【時効警察はじめました】6話のネタバレと視聴率!吉岡里帆の体当たり演技に絶賛の声!

jikou2019-story-06
出典テレ朝

【時効警察はじめました】6話のネタバレと視聴率!

オダギリジョー主演のドラマ【時効警察はじめました】第6話が2019年11月22日に放送されました。

ダークサイド(?)に落ちた彩雲。吉岡里帆の体当たり演技に絶賛の声が!?

今回は【時効警察はじめました】6話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

ドラマ【時効警察はじめました】のキャストとあらすじ! オダギリジョ―・主演、麻生久美子・ヒロインの人気ドラマ「時効警察」が12…
出典テレ朝 【時効警察はじめました】の視聴率と最終回ネタバレ! 2019年10月期の金曜ナイトドラマはオダギリジョー主演の【…
スポンサーリンク

【時効警察はじめました】6話の視聴率

『時効警察はじめました』第6話の視聴率は、6.2%

前回から0.1ポイントのダウンです。

同じ時間枠の前クール『セミ男』6話の視聴率は3.0%。本作は3.2ポイントのアップです。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)

【時効警察はじめました】6話のネタバレ

第6話 タイトル:“プロレスラータイトルマッチ殺人事件”(事件の発生 平成6年8月11日)

サブタイトル:プロレスの楽しみ方は人それぞれで、善玉でも悪玉にもなるし、またその逆も然りと言っても過言ではないのだ

脚本:田中 眞一 (「警視庁いきもの係」「御茶ノ水ロック」ほか)

監督:大九 明子(「勝手にふるえてろ」「美人が婚活してみたら」ほか)

6話のあらすじ

エンターテインメント重視のプロレスを取り入れるというCEO・枕木葵(寺島しのぶ)の英断で、倒産寸前の状態から人気プロレス団体へと成長した「気合プロレス」。実はこの成功劇の途中には、世が騒然となる事件が起こっていた。それは25年前――看板選手の丸山真剣しんけん(佐々木大輔)がチャンピオン・土倉どぐら髑髏どくろ(男色ディーノ)に挑み、ベルト奪取に成功した「気合プロレス」タイトルマッチでの出来事。会場が沸きに沸く中、葵がトロフィーを渡そうとすると、丸山が立ったまま息絶えていることが判明したのだ! 死因は頭部強打による脳内出血。遺体の頭部を調べたところ、試合前に負ったと思われる「3」の形に似た奇妙な傷跡があったため、本件は殺人事件として捜査されることに…。土倉、葵、現在はシューレス猿又(柳葉敏郎)と名乗っているレフェリーのレッドシューズ猿又、高原本気まじ(HARASHIMA)ら所属レスラーが疑われたが、真相は解明されず、時効を迎えてしまっていた。

この事件を“趣味”で調べることにした霧山修一朗(オダギリジョー)と助手の三日月しずか(麻生久美子)は、最近プロレスにハマッている新人刑事・彩雲真空(吉岡里帆)に案内され「気合プロレス」を訪問。葵と事件について話した霧山は、丸山のことを話すときに出る“ある口癖”が引っかかり…。

その矢先、今では「気合プロレス」のエースである高原が丸山の弟子だったこと、さらに丸山が高原以外のレスラーを一方的に敵視していたという内部情報が浮上。霧山と三日月も彩雲に続いて「気合プロレス」の一般練習生となり、外からはなかなか見えない人間関係を探り始める。すると、丸山が葵ともたびたび衝突していたことが判明。だが、葵はその件についてはだんまりを決め込むばかりで…!? そんな中、新たな疑惑を招くような言葉が、高原から飛び出す――。
出典https://www.tv-asahi.co.jp/jikou2019/story/0003/

6話のネタバレ

25年前、葵と丸山は対立していた。葵はドラマを作るため、試合直前に髑髏が丸山に喧嘩をふっかける演出をした。丸山は全く相手にしなかった。

葵「強さばかり追い求めてお客さんは置いてきぼり。お客さんを喜ばせて初めてプロ。プロレスっていうのよ。」

丸山「勝手に学芸会やってろよ、お嬢ちゃん。大事なのはどっちが強いか、勝つか負けるかなんだよ」

霧山は、動機がずっと分からなかった。CEOの葵が看板レスラーを殺害した理由が。葵の口癖の「っていうの?」は本音を隠して同意を求めるもの、と思われた。

しかしアメリカで「ユーノウ?(you know)」は「でしょ」「だよね」という意味のネィティヴスピーカーがよく使う表現だ。「っていうの」も「ユーノウ」だった。葵の経歴を調べたところ、アメリカのプロレス団体に所属していた。アメリカのエンターテイメントを日本で取り入れたかったが、丸山に侮辱された。だから殺害したのだ。

どうやって屈強な丸山を殺害できたのか。優勝トロフィーの先にはKWEと彫られていた。(Kiai Wrestling Entertainment /気合・レスリング・エンターテイメントの頭文字。「気合プロレス」の正式名称だ。)

トロフィーが凶器に使われ、Eが取れた。そして今、Eの文字は葵が使用している杖についていた。

丸山はトロフィーで殴打された後、死を覚悟してタイトルマッチに臨んだ。止血していた猿又(柳葉敏郎)が「死んじまうぞ」と止めても、リングへ向かった。

霧山は、丸山も心からプロレスを愛していたのだと思う。葵は「なせこんなことに…」と悔やんだ。

そこへ顔中どろだらけな彩雲がやってきた。マイクパーフォマンスで迫り、段ボールの切れ端の「誰にも言いませんよカード」を提示。真面目にしてもいつもカードを渡す場面にいられないため偽装に走ったのだ。悪役レスラーのごとく。(注:これまでも道に迷ったり、前回は「タモリさん入りますよ」を聞いて自分で飛び出したせいである。)

「そんなことはさせない」三日月しずか(麻生久美子)は、彩雲に卍固めを決めた。渡すところを見ることもできず…。

その後、三日月もプロレスにはまって、時効管理課では大騒ぎが続く…。

【時効警察はじめました】6話の感想

吉岡里帆の体当たり演技に絶賛の声!

シリーズのファンからは「いらない」と批判される声が目立っていた吉岡里帆さん。

彩雲真空 役は、どうも毎回「誰にも言いませんよ」カードを渡す場面に遭遇できない、ようです。

卍固めされている中、渡せなくても「せめて見せて」と言っていたのが悲しい(笑)

しかし、世間の風向きが少し変わり始めたのは、Mステの椎名林檎さんの応援ゲストとして出演した回。「主役でもないのに…」という書き込みに対応・返信した吉岡さんは「時効警察においての役割は全て台本に書いてあります。心を込めて作品に参加させて頂いています。どうかどうか想いが伝わりますように……失礼致します」と、丁寧な言葉でアンチの意見に対応。

Mステ出演後も、「(批判をしたユーザー名)さんの表現の自由もまた大切な一意見だと思っています。現に確かに、今朝言葉を受けて今日のドラマに対してのコメントには『続編の新キャラクターです』と伝えなきゃなと思いました」と、批判ユーザーに対して返信。

第一線で活躍中の芸能人にしては異例の対応。しかも真摯な態度から好感をもたれた方も多いようです。

今回第6話の吉岡里帆さんの体当たり演技にも圧倒され、「がんばってる」と認める声も出てきました。誠実な態度が報われてきた証明か。今後の彩雲の活躍にも期待ですね。

『時効警察はじめました』も残り2回。
次回、壇れいさんをゲストに迎えた第7話は、2019年11月29日(金)よる11:15~
(一部地域除く)から放送!お楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク