【おっさんずラブinthesky】5話の視聴率とネタバレ!田中圭・戸次重幸が連続告白!?

ossanslove-inthesky-hp
出典公式HP

【おっさんずラブinthesky】5話の視聴率とネタバレ!

田中圭主演の【おっさんずラブ-in the sky-】第5話が2019年11月30日に放送されました。

春田(田中圭)・四宮(戸次重幸)が、ラスト、怒涛の連続告白でネット騒然!?

今回は【おっさんずラブ-in the sky-】5話の視聴率とネタバレ・感想まとめなどについて。

ドラマ【おっさんずラブ-in the sky-】のキャストとあらすじ! 田中圭主演で映画化もされた人気ドラマ『おっさんずラブ』…
出典:テレ朝 【おっさんずラブ-in the sky-】の視聴率と最終回ネタバレ! 田中圭主演の『おっさんずラブ』、待望のシ…
スポンサーリンク

【おっさんずラブ-in the sky-】5話の視聴率

おっさんずラブあらすじ5話
出典テレ朝

『おっさんずラブ』5話の視聴率は4.3%

前回から0.3ポイントのダウンとなりました。

初回5.7%の好スタートを切った本作。しかし、第2話以降は3~4%台となっています。

サイゾーウーマンというサイトは「『おっさんずラブ』視聴者離れ加速、『同期のサクラ』右肩上がり!業界人に聞いた10月ドラマ評」と題して以下のように「右肩下がり」と報じています。

「しかし、『一応、見てみる』という人が多かっただけなのか、その後は視聴者離れが加速。第2話は4.7%、第3話は3.5%と、毎話ごとに1ポイント以上減退するという右肩下がりの推移を見せています。テレ朝としてはブームを継続させたかったところでしょうが、キャストと設定変更が致命的だったようです」
出典サイゾーウーマン

確かに3話まで右肩下がりですが、その後もずっと毎話1ポイント減っていくなんて印象を受けますが、そんなことはありません。

4話が4.6%。そして5話が4.3%と安定しています。

ほぼ同じ時間帯の『リカ』も2%台から4%台を推移していたので、ことさらに『おっさんずラブinthesky』だけ、視聴者離れと強調するのは誤解が生じます。

今回は3~5%台を推移していて、最終回はまた伸びると思われますが、果たして…。

(視聴率はすべて、ビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム)

【おっさんずラブ-in the sky-】5話のネタバレ

5話のあらすじ

「…お父さん、いますか?」
天空ピーチエアラインを訪ねてきた一人の少年は、
なんと整備士・四宮要(戸次重幸)の息子だった…!

衝撃の事実に驚きながらも、なんとか2人を対面させようとする春田創一(田中圭)だが、
「俺には父親を名乗る資格はない」と、四宮から話をそらされてしまう。

そんな中、小学生が航空会社の職場を学ぶ“体験学習”期間がスタート。
春田は、副操縦士・成瀬竜(千葉雄大)や、整備士・道端寛太(鈴鹿央士)らと共に、
小学生の授業を担当することに。
張り切る春田だが、成瀬は子どもが大の苦手らしく、溜め息まじりで…?

一方、泣く泣く春田への恋心を諦める決意をした機長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)は、
娘・緋夏(佐津川愛美)の恋をアシストしようとするも、若干の空回り気味。
父親の邪魔(?)を振り切って、やっとの思いで春田とデートの約束をした緋夏だが、
当日、春田が“他の人”のことばかり話すことに、気づいてしまい…?

――そして明かされる四宮の過去。
苦しむ四宮のために、何かできないかと動き始める成瀬。
自分の中に生まれた“言い知れぬ感情”に動揺を隠せない春田。
ああなんかわかんねえけど、イライラする。
この気持ちを、人は“嫉妬”と呼ぶのだろうか。

ご搭乗の皆さま、大変長らくお待たせいたしました。
ついに春田創一も離陸態勢に入った模様です。
全員“一方通行の恋”の行方は一体…?

出典https://www.tv-asahi.co.jp/ossanslove-inthesky/story/0005/

ココから放送した内容のネタバレです。《閲覧注意》

緋夏(佐津川愛美)の涙

デート中、春田が“他の人”のことばかり話すことに気づいた緋夏は・・・。

緋夏「帰ろっか。好きじゃないでしょ、春ちゃん、私のこと。他に好きな人いるの?ずっと見ていたら分かるよ。」

春田「ごめん、俺、頑張るから!」

緋夏「頑張らなきゃいけないの?」

春田「そうじゃなくって…ごめん…いや」

緋夏「好きじゃないならデート断って欲しかったな。私はそういう春ちゃんの優しいトコロ好きだよ。でも、その優しさに、私は傷つきました。以上です。じゃあ、また会社で。」

緋夏は涙目ながら笑って去っていった。

四宮(戸次重幸)の過去

四宮は遥(MEGUMI)から、四宮の元妻・蘭の近況を聞く。

蘭はCAを退職後ホテル勤務で、今度バンコクでオープンするホテルに息子の翼(長野蒼大)とともに行くという。

四宮はお互いに嫌いで別れたわけではない。家族への愛に嘘はなかった。

しかし、四宮の恋愛対象が男だったから、妻の求める愛情には応えられなかった。

遥に背中を押されても、来週日本を出発する蘭に会いに行く気はない四宮。

翌日の日中。遥は春田にバンコク行きの件を伝える。

春田「今日まででですよ、体験学習!シノさん絶対後悔するから!」

春田は四宮の腕を引っ張り、強引に“小学生の体験学習”中の翼のもとへ連れ出す。

地味な仕事と誇り

成瀬「お前らふざけんなよ。誰だ、早く飛行機乗りたいとか言ったやつ、うるせーな、整備ってのはな、超・重要だから。マジで、これ一本失くしたら見つかるまで飛行機飛ばせないから、分かったか!」

