【やすらぎの刻~道】149話のネタバレと感想!『道・平成時代』公平(橋爪功)は65歳に!

【やすらぎの刻~道】149話のネタバレと感想!
いよいよ【道】の平成がスタートしました。公平(風間俊介)は橋爪功さん、しの(清野菜名)は風吹ジュンさんになりました。

倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】149話が2019年11月1日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】149話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道~】戸塚祥太(A.B.C-Z)出演! A.B.C-Z の戸塚祥太 さんが、倉本聰作品のテレビ朝日の昼ドラマ【やすらぎ…
【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…
【やすらぎの郷】(2017年4月~9月)の続編。 「帯ドラマ劇場」【やすらぎの刻~道】(やすらぎのとき ~みち)がスタート。 テレビ朝日…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】149話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】149話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】149話のネタバレ

台風の中、撮影をしたと思い込んでいるめぐみ(松原智恵子)が無事だと確認をした菊村(石坂浩二)は「自分たちが変わらねばテレビは変わらない」と思う。そして、再び執筆を始める。

**

舞台の上。
公平(風間俊介)としの(清野菜名)。
幕を開けると懐かしい昭和の歌が流れる。舞台に立つのは「やすらぎの郷」の住人。
当時、流行った曲が流れ、流行ったファッションで登場する。

秀次は「ファンキー・モンキー・ベイビー」。
ほか、「ジンギスカン」「ヒーロー」などなど。

そして
「世界の国からこんにちは」でしの(風吹ジュン)66歳、と公平(橋爪功)65歳が登場。

【道】平成編スタート

都内に暮らす次男・竜(駿河太郎)夫妻と三男・健(青柳信孝)夫妻に呼ばれてやってきたしのと公平。

「疲れたな」と公平。
しのは子どもたちがサービスしているつもりだと。

「東京ってのは疲れる街だ」としみじみ。
「住むとこじゃないな」と公平。

しかし、息子たちがせっかく招待してくれたから、我慢しよう
と夫婦で会話するが
公平は「逃げる」と言い出す。

息子たちがお金を使うことがもったいない、といい、二人で慌てて着替えを始めるが。
帰り方がわからない。
第一、マンションの出方がわからない。

「無理じゃね」と諦める公平としの。
テレビをつけると「平成元年・大喪の礼」と流れている。
公平としのは、テレビに向かって手を合わせる。

<続く>

【やすらぎの刻~道】149話の見どころ

菊村先生の意気込み

ファッションショー

昭和から平成に変わる場面では、ファッションショー(?)のような展開に。

【やすらぎの刻~道】149話の感想

いよいよ平成時代がスタートしました。公平は橋爪功さん。面白いです。
笑えます。しのとの夫婦仲、よさげです。
突然、平成になったので、モヤモヤ部分も。
鉄兵兄ちゃんのことも気になるし、幸子と伸子のことも気になります。これから、触れていくのでしょう。
東京は疲れるという根来夫婦。150話は東京タワーに行くのでしょうか。昭和に引き続き【道】の平成も楽しみです。

戸塚祥太(A.B.C-Z)さんの登場を待つファンの声も♪

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク