【きのう何食べた?正月スペシャル】第2章の原作とネタバレ!ジルベールのキムチチゲが食べたい

【きのう何食べた?正月スペシャル】第2章の原作とネタバレ!ジルベールのキムチチゲが食べたい

第2章では、なんとジルベールことワタル(磯村勇斗)が手料理を!!

「ノルウェイの森」が話題になった理由は?

今回は【きのう何食べた?正月スペシャル】第2章の原作ネタバレ、ドラマのネタバレ、感想について!

【年末年始ドラマ】2019-2020のスペシャル番組一覧!再放送・イッキ見も豪華! 2019年末から2020年新春のスペシャルドラマ情…
【きのう何食べた?正月スペシャル】第1章の原作とネタバレ!三谷まみ(宮沢りえ)にケンジが嫉妬! 2019年の大ヒットドラマ【きのう何食…
スポンサーリンク

【きのう何食べた?正月スペシャル2020】第2章のあらすじ

4月下旬のとある土曜日の夜。史朗と賢二の家で、小日向は憔悴しきっていた。つい数時間前のこと。急な仕事を断れず、航との約束をキャンセルして潮干狩りへ行った小日向は、大量のアサリを抱えて帰宅した。もともと機嫌が悪かった航は、そのアサリを見るなり号泣。
「アサリが苦手だ」と泣き叫び、「なんの仕返しだ」とヘソを曲げてしまう。仕方なく史朗たちの家にアサリを持ちこんだというわけだ。いつもの騒ぎかと思いきや、この日の小日向はなぜか深刻な顔つきで…。
デイトレーダーの航は、自宅で仕事をしている。この日のトレードを終えた航は、冷蔵庫で食べ物を探すが、気分に合ったものが見つからなかった。そんな中、冷凍庫で史朗が小日向に持たせたアサリのパックを発見する。何かを思いついた航が、珍しく料理をしようと外へ出ると、買い物中の賢二と遭遇。意外な共通点で意気投合する。

【きのう何食べた?正月スペシャル2020】第2章の原作

【きのう何食べた?正月スペシャル2020】第2章の原作は、コミックス7巻54話が中心。

ついにジルベールと小日向の私生活が見られますよ!

ジルベールのキムチチゲ(コミックス7巻54話より)

ジルベールことワタルは実はデイトレーダー。

1日2万円儲けたらやめるのが主義。

お腹が空いたジルベールは冷蔵庫をのぞくと冷凍アサリと豚バラ、キムチ、豆腐を発見。

ニラとえのきを買い足して「キムチチゲ」を作ることに。

小日向が味噌汁のために作り置きしておいた煮干しの出汁と、シロさんからもらった冷凍アサリを使ったから、おいしいに決まっている。

がっつり食べ終わった頃、小日向が帰宅。

自分の帰りが遅かったから…、ごめん!と謝る小日向に、「ノルウェイの森」って読んだことある? と言い出すジルベール。

「ノルウェイの森」に出てくる女の子のたとえ話を持ち出して、つまりどんなワガママも聞いてくれるような愛を求めてると説明する。

いつも十分ワガママ放題なジルベールの主張を飲まされる小日向は、ジルベールのキムチチゲの残り物が思いの外美味しかったことに救いを感じるのだった。

【きのう何食べた?正月SP2020】第2章のネタバレ

ケンジとジルベールの共通点とは、「わさビーフ」好きってことでした。

わさビーフは、いろいろな味のチップスを販売している山芳製菓の看板商品です。

いつも料理をしてもらう側のケンジとジルベールがそれぞれ買い出しに行って、スーパーでバッタリ。

わさビーフ売り場で意気投合することに。

ジルベール曰く「わさビーフは神の食べ物なんだから!」。

自作のキムチチゲに満足しつつお腹いっぱいになったジルベールのもとに小日向が帰ります。

「和食が食べたい」というジルベールの希望にのっとり、グルメな和食を買い込んできたのに、キッチンはキムチとニンニクの匂いが充満しているし、散らかり放題。

自分が遅かったから自分で作って食べたんだね・・という小日向にジルベールは言いたい放題。

原作では村上春樹の名作「ノルウェイの森」に出てくる女の子のセリフ(つまりどんなワガママも受け入れてくれる愛を求めてるという事例)をクドクドと述べるジルベールでしたが、ドラマではさすがにまずいのか?

作品名は出さずに「小説」として構成されていました。

そして原作では、「ワガママ正当化しすぎるジルベールに辟易する小日向さんがキムチチゲの美味しさにちょっと救われる」という構図でしたが、ドラマでは少しアレンジされていました。

ジルベールは自分で作ったキムチチゲが美味しかったので小日向にも食べてもらいたかった。

「部屋がニンニク臭いままになるから残りものを食べてくれるよね」的にしか言えないひねくれ者のジルベールですが、実は小日向の分のお皿も用意してあったのです。

小日向はそれに感動して、2人とも幸せになった。

原作ではジルベールがただのワガママで残飯整理を命じたのかがわかりにくかったのですが、実はそういう気持ちもあったんでしょうね。

【きのう何食べた?正月SP2020】第2章の感想

正月スペシャル第2章の感想です。

ジルベールのキムチチゲが食べたい!

なんでもぶっこみまくり的に作ったジルベールのキムチチゲ。

まさかこれで泣かされるとは…。

自分のために食器が用意されていたことにちゃんと気づけた小日向さん、やっと報われましたねw

ジルベールが引用したのは「ノルウェイの森」緑のセリフ

原作でジルベールが自分の気持ちを伝えるために引用したのは、「ノルウェイの森」緑の「ショートケーキの話」でした。

小説名は出さなかったけど、わかる人にはわかり、話題に!

小日向(山本耕史)のタンクトップ料理に悶絶

ジルベールの回想シーンで料理する小日向さん(山本耕史)はいつもタンクトップ姿!

笑いがこらえられない、と話題に!

山本耕史は2019年秋の主演ドラマでも鍛え抜いた(鍛えすぎた?)肉体を披露してきましたが、ちょっとそっち系に走りすぎ?

【きのう何食べた?正月スペシャル2020】第2章のまとめ

ツンデレ、小悪魔、ドS…、そして食えないヤツ。

いろんな形容詞がどれも当てはまるようで、当てはまらないのがジルベール/ワタル(磯村勇斗)なんですよね。

ジルベール=ワタルを生み出していただいた、よしながふみ先生も、ドラマで演じている磯村勇斗さんも素晴らしい!

本編では見られなかったジルベールと小日向(山本耕史)の2人の生活、わがままジルベールだって愛をもらってるだけじゃないよということが垣間見られて視聴者も幸せのお裾わけをいただけた1話でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク