。

…薫は銃をその場に持っていなかった。新幹線内で智美(演:間宮祥太朗)の世話係・権堂真司(演:音尾琢真)に銃を渡し、玲の居場所も伝えたのだ。

薫と智美のスマホのやりとりは通常1字だけ誤字を混ぜる。薫のスマホから代わりに山田が送ったメール(ライン?)は、誤字がなかったため、智美が異変に気付いたのだった。

しかし、山田は、警察たちに発砲。薫を人実にして逃亡した・・・。


一方。

智美は、玲の居どころである、山田の弟分・駿(演:岡崎体育)が経営するヤクザのダミー会社(清掃会社)へ乗り込んだ。

銃撃戦が繰り広げられる中、次々と死んでいく駿の子分たち。

ひとり残った駿の首筋に銃が当たった。

しかし、薫を人質にした山田が登場!

時間をかせぐ智美。そこへ権藤がやってきて山田を撃った。形成逆転だ!

「今日限りで兄弟ごっこも終わりだ」とわめく山田。

駿は「うおおおお」と泣いた。

そこで薫が園長先生の写真を見たいと言い出して・・・!?

ドラマ【僕はどこから】原作:最終巻(4巻)のネタバレ

あらすじ

藤原を追って拳銃を手に新幹線に乗り込んだ竹内に、山田の罠と警察の包囲網が襲いかかる!絶体絶命の彼に、藤原が繰り出した秘策とは? 一方、福岡へ到着した藤原は敵の本拠地「宝土清掃」に乗り込む。宝土率いるアウトローたちと、壮絶な殺し合いを始める藤原。莫大なIR利権を勝ち取るのは、どっちだ!?

出典Amazon

ネタバレ

薫(演:中島裕翔)が、“親父”こと養護施設の園長の写真にあった文章から思考をコピー。

薫がコピーした思考=園長「あたなを…あなたとして

重症を負った駿(演:岡崎体育)だったが、親父=園長のことを思い出す。

山田龍一(演:高橋努)に(代わりに)絵日記を上手く描いてもらった時…

回想:園長「上手な絵はどこにでもあるけど、駿の絵はまだ世界のどこにもない。私はそれが見たいんだよ

そう言って抱きしめてくれた。幼き日の駿は号泣した。回想終わり。

駿は出血多量で息絶えた。山田は「死ぬんじゃねえええ」と泣いた。


一方、井上玲(演:笠松将)はリチウムイオン電池爆弾を作成していた。飛行機を破壊するほどの威力がある。

部屋の壁中に「死ね」と多数書かれていた。薫は、彼の真意を読む。

玲の本心「お母さん大好き…

玲は思い出す。自殺しかけたとき母が止めてくれた。「大事な玲ちゃん、死なないで」と泣いていた母。

玲はなぜ大好きな母を殺したのか。

理由は薫たちが替え玉受験をしたことがきっかけ。

回想:玲の本心「僕を否定しないで

玲「僕はどに行けばいいんだ、意味がない、価値がない」

替え玉受験の日、フラフラとした足取りで家に帰った玲は、

帰ってきちゃダメじゃない。ここにいないことになってるのよ」と母に否定されたとき、花瓶で何度も母を殴打。回想終わり。

・・・玲は自殺して薫たちを困らせようとした(=失敗したら組の親分に殺される)が、怖くて死ねなかった。

智美に「否定しねえぞ、俺はお前を。今までよく頑張ってきた」と言われた玲は泣き崩れた。


東京へ帰った智美は、玲の殺人をもみ消すため、山田を真犯人に仕立てた。

カジノの利権も講談会にわたることになり、智美の命も繋がった。

一件落着だ。


ここからは先述した原作結末へつながる。

付け加えるならば、10年後、井上涼子の墓参りにて、薫と智美(と玲)が再会したこと。

そして井上玲が智美の弟分になっていたことくらい。

玲はおそらくヤクザの仲間入りしたのでしょう…。

小説を書き始めるだろう、と予感させる薫。

原作のラストカットは薫が手を振る背中のシーン。

「僕はどこから。今ここから」と薫のナレーションもありました。

ドラマではアレンジして、ベタですが、薫が新作小説『僕はどこから』(または『僕は今から』)を書き出すラストなんてシャレてるかも?

ドラマ【僕はどこから】原作あらすじネタバレのまとめ

以上、ドラマ【僕はどこから】原作のあらすじネタバレを紹介してきました。

原作・第3巻の壮絶な銃撃戦。というか殺戮は「GANTS」(ガンツ,奥浩哉による漫画)の殺戮シーンを思い出すくらい、とても迷いのない殺人シーンの連続でした。目がすわっているというか鬼気迫る表情の、殺人マシーンのような智美には注目です。

第3巻の銃撃戦の映像化はどうするのか、ドキドキですね。

では、ぜひ3か月間楽しみましょう!


※ドラマ【僕はどこから】の関連記事

【僕はどこから】1話のネタバレと感想!中島裕翔がタバコでむせて可愛い!?
画像出典:テレ東 ドラマ【僕はどこから】1話のネタバレと感想! ドラマ【僕はどこから】1話がテレビ東京系で2020年1月8日深夜に放送されました。 主演・中島裕翔がタバコでむせるシーンが可愛い(!?)と話題に! ...
【僕はどこから】2話のネタバレと感想!薫(中島裕翔)の腹をくくる表情が好評!
画像出典:テレ東 ドラマ【僕はどこから】2話の視聴率とネタバレ! ドラマ【僕はどこから】2話がテレビ東京系で2020年1月15日深夜に放送されました。 2話は、薫(中島裕翔)がついに腹をくくった!? 決意の表情に...
【僕はどこから】3話のネタバレと感想!ラストで中島裕翔が感じた衝撃場面が話題!
画像出典:テレ東 ドラマ【僕はどこから】3話のネタバレと感想! ドラマ【僕はどこから】3話がテレビ東京系で2020年1月22日深夜に放送されました。 放送後、ラストで中島裕翔が感じた衝撃場面が話題! 今回は【僕は...
【僕はどこから】4話のネタバレと感想! 智美(間宮祥太朗)の裏切りが話題!
画像出典:テレ東 ドラマ【僕はどこから】4話のネタバレと感想! 中島裕翔主演のドラマ【僕はどこから】4話がテレビ東京系で2020年1月29日深夜に放送されました。 逮捕された薫(中島裕翔)。友人の智美(間宮祥太朗)がま...
【僕はどこから】5話のネタバレと感想!薫と智美の最強バディに、スカッと!
画像出典:テレ東 【僕はどこから】5話のネタバレと感想!薫と智美の最強バディに、スカッと! 中島裕翔主演のドラマ【僕はどこから】5話がテレビ東京系で2020年2月5日深夜に放送されました。 今回は【僕はどこから】5話の...
僕はどこから
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
【dorama9】