【スカーレット】32話(11月5日)常治(北村一輝)に非難殺到、癒しは信さま/林遣都だけ!?

scarlet-nhk
出典Amazon

戸田恵梨香主演のNHK朝ドラ『スカーレット』第32話が2019年11月5日(火)に放送されました。

常治(北村一輝)に視聴者から非難殺到、癒しは信さま/林遣都だけ!?

今回は朝ドラ『スカーレット』第32話の視聴率・あらすじ・感想まとめ。(動画配信はNHKオンデマンド、または新規登録で無料ポイントがもらえるU-NEXT。※配信は2019年10月時点の情報

朝ドラ【スカーレット】の視聴率と最終回ネタバレ! 2019年度後期のNHK朝ドラは、戸田恵梨香主演の『スカーレット』。 …
スポンサーリンク

【スカーレット】32話の視聴率

『スカーレット』32話の視聴率は、19.6%

前回から0.5ポイントのダウンとなりました。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム)

【スカーレット】32話のあらすじ

喜美子(戸田恵梨香)の帰郷を聞きつけた仲間たちが集まって大宴会。父・常治(北村一輝)が荒木荘に喜美子が辞める連絡をしたことがわかり、喜美子は大阪で働きながら、美術学校に行く夢を明かす。しかし川原家に響く不協和音を治める役目を喜美子に期待する常治は頑として認めない。喜美子も折れず、仲たがいしたまま翌日を迎える。再び大阪に戻るつもりで家を出た喜美子。道中、信作(林遣都)と出くわし、驚きの事実を聞く。

出典ヤフーテレビ

信作に出会う前に、三女の百合子(住田萌乃)が喜美子を送っていました。それは学校とは反対の道。不思議に思って喜美子が尋ねると、病院へお母ちゃんの血圧を下げるお薬をもらうという。妹を学校へ行かせてあげたい喜美子は、代わりに病院に行ってから家にいる母に薬を渡してから帰る、汽車を遅らせても構わないと告げた。

「お姉ちゃんは大人?」と百合子がいう。そこへ次女・直子(桜庭ななみ)もやってくる。何か2人とも隠していた。追求しても答えてくれない。そこに自転車に乗って信作が通りかかった。

信作は、自分から話すなら常治に怒られないことを直子に確認し、事情を話した。実は病院にツケがあるため、大人が行くと払わないといけない。子供が行くと「子供だったらしゃあない、かわいそうな子やな」と思われて、薬をもらえるという。喜美子は自分がいない3年の間に川原家に起こっていた事実にがく然として・・・。

【スカーレット】32話の感想

32話は、川原家の事情が判明。直子も百合子も気の毒な状況でした。

百合子がどんな目で病院の人に見られているのか、それを想像するといたたまれません。

そんな中、信作(林遣都)が直子たちの代わりに、川原家の秘密を明かします。31話はカッコつけた感じでしたが、優しい一面もある信作。これからも喜美子や川原家を支えてあげてほしいものです。

ネット・ツイッターの反応は?

常治の評価が急落!?なぜ薬ももらえない程、お金がないんだ…。子供をダシにしてもらういに行かせるなんて!(怒)

憤る声が殺到しています。

そんな中でも、信様こと信作が癒しでした。

当記事のアイキャッチ画像の出典:https://realsound.jp/movie/2019/11/post-440262.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク