2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【ハル~総合商社の女~】2話の視聴率とネタバレ!中谷美紀の達筆な手紙に驚きの声!?

ハル総合商社の女2話トップ

【ハル~総合商社の女~】2話の視聴率とあらすじ、ネタバレ!

中谷美紀主演のドラマ『ハル~総合商社の女~』(テレビ東京)第2話が10月28日(月)に放送されました。

シンガポールの病院買収プロジェクトの実現に向けて、ハル(中谷美紀)が奮闘!

医療業界のドンに宛てた手紙の文字が達筆だと話題に!?

今回は、ドラマ『ハル~総合商社の女~』第2話の視聴率とあらすじ、ネタバレ感想をお伝えします!

ドラマ『ハル~総合商社の女~』は、動画配信サービスパラビで配信中!(2019年10月時点の情報です。)
ドラマ【ハル~総合商社の女~】キャストとあらすじ!中谷美紀がデキるシングルマザーに!
ドラマ【ハル~総合商社の女~】キャストとあらすじ! 2019年10月スタートのテレビ東京系「ドラマBiz」枠は、ドラマ【ハル~総合商社の女~】が放送される予定です。 中谷美紀が演じる主人公のハル(海原晴)は、大手総合商社...
【ハル~総合商社の女~】の視聴率とネタバレ最終回まで!中谷美紀の再婚の可能性は!?
【ハル~総合商社の女~】の視聴率とネタバレ最終回まで! 中谷美紀主演のドラマ『ハル~総合商社の女~』(テレビ東京) 持ち前の明るさとポジティブ思考で旧態依然の会社組織に立ち向かう痛快ビジネスドラマ。 シングルマザー...
スポンサーリンク

【ハル~総合商社の女~】2話の視聴率

【ハル~総合商社の女~】2話の視聴率は3.7%!

【ハル~総合商社の女~】2話のあらすじ

【ハル~総合商社の女~】2話のあらすじ

五木商事・経営企画部の部長補佐に着任早々、ラーメンチェーン店の立て直しに成功した海原晴(中谷美紀)。

経営企画部の新たなミッションは、シンガポールのロングベイ病院グループ買収プロジェクトの精査だった。

これは、シンガポール支社の櫻井保(桐山漣)が提出した買収案である。

しかし、数百億円をかけた大事業であり、副社長の高山雄一郎(奥田瑛二)は難色を示す。

藤尾勝之(山中崇)ら、他の部員もリスクが大きいと眉をひそめるが、ひとり張り切る晴は部長の和田寿史(藤木直人)に早速、シンガポールへの出張を申し出る。

早速晴は櫻井に「決定打が足りない」と意見すると、櫻井は外国からの患者を招いて医療サービスを提供する“メディカルツーリズム”を提案し、晴は目を輝かせる。

晴の報告を聞いた和田は、プロジェクを成功に導くためには日本の医療ビジネスとの連携が必要だと判断し、全国で多数の医療施設を経営する実力者である医療法人「新隆会」の会長・小笠原隆一(寺田農)を紹介する。

早速、晴は小笠原にアポを取ろうとするが、小笠原の秘書・熊澤巧(小林隆)に「新しい方とは一切会わない」の一点張りで面会すら許してもらえない。

果たして、晴は持ち前の“人たらし術”を駆使して小笠原を口説くことができるのか!?

ゲスト出演:寺田農、桐山漣、小林隆

記事の出展:テレビ東京、番組公式サイト

【ハル~総合商社の女~】2話のネタバレ

【ハル~総合商社の女~】2話のネタバレ

ハルと和田部長の元夫婦の会話

ハル(中谷美紀)息子・涼(寺田心)に五木商事の上司・和田部長(藤木直人)が元夫であることを話していた。

涼は自分にとっての父親である和田部長のことが気になっている様子だった。

ハルは和田部長をオフィスの屋上に呼び出しプライベートについて相談、和田部長は「再婚はしていない、涼と会うかどうかは任せる。」と現状について話す。

和田部長はハルを五木商事に呼び寄せた経緯について、ニューヨークでバリバリ働く元商社の日本人女性がいるという噂を聞いて調べた結果、ハルであることを知ったという。

医療界のドンに門前払い

シンガポール支社の櫻井保(桐山漣)が提案する「メディカルツーリズム」の企画を実現するため、ハルは医療業界の大手「新隆会」の会長・小笠原隆一(寺田農)にアポを取ろうと必死に行動する。

「新しい方とは、お会いしない。」と門前払いの小笠原との面談を実現するため、ハルは毎日小笠原の自宅に訪問し手紙をポストに投函、会社にも訪問し続ける。

そんな誠意あるハルの態度を見ていた秘書の熊澤(小林隆)の態度も徐々に軟化し始め、ハルを応援するようになる。

そしてついに小笠原との面談が実現、ハルは小笠原の自宅に招かれる。

小笠原はハルの手紙の美しい字を見て、どのような人か会ってみたいと思ったと話した。

しかし、ハルは小笠原にシンガポールの病院との提携には興味がないと、はっきりと断られてしまう。

ハルの新たな提案も否定される

ハルはオフィスで小笠原の「シンガポールのような裕福で煌びやかな国には興味がない」という言葉と、櫻井の「すぐ隣のマレーシアから受診に来る人もいる」という言葉を思い出す。

2人の言葉からマレーシアの医療事情を調べ何かを閃いたハルは、直ぐに櫻井に「至急、頼みたいことがある。」と連絡。

そしてその夜、ハルは小笠原の自宅に行きマレーシアの厳しい医療事情について説明。

貧富の激しいマレーシアの恵まれない人々のための医療展開プランをプレゼンする。

しかし、またしても「ビジネスはある意味、冷徹なものだ。そうでなければ長続きはしない。」と言って提案を断られてしまう。

和田部長は、あと一歩で小笠原を納得させることが出来ると意気込むハルの言葉を信じた。

そして櫻井に「医療業界に凝り固まるな!五木商事の名前でありとあらゆる人脈を当たれ。」とハッパをかけるのだった。

ハルの最後の提案に興味を示す小笠原

次の週の火曜日、ハルはわざわざこの日を指定して、櫻井保(桐山漣)青柳(白洲迅)と共に、またも小笠原の自宅を訪れ、今回のプロジェクトに投資してくれる協力者を見つけたと報告する。

投資を快諾したのは、シンガポールの不動産王と呼ばれるスー・チェン氏であった。

ハルは櫻井と青柳と共にスー・チェン氏も興味を示したという、「メディカルツーリズムと高齢者施設の融合」という新たな提案を小笠原にする。

高齢化問題はシンガポールでも既に深刻なもので、老人介護施設が充実していないためトラブルが絶えないのが現状だという。

アジアの高齢化は今後も進み、介護医療のマーケットは拡大が予想される。

スー・チェン氏の協力があれば、介護施設の建設もスムーズに進み、投資リスクが分散できる。

そこに小笠原の持っている介護サービスのノウハウが加われば、アジアの未来を救うことに繋がる。

ハルらの提案に小笠原は興味を示している様子だった。

ハルの人たらしに小笠原が遂にオチる

ハルは、将来日本に増えてくる「お金は持っているが、1人の老後を寂しく過ごしている人」が、マレーシアに移住し、シンガポールで手厚い介護が受けられるプランについても提案。

小笠原は自身のことを言われているのかと苦笑いをする。

さらにハルは小笠原に白いバラをプレゼント。

実はこの日は亡くなった小笠原の妻の誕生日。

ハルは、小笠原が妻の誕生日にピンクのバラを送り、そのお返しに白いバラを送られていたことを秘書の熊澤から聞いていたのだった。

ピンクのバラの花言葉は「恋の誓い」、白いバラの花言葉は「心からの尊敬」。

これに感激した小笠原は、ついにハルの提案を受け入れることになった。

「とんだ人たらしだな。」と笑う小笠原に、「お褒めの言葉と受け止めておきます。」とハルは返すのだった。

【ハル~総合商社の女~】2話の感想、まとめ

今話では、ハル(中谷美紀)が医療業界のドン・小笠原隆一(寺田農)の協力を得ようとするが、門前払いにあう。

そんな小笠原を納得させようとハル(中谷美紀)が誠意を込めて手紙を送るシーンがありましたが、この中谷美紀さん直筆の手紙が凄く達筆だと驚きの声が上がっていました。

中谷美紀さんの達筆は、以前にもドラマやテレビ番組で紹介されたこともあるので、広く知られています。

特に2018年、ドイツ人ビオラ奏者との国際結婚を発表するマスコミ各社に宛てた手紙は達筆すぎて読めないと話題になりました。

流暢な英語に達筆な文字と、中谷美紀さんの多彩な才能が見られる『ハル~総合商社の女~』。

次回、第3話は11月4日(月)の放送です!

記事内の画像出典:テレビ東京、公式番組サイト

ハル総合商社の女
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
【dorama9】