2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【みをつくし料理帖2019】前編のネタバレと視聴率!料理か?恋か?澪の心星は?

みをつくし料理帳

前編「心星ひとつ」

NHKで放送された時代劇の料理をテーマにしたドラマ【みをつくし料理帖】がスペシャル(以下2019)として帰ってきました。澪と小松原の恋が急激に進展していきます。

そして、澪はある決断を迫られます。澪の心星による決断はどうなるのでしょうか。

今回の記事ではスペシャルドラマ【みをつくし料理帖2019】前編のネタバレ、視聴率などをお伝えします。

SPドラマ【みをつくし料理帖 2019】のキャストとあらすじ!黒木華の絶品料理が再び!
2017年NHK総合で人気を博したドラマ【みをつくし料理帖】の待望の続編がスペシャルドラマとして帰ってきます。 【みをつくし料理帖 2019】では主演・黒木華(役:澪)が作る絶品料理が再び登場し、恋の行方も気になるところです。...

「みをつくし料理帖2019」を視聴するには?

【みをつくし料理帖2019】は残念ながらTVerでは配信しておらずNHKオンデマンドのみです。

U-NEXTを通しての視聴をオススメします。

新規登録における31日無料トライアルに登録すると1000ポイントが貰え、これを使えばNHKオンデマンドの「見逃し」または「特選」見放題が1か月無料で利用できます。

【みをつくし料理帖2019】前編・後編は放送後2週間の「見逃し」配信、連ドラ(全8話)は「特選」見放題配信されています。

※ 2020年4月30日 23:59まで配信予定、【みをつくし料理帖2019】前編・後編が「特選」見放の対象になるかは不明です。
全て2019年12月16日(月)現在の情報です。最新の配信情報はU-NEXT公式サイトでご確認ください。

スポンサーリンク

【みをつくし料理帖2019】前編の視聴率

【みをつくし料理帖2019】前編「心星ひとつ」の視聴率は分り次第、お伝えします。

【みをつくし料理帖2019】前編のあらすじ

江戸にある小料理屋「つる家」は女料理人・澪(黒木華)の料理と人柄で賑わっていた。また、吉原「翁屋」の料理番・又次(萩原聖人)も店の手伝いに来てもらっていた。

仕事が一段落した後、常連の小松原(森山未來)が店にやって来る。相変わらず澪を「下がり眉」と呼びそっけない態度を取ってただ料理を食べる小松原だったが、澪は小松原の髪に緑色の何かがついているのを発見し取る。

小松原によると「ほうき草(ははきぎ)」とよばれる植物で故郷では実も食べたという。初めて聞く小松原の身の上話に澪も聞き入ってしまう。なんだかんだ言っても2人の仲は良さそうだった。

ある日、武家の奥方・早帆(佐藤めぐみ)が澪に料理を教えて欲しいとやって来る。

  • 煮魚はパサパサ
  • 焼き魚はボロボロ
  • 湯豆腐は軽石のよう

と自分で言うのはなんだが早帆の料理の腕はひどいという。「つる家」の主人・種市(小日向文世)、芳(安田成美)の許可を得て、澪は早帆に料理の指南をしていく。

その最中、早帆の母は腎臓の病とむくみに苦しんでおりで長くないかもしれないと聞かされる。

ある日、「つる家」の常連の医者・源斉(永山絢斗)がやって来る。早帆の母のこともあり源斉に「むくみにはほうき草の実がよく効くこと」を教えてもらう。

「ほうき草の実」を食べるには熱湯で茹でた後、冷たい水でよく洗うなどとにかく手間が掛かった。その夜、澪は冷たい水で手が赤切れになるほど「ほうき草の実」の下ごしらえを懸命に行っていく。

一方、小松原こと本当は将軍に仕える身分である小野寺は江戸城にいた。仕事熱心だが同じく働く義理の弟・駒澤弥三郎(波岡一喜)から世継ぎの心配をされてしまう。

翌日、料理の指南の最中に早帆は澪に「思いの人はいるのですか?」と尋ねてくる。「その人はあなたによく似た人、ただ健やかにいて欲しい」と答える澪。

その後、澪は早帆に「ほうき草の実」とそれを使った料理の作り方を教え、「母上様に食べさせて欲しい」と頼む。が、早帆は澪を強引に連れ出してしまう。

連れてこられたのは大きな武家の屋敷でいわれるがままに厨(くりや・台所)でははきぎ料理を作らされる。そして、早帆の母親・里津(富司純子)に食べてもらうことになる。

はきぎ料理に満足した里津は人払いをし、早帆と澪の3人で話をする。実は里津は小松原(小野寺)の母、早帆は妹だった。早帆は独り身の兄を心配して澪の関係を探りにいて、澪のことを母に勧めていた。

里津は町娘で料理人である澪のことが気がかりだったが料理の腕と赤切れになるまで真心を込めた姿に感銘を受けていた。そして…。

【みをつくし料理帖 2019】前編のネタバレ

それぞれの本心

「息子の嫁になって欲しい」

と澪に頼む。早帆も武家の女房として相応しい女性になれるように協力するという。「お許しください」と澪は心の整理が付かずに逃げ出してしまう。そして、激しい雨が降る竹林で「怖い…助けて…」と震えてしまうのだった。

翌日、「つる屋」で何事も無かったように振舞う澪。そこに小野寺家の使用人・多浜重光(徳井優)がやってきて全てのことを打ち明ける。

小松原の正体や武家への縁談話に驚き、声が出ない種市と芳。一先ず返事は後回しにすることになった。

その夜、澪が明日のために鍋に火を掛ける中、小松原が「つる家」にやって来る。小松原に対して種市は「筋を通して話すべきことがあるじゃないですかい?」と投げかける。身分を隠していたことを謝る小松原だったが、

「そういうことじゃねぇ!!澪の気持ちのことだ!!!」

と激怒する種市。澪を実の娘のように可愛がり、気持ちに気付いていたからこそだった。

2人だけで話をする澪と小松原。姉達のことは知らなかったとしつつも中々本心を話さない。重い空気が漂う中、火に掛けていた鍋が焦げてしまう。

その様子を見て笑う小松原。澪は「笑いすぎですと」返す。すると突然

「俺の女房にならないか?ともに生きるならば下がり眉がよい」

と小松原が告白する。戸惑い顔を手で隠す澪にもう一度同じことを聞く小松原。

「はい…」

と澪は大きくうなずくのだった。

その日は綺麗な満月だった。満月を見ながら小松原は「決して無理はするな」と言い残して城に戻っていった。

新しい門出と別れの時

縁談が決まり「つる屋」喜ぶ一同。その後、急に天気は崩れ土砂降りになってしまう。

そんな中、源斉がやってきて「おめでとうございます」とだけ話して傘を忘れてすぐに出て行ってしまう。傘を持って追いかける澪。源斉は傘を受け取り無言で頭だけを下げて去っていく。

翌日、早帆のもとに挨拶に行く澪。父の形見だけ持っていくことを許して欲しいと頼み込む。武家ましては小野寺は食に関わる役職なので本来は駄目だが、家のものに見つからないようにと許可を出してもらう。

料理人の澪がいなくなるので「つる屋」は今月いっぱいでいったん閉め、新しい料理人が見つかり次第再開することになる。種市は又次にこんどのことも頼むも「澪がいないのならば…」と断られてしまう。

澪は又次に吉原の花魁であり幼馴染の朝日太夫(成海璃子)の弁当を渡すも「これっきりにして欲しい」と言われてしまう。縁談を聞いた朝日太夫は喜びつつも「武家の女房と花魁は関わらない方がいい」と判断してのことだった。

さらに武家の女房に求められるのは料理ではなく、今後は包丁も持てなくなるかも知れないと現実を突きつけられる澪。

心星

その夜、途方にくれていた澪は見回りをしていた源斉と出会う。「迷った時、先生はどうするのですか?」と訪ねる澪に源斉は「心星を探します」と答える。

「心星とは夜空の中で唯一動かない星のことで、他の星の軸となるもの。」

「自分の中でこれだけは譲れないもの。それこそが生きるための心星でしょう」

源斉の言葉を受けて澪は

  • 大阪から江戸に出てきてときのこと
  • 「つる屋」を切り盛りしたこと
  • 新しい料理開発に打ち込んだこと
  • 料理を食べた人々の笑顔

などこれまでのことを思い返していく。

雪がしんしんと降る日の早朝、小松原はお稲荷様の元で書置きと櫛を見つける。「早朝にてお待ちしてます候」と書かれており、後ろには澪がいた。

「お許しくださいませ!!」

と頭を下げる澪。

澪「料理を手放すことは出来ません。料理人としての道を全うしたいのです。」

小松原「その道を選んだのだな…」

澪「はい!!」

小松原「そうか…あい分った。ならばその道を行くのだ。後のことは全て俺に任せておけ!!」

小松原は櫛を頭に掛けてやりさらに、

「その道を行くと決めた以上迷うな!!道は1つきりだ!!」

と檄を飛ばす。その言葉を聞いた澪は涙を流すも選んだ道を進む覚悟を決めるのであった。

【みをつくし料理帖 2019】前編の感想まとめ

澪の心星に涙

今回のスペシャルは連ドラ(全8話)をみていることが前提で

  • 澪の料理への思い
  • 小松原や源斉との関係
  • 朝日太夫との友情

などの描写が弱く、このあたりを把握しておきたいところでした。

それでも澪の決断と暖かくも厳しく檄を飛ばす小松原の優しさには涙が止まりませんでした。

江戸時代の町娘と重役に就く武士との身分違いの恋、結ばれるには相手の色に染まらなければならず料理は捨てなければなりませんでした。最終的に澪は自身の本心(心星)に従って決断し、それは決して小松原とは結ばれないことを意味しています。

「無理をするな」と言っていたように小松原は澪の本心(心星)を見抜いていたようですね。

さて次週後半は澪の幼馴染で吉原一の花魁・朝日太夫に迫っていきます。今回、「朝日太夫の身請けには4000両もの大金が必要」と示されましたが澪はどうするつもりでしょうか?

後半「桜の宴」は12/21(土)21:00からです。お見逃し無く。

この記事で使用している画像の引用元: 既刊本紹介 | みをつくし料理帖/髙田郁 – 角川春樹事務所

 

スペシャルドラマ
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
【dorama9】