【悪魔の弁護人】2話の視聴率とネタバレ!衝撃のどんでん返しに好評の声!

悪魔の弁護人
出典東海テレビ

【悪魔の弁護人】の2話の視聴率とネタバレ!

要潤主演のドラマ『悪魔の弁護人 御子柴礼司-贖罪の奏鳴曲(ソナタ)-』(東海テレビ・フジテレビ系)第2話が2019年12月14日(土)深夜に放送されました。

衝撃のラストまで目が離せない『世田谷夫殺し』裁判、堂々の解決編!どんでん返しの連続で視聴者にも好評!?

今回は【悪魔の弁護人】2話の視聴率とネタバレ、感想まとめなどについて。

ドラマ【悪魔の弁護人・御子柴礼司-贖罪の奏鳴曲(ソナタ)】のキャストとあらすじ!要潤主演
出典東海テレビ ドラマ【悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~】のキャストとあらすじ! 要潤の主演で、ドラマ『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』が12月7日スタート。 津田寛治、ベッキーが...
【悪魔の弁護人・御子柴礼司】の視聴率と最終回ネタバレ!原作結末は親を捨てるバッドエンド?
出典東海テレビ 【悪魔の弁護人・御子柴礼司】の視聴率と最終回ネタバレ! 要潤主演のオトナの土ドラ【悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)】が2019年12月7日(土)スタート。 中山七里氏の原作小説を読んでみ...
スポンサーリンク

【悪魔の弁護人】2話の視聴率

悪魔の弁護人-2話
出典東海テレビ

『悪魔の弁護人』2話の視聴率は3.3%

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)

【悪魔の弁護人】2話のネタバレ

あの“死体配達人”事件の犯人が、御子柴(要潤)――?
彼がかつて日本中を震撼させた殺人事件を犯した元少年Aだと知り、動揺する洋子(ベッキー)。親友で記者のあすみ(玄理)は「絶対に許せない」と御子柴を調べ始める。果たして御子柴は本当にあの“死体配達人”なのか――

一方、御子柴は『世田谷夫殺し』事件の被告人・津田亜季子(奥菜恵)が何かを隠していると確信していた。手がかりを求めて亜季子の生家があった福岡へ飛んだ御子柴は、かつて亜季子の主治医だった老医師・溝端(大林丈史)から、亜季子の幼少時代に家族が大きな悲劇に見舞われたことを聞き出す。その悲劇をきっかけに亜季子は記憶障害になったというが、御子柴が聞きたいことは別にあった。
「もしかして津田亜季子には別の症状もあったのでは?」

その頃、洋子はあすみと共にとある人物を訪ねていた。稲見武雄(勝野洋)。御子柴がかつていた医療少年院の担当教官だという。御子柴が、かつて14歳で凶悪犯罪を犯した死体配達人・園部信一郎なのではないかと稲見に聞くあすみ。

だが、稲見は昔のことは忘れたと話を早々に切り上げる。洋子はあすみと別れ、1人でもう一度稲見に問いかける。自分は今、御子柴の事務所で働いている。本当の御子柴が知りたい、と。そんな洋子を稲見はじっと見つめるが――

出典https://www.tokai-tv.com/akumanobengonin/story/02.html

御子柴は園部信一郎だと洋子に認めていた。しかし洋子はあすみに告げ口をせず、稲見元教官の老人ホームへ同行した。

稲見は洋子を見つめたあと、「言葉はいくらでも嘘をつく、本当のことが分かるのは何をやるかってことだけだ」と告げて去る。

福岡から戻った御子柴は、検事の岬(津田寛治)と食堂で同席。岬が、どこで裁判の手法を学んだのかと問うと…

「あなたたちはワルという人種を知らない。」と告げた御子柴は、「必要なものはすべて現場に落ちている。大事に保管しておくんだな」と岬に忠告した。

御子柴は、再び津田家を訪れる。いまだ、体調を崩し部屋にこもっている長女の美雪(豊嶋花)。次女の倫子(本保佳音)のよると美雪は父から暴力をふるわれていなかったという。

そんな中、亜季子の義父の要蔵(山田明郷)が津田家を訪れてきた。伸吾(渡辺慎一郎)が株を購入していた東京モーゲージから取引き履歴には4回10万円の追証(おいしょう)、つまり追加で証券を購入していた。無収入の伸吾に対し、要蔵が資金提供をしていた。要蔵は「バカな息子だが突き放せなかった」という。

あすみは御子柴に直撃。死体配達人だと認めたため記事にするつもりだ。「あいつを辞めさせるのは正義だと思う」というあすみに「裁判が終わるまで待ってほしい」と懇願したが、デスクに記事は送ってしまったという・・・。

第2回公判で衝撃告白!

第2回公判で、亜希子の妹の話しを持ち出す御子柴。亜希子は妹を忘れていた。

亜希子の元主治医・溝端は、PTSDから記憶障害なことを証言。さらに脅迫神経症を患っていたことも明かす。

被害者の自宅写真を見た溝端は、現在も神経症を患っていると指摘。「彼女は先端恐怖症です。」

つまり、とがった物=カッターナイフをつかめない。夫・信吾を殺害することは不可能だ。

やめてえ!わたしが殺したの!

亜希子は叫ぶが、御子柴がとがった物を見せると狂乱。

台所には包丁・調理用ハサミがひとつもない。

凶器のカッターは、ある人物をかばうために凶器に指紋をつけていた。御子柴は真犯人は明かさなかった。

岬はトラウマや記憶障害が演技の可能性を指摘。

御子柴「原因となった事件を聞けば分かりますよ。被告人、わたしが誰か分かりますか。ずっと以前にお会いしたことがあります。福岡で4つ下の妹をとても可愛がっていた。しかしバラバラになって発見された。犯人は死体配達人といわれた園部信一郎です。」

亜希子「いやあああ。」

泣き崩れた亜希子は「あなた、園部信一郎??人殺し!みどりを返してえ!」

御子柴は「これでも被告人が演技と言えますか」と反論した。その場で御子柴は解任された・・・。

真実は残酷で…

御子柴の法律事務所に岬がやってきた。死体配達人が弁護士になったことをオカシイと指摘。そして、「刺したのは長女の美雪。そうなんだろ」と問う。被害者の伸吾が性的虐待を繰り返していたから報復またま過剰防衛だという。

御子柴と洋子・岬は津田家へ行く。伸吾を殺害したのは美雪だが、殺害動機は別だ。美雪を凌辱していたのは要蔵だった。しかも美雪は、父から売られたも同然だった。要蔵から息子への4度の資金提供は、美雪を買う代金だ。(台所に捨てられていた避妊具のパッケージには要蔵の指紋があるだろう)

御子柴「このままでいいのか。罪を償わないままでは一生後悔するかもしれない。お前(=美雪)が決めるんだ」

美雪は「ごめんなさい」と何度も泣いて謝った。

要蔵は「死体配達人のくせに」と捨て台詞。

帰ってきた倫子は姉を(意味もわからず)見送るが、母が帰ってくることに歓喜した。


洋子は、御子柴が罪を償うために亜希子の弁護を奪ってまで担当したのだと思った。だから事務所を辞めないと決めた。

「好きにしろ」と御子柴は告げる。

帰り道。御子柴は里美にナイフで刺された。「天罰よ、この悪魔」

*里美は第1話にも登場。息子をいじめた加害者を弁護した御子柴を逆恨みしている。

【悪魔の弁護人】2話の感想

御子柴礼司シリーズのテーマ「贖罪」が浮き彫りになってきた第2話。

言葉でなく行動で示す御子柴。無愛想ながら、罪を償うことが救いであると知っているんですね。

美雪へ「後悔するぞ」と語りかける要潤さんの演技が秀逸。

ラストでは刺された御子柴。

次回予告で生きているとわかるので、次回に期待させる引きとしては弱かったか。

でも原作第1巻「贖罪の奏鳴曲」のラストと同じなので、原作どおりです。

事件の真実も二転三転のどんでん返しがあって見応えありました。

あと、ベッキーが週刊誌の記事をまだ出さないで欲しいと友人に頼むのは、どうしても週刊文春を思い出しちゃいますね。

そして「正義とは何か」と自問自答するベッキーが、不倫発覚の当時、すごく世間から叩かれていたことって正義なのかとも思ってしまいます。

不倫は良くないけど、叩くことが快感だったりしてなかったか、とか…。

所得無申告とか薬物問題に比べたら、そこまで非難すべきか、とか…。

すこしズレましたが、贖罪はできるのか、というテーマを掘ってくれる作品なので今後も期待しています。

【悪魔の弁護人】2話のツイッター反応

要潤、ベッキーに賞賛の声


おぞましいラストが衝撃!

【悪魔の弁護人】2話のまとめ

真面目な展開な本作ですが、解決編はどんでん返しの連続で、視聴者に好評だったようです。

なぜ御子柴が弁護を引き受けたのか、その衝撃告白。

そして長女のほんとの殺害動機。

あまりに苦しい真実ですが、美雪ちゃん、きちんと償ってほしいものです。

さて、これにて『世田谷夫殺し』裁判が完結となりました。

こんな感じで前後編で裁判をしていくのでしょうか。

原作本が4冊でおそらく全8話なので。

悪魔の弁護人の本性が明かされ、今後も目離せない展開になりそうです。