つまらない!と騒ぐ子供たち。四宮が間に入る。

四宮「ごめんごめんな、確かに地味だよな。でもさ俺たち整備士はこのボルト一本しめるのにも魂こめて、飛行機の安全を守ってんだよ。それに飛行機を1機飛ばすためには、パイロットもCAも整備士も互いに信頼しあって協力しなくちゃいけない。チームとしてどのピースが欠けても飛行機は飛ばせないんだ。だから俺は、この整備士という仕事にすごく誇りを持ってる。やってみたら案外面白いぞ。さあ正確にかつスピーデイーに工具をしまえるか、用意スタート!」

四宮は翼に話しかけた。夢はパイロットだという彼と楽しい時間を過ごした。

翼の感想文

翼の感想文(4年2組22番 森本つばさ)

『飛行機を整備するのに整備士さんたちは数千点以上の工具を使うそうです。それを一つでもなくすと、飛行機は飛ばせなくなります。
僕たちがいつも安全で快適に飛行機に乗ることができてるのは整備士さんたちの努力のおかげです。
僕は今回初めてお父さんの仕事を近くで見られました。
決して派手な仕事じゃないかもしれないけど、お父さんは自分の仕事にほこりを持っていて、それがとてもカッコイイと思いました。
そして、パイロット、CA、整備士、たとえみんなの顔が見えなくて、はなれていても心はひとつにつながっているんだと思いました。』

翼は四宮の名札を見て父だと気づいていた。

春田は翼くんともっと話をするようにと、四宮を勇気づけた。この日、日本を発つ翼。四宮は駆けだす…。

四宮の涙

蘭が四宮を見つけて声をかけた。「全然変わらないね、翼にあったんでしょ。……わたしね、今度、結婚するんだ」

動揺しながらも四宮は祝福した。

蘭「要との結婚を後悔していないよ、幸せだった。要も幸せになってね」
四宮「ああ」

「俺の予想はずれた」成瀬が父だと思っていた翼だったが、「まあ整備士も悪くないけどさ、目指すならパイロットだな。じゃあ、バイバイ。お父さん」

四宮は翼を抱きしめてすすり泣く。

四宮「母さんのこと頼んだぞ」
翼「おお任せとけ」

春田「俺じゃダメか?」

寮にて。クリームシチューを作る四宮。ベランダにいる成瀬を春田が呼びにいく。そこで嫉妬していること、いつも気にしいていることを伝えだす春田。

春田「全然かわいくねえんだけど、誰にも渡したくないっていうか。だから・・・俺、お前のこと、好きみたいなんだ。俺じゃ、ダメか?
成瀬「ダメです。」

春田は壁に押し付けながら強引に成瀬にキス

成瀬は誰とでもするはずのキスなのに「何すんですか!」と怒って去っていた。


その頃。黒澤家にて。緋夏は春田にフラれたことを黒澤キャプテンに話す。何のために身を引いたのか、と混乱する黒澤!

そして、寮では、四宮が「春田のことが好きだ。俺と付き合ってほしい」と春田へ告白。

春田「ごめんなさい」
四宮「じゃあこうしよう、まずはお試しで一週間!」

・・・(春田のナレーション)ご搭乗のお客様に申し上げます。そのようなシステムはいまだかつて聞いた事がございませんが、いったん持ち帰らせて頂いてもよろしいでしょうか。

【おっさんずラブ-in the sky-】5話の感想

畳み掛ける恋の一方通行。

《成瀬←春田←四宮 》の構図に、身を引いた黒澤キャプテンも参戦か?

緋夏ちゃんの失恋も悲しい展開。シーズン1「天空不動産編」の、ちずがマロにふられたときと同じでした。ちず、春田のことばっかり話していたんですよね。

恋の失敗は繰り返してしまうのか。

そして今だに明かされない成瀬の恋の矢印は、明らかにシノさんなのですが…。

ココでちょっとシノさんの過去を考察すると…。蘭さんが「我がまま聞いてもらって幸せだった」と発言。我がままの意味が分からなかったのですが、おそらく同性愛者と知りながらも好きで、願いを聞いてもらって結婚・出産までともに歩んだのかな、そんな日々が充実していたのかも、と想像してしまいました。

しかし薫さんの新しいパートナーってほんとにいるんでしょうか。TBS日曜劇場での倫子(鈴木京香)の説によると、「本人にわざわざ新しい恋人を紹介するのは強がり」だそうですが、たしかに幸せアピールして悔しがらせたい場合はそうなんでしょうね。

けれどあまりに円満離婚の雰囲気なシノさんと蘭さん。そんな意地悪はないかな。けれど復縁のどんでん返しもあるかも、なんて予想もしつつ…。

つまりそれは、春田・成瀬ルートの成就を意味するわけで…。(黒澤武蔵はどのシーズンになっても春田と結ばれないと私は予想しています。)

シノさんの幸せへの伏線か?そして、ちずが連ドラ・劇場版でも幸せになっていないように、緋夏も結婚ルートはないのか。なんていろいろ想像してしまいます。

山崎育三郎さんの参戦もかき回しそうで、また恋の乱気流が発生しそうです。

【おっさんずラブ-in the sky-】5話のツイッターまとめ

春田(田中圭)・四宮(戸次重幸)、連続の告白が話題!

あまりに告白ラッシュで、目が離せなかったラストでした。

次回第6話は嵐を呼ぶCA、獅子丸怜二(山崎育三郎)が登場!放送はテレ朝系で2019年12月7日(土)23:15から!乞うご期待です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク