【スカーレット】50話の視聴率とあらすじ!照子(大島優子)の母の言葉が刺さる!

scarlet-nhk
出典Amazon

【スカーレット】50話の視聴率とネタバレ!

戸田恵梨香主演のNHK朝ドラ『スカーレット』第50話が2019年11月26日(火)に放送されました。

照子(大島優子)の母の言葉、理不尽な死と寿命という考え方には一理あり、とても心に刺さります。

今回は朝ドラ『スカーレット』第50話の視聴率・あらすじ・感想を紹介します。

(動画配信はNHKオンデマンド、または新規登録で無料ポイントがもらえるU-NEXT。※配信は2019年11月時点の情報

【スカーレット】第9週のあらすじネタバレ!喜美子(戸田恵梨香)家族のために一人前になる! 戸田恵梨香主演のNHK朝ドラ『スカー…
朝ドラ【スカーレット】の視聴率と最終回ネタバレ! 2019年度後期のNHK朝ドラは、戸田恵梨香主演の『スカーレット』。 …
スポンサーリンク

【スカーレット】50話の視聴率

『スカーレット』50話の視聴率は、18.8%.

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム)

【スカーレット】50話のあらすじ

丸熊陶業の社長が急逝。葬儀が終わり、落ち着いた頃、喜美子(戸田恵梨香)は父を亡くした照子(大島優子)を慰める。すると照子から妊娠を打ち明けられ、さらに代替わりした新社長・敏春(本田大輔)の方針で、会社の改革が予定されていると聞く。その影響は絵付け係にも及ぶと聞き、喜美子は気が気でない。家に帰ると、妹・百合子(福田麻由子)から進学の相談を持ちかけられ、幼なじみ・信作(林遣都)のお見合い話も浮上して…

出典ヤフーテレビ

【スカーレット】50話の感想

50話は、丸熊陶業の社長である、照子(大島優子)のお父さん(坂田マサノブ)が亡くなりました。

急きょでしたね。驚きました。(ドラマ公式本で知ってはいましたが展開が急でした。)

人の死って、急にきます。

そんな中、照子のお母さんの言葉が印象的でした…。(照子からの伝聞ですけど。)

理不尽な死と寿命

照子「うちは先に、家族を一人亡くしてる さかい、お母ちゃんにしてみれば、お兄 ちゃん亡くした時の方が、理不尽やった んちゃう? お父ちゃんは戦死やない、 病気や。寿命やったんやなあ言うてるわ。」

戦死は、誰を恨んでいいのか分かりません。

病気の方がまだ理解できる、納得できるということでしょう。

個人的に、筆者の私も大切な人を病気で亡くしました。今でも泣いてしまいます。あのとき、こうすれば、ああすれば。

でも戦争よりは良かったのかもしれません。照子のお母さんのように寿命とはまだ思えませんが…。

だからといって、お国のために戦死した方々を軽視したくもありません。

ココで言いたいのは、遺族の納得の仕方の話しなんだ、そう思います。

ちゃんと泣くこと

ちゃんと泣いた方がええ」という喜美子に、照子は「誰が泣くか」と涙目でそっぽ向きました。

このシーンを通して思い出すのは、2020年新春スペシャルも決まったドラマ「ぎぼむす」こと『義母と娘のブルース』です。

少しネタバレですが、宮本亜希子(綾瀬はるか)と偽装結婚(?)した宮本良一 (竹野内豊)が、途中で亡くなります。

亜希子さんは、葬儀のときも周りの気遣いを忘れません。

見かねた下山和子(麻生祐未)が「アンタの役目は悲しむことだよ!みゆきちゃんと一緒に!」と、義理の娘・みゆきのそばにいるように促しました。

悲しいときは悲しむことが必要なんだなあ、と思わせれたドラマでした。

しかし『スカーレット』50話では、強がっていた照子。妊娠していることもあり、前を向いているのでしょう。身内だけの葬儀のあとだったけに落ち着いたのでしょうか。

中学の先生と再会

50話自体の大きなトピックスは他に…。

  • 深野先生がいなくなること。それを喜美子は知らないこと。
  • 縮小の噂があっても絵付け係はなくならないと聞かされ、喜んでいる喜美子。
  • 信作(林遣都)がお見合いをすること。

など、がありましたが、川原家の大問題は、三女の百合子(福田麻由子)の進路面談に、寺岡先生が家庭訪問。

「お母ちゃんじゃ頼りないから」と百合子に頼まれた喜美子も、面談に同席します。

もちろん、女に学問はいらない派の常治(北村一輝)も参加。

咳をしあう先生と常治。乞うご期待、となった引きのラストでした。

波乱の予感がヒシヒシと伝わってきます。

【スカーレット】編集後記

編集後記とは、編集者が記す後書きのこと。

本を読むときにある、「あとがき」って個人的に好きなんですよね。

小説というお話しの中に、急に作者が挨拶して、作り手と繋がった感覚が持てて。

今回、書き方を変更してみたため、挨拶がてらこの場に気持ちを記してみました。

・・・そうなのです。久々に各話の記事アップです。

お待たせいたしました。(待ってない?笑)

朝ドラを書いている他のサイトも「よく続けているなあ」と頭が下がります。

毎日、週6日放送があるので、ライターの気分もムラがあります。

そんな中、当サイトに問い合わせ先はあるものの、今のところ、コメント欄は休止中。

つまり、読者がどう思っていただいているのかは不明ですが、ページビューが少ないということは、読者に有益じゃないんですよね。

というわけで、11月27日、もうすぐ12月で、2019年も残り1か月になるこの頃。

リニューアルして書いていきます。ちょっと蛇足な、決意表明でした。

朝ドラを今後もともに楽しんでいきましょう。


当記事のライター:Jima

【年末年始ドラマ】2019-2020のスペシャル番組一覧!再放送・イッキ見も豪華! 2019年末から2020年新春のスペシャルドラマ情…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク