2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【やすらぎの刻~道】173話のネタバレと感想!あなたは誰、と藤竜也に問う松原智恵子

【やすらぎの刻~道】173話のネタバレと感想!

八百長試合で傷ついた秀次(藤竜也)は、めぐみ(松原智恵子)を見舞うが、めぐみから「あなたは誰」と言われてしまい……。

倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】173話が2019年12月5日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】173話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!「やすらぎの郷」との徹底比較
テレビ朝日【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!初回から最終回までの視聴率を随時更新。前編「やすらぎの郷」の最高視聴率と平均視聴率を掲載。最新ニュースやゲスト出演者についても更新。週単位でのあらすじも掲載。テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本。出演は風間俊介、石坂浩二ほか。
ドラマ【やすらぎの刻~道】キャストとあらすじ!トットちゃん出演決定!?
『やすらぎの郷』の続編「帯ドラマ劇場」『ドラマ【やすらぎの刻~道】キャストとあらすじと主題歌などを紹介。テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰の脚本にも注目。石坂浩二、浅丘ルリ子らの前編からのキャストといしだあゆみや大空真弓ら新メンバーを紹介。二層構造のドラマで昭和時代を描く「道」のキャスト、風間俊介や清野菜名を紹介。
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】173話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】173話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】173話のネタバレ

やすらぎ体操を張り切る面々。
どうやら決闘は、ある意味刺激になったようだ。

橋本の話によると、なんとも、翌日のみんなの食欲はすさまじかったという。
認知症の進んだ怜子(大空眞弓)は、なんども闘っていない秀次のことを「強かったわね」と言うのだった。

**

マヤ(加賀まりこ)、冴子(浅丘ルリ子)は、秀次の話になり……。
「あんた、あの人のスタミナ試したの」なんて言い合っている。

**

菊村は、ジムに行き、原田剛(伊吹吾郎)と那須十三郎(倉田保昭)にお礼をし、スタッフルームにもお礼をいいにいく。

スタッフは、秀次(藤竜也)が気分を害されたのでは、と心配している。
八百長もバレているのでは、と言い出す。
そして、秀次は相当傷ついているのではにないだろうか、と。

**

秀次はめぐみ(松原智恵子)を見舞う。
めぐみは、秀次を前にして
「秀次は死んだの。私が殺したの」といいながら
「あなた秀さん?」と。

「秀さんかどうかテストをします」とめぐみは秀次に次々と質問をする。

そこに看護師がやってきた。
めぐみに「この人は秀次さんです」と伝える。
めぐみは、秀次は死んだのに変だな、とつぶやく。

**

カサブランカ

マヤ(加賀まりこ)が
「マロが倒れた」と言う。

菊村(石坂浩二)は、マロはいよいよがんの症状がでてきたかと心配する、
しかし、動揺をマヤに悟られまいと話を変えた。

<続く>

【やすらぎの刻~道】173話の感想

めぐみは少女のようです。秀次は認識されなくても、めぐみの傍にいられることが幸せなのでしょう。決闘のことで傷ついた秀次の心を癒すのはめぐみ。秀次を殺したと言い張るめぐみの前で、秀次は少年のようだと思いました。
それにしても、マヤと冴子は、昼間からえげつないお話をされています。いまさらですが、秀次はやっぱりモテる男なのだと思いました。
さて、マロが倒れたてしまいました。マロは大丈夫でしょうか。次回もお楽しみに♪

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

やすらぎの刻
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】