【シャーロック】10話の視聴率とネタバレ!ラストシーンが佐々木蔵之介黒幕説を思わせる!

シャーロック3

月9ドラマ【シャーロック】10が12/9(月)に放送されました。

犯罪捜査専門コンサルタントと、とある事件で出会った精神科医である相棒が、難事件を解決していくドラマとなっています。

誘拐された都知事の息子を見つけ出すことは出来るのか?

今回は、【シャーロック】10話の視聴率とあらすじネタバレ、感想についてご紹介。

見逃してしまった方は、FODプレミアムにて視聴できます!

スポンサーリンク

【シャーロック】10話の視聴率

シャーロック10話

【シャーロック】10話の視聴率は8.8%。

【シャーロック】10話のあらすじ

~【シャーロック】10話のあらすじ~

江藤礼二(佐々木蔵之介)誉獅子雄(ディーン・フジオカ)に、いつも以上に頭を下げて事件解明を頼み込んでいる。若宮潤一(岩田剛典)が誘拐事件では獅子雄への依頼は無理だと言うと、江藤は誘拐されたのが鵜飼昇平都知事(大鶴義丹)の息子だと明かす。鵜飼のもとには息子を預ったという脅迫メールが届いていた。江藤が必死になるのも無理はない。さらに江藤が頼んでいると、獅子雄が珍しく報酬を取ると明言して引き受けた。不思議に思う若宮。すると、獅子雄は世話になったので少しは若宮に金を払っておかないと・・・と、意味深な言葉を告げる。

獅子雄は若宮と江藤、小暮クミコ(山田真歩)と鵜飼の息子、椋介(浦上晟周)が通う高校の寮へと向かう。迎えたのは、鵜飼の第二秘書、津崎洋平(松島庄汰)だ。津崎の案内で、獅子雄たちは椋介の部屋へ。そこには、同部屋で椋介と同じバスケットボール部の竹内(佐久間悠)がいた。竹内は昨夜23時ごろまで椋介は部屋にいたが、その後は自分も寝てしまい分からないと証言している。その後に椋介がいなくなったのだが、竹内は室内で誰かと争うような物音は聞いていないと言う。江藤と若宮は、椋介と犯人が知り合いか、椋介自身が自ら出て行ったと推測。だが、獅子雄は裏口には誰も通った形跡がないことを確認していた。

事務室で正門の防犯カメラを確認すると、椋介が出て行く姿が映っていた。次に獅子雄たちはバスケットボール部のコーチ、灰田聡(増田修一朗)に話を聞きに行く。生徒への指導を見ていた若宮は、灰田に関してある疑念を抱き・・・。

【シャーロック】10話の感想まとめ

第10話のテーマでもあったように思える「灯台下暗し」。

ラストシーンでは、屋上でなぜか「君が代」を歌っている江藤の姿も。

視聴者の皆さんからの声も多かったですが、まさか江藤が!?と思わせる演出でした。

果たして守谷の正体は!?

ついに!

最終回となります次回の放送は、12/9(月)21時~となりますので、お見逃しなく!!

記事内の画像・動画出典:シャーロック  公式HP

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク