【やすらぎの刻~道】145話のネタバレと感想!中島みゆきが主題歌を書き下ろしで楽しみ倍増!

【やすらぎの刻~道】145話のネタバレと感想!
中島みゆきさんが新たに新曲を書き下ろしのニュースが!
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】145話が2019年10月28日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】145話のネタバレあらすじと中島みゆき・新曲の主題歌、感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…
【やすらぎの郷】(2017年4月~9月)の続編。 「帯ドラマ劇場」【やすらぎの刻~道】(やすらぎのとき ~みち)がスタート。 テレビ朝日…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】145話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】145話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】145話のネタバレ

警察のガサ入れ事件も一ヶ月も過ぎたら忘れてしまった。

ロク(橋爪功)、マロ(ミッキーカーチス)と釣りをする菊村(石坂浩二)。

マヤはお金をためて、劇団を作るつもりだったらしい。
AKBの少年版を作るのが夢だった、などと噂をしつつ、のどかに過ごしている。

**

台風が接近。

そんな中、秀次(藤竜也)が菊村を訪ねてくる。
めぐみ(松原智恵子)の様子がおかしいという。

亡くなった人の名前を言い出し、撮影があるからとソワソワしているらしい。

大昔に「海鳴り」という作品があり、そこにめぐみが出演していた。
めぐみは、その作品でのラストシーンを撮り直すというのだ。
ラストシーンは嵐の中のシーン。
本物の嵐があるところで撮影をする、と言い出しているめぐみ。

菊村は「危険だ」と心配し、理事長に相談しようというが、秀次は「その思いに答えたい」と言うのだ。

「やらせる」と言う秀次に「ダメだ」と菊村は言う。

**

菊村は、理事長に報告するが、
「あの病気はすぐに忘れるから、明日になれば忘れている」と名倉(名高達男)。

**

句会。
お題は台風。

**

菊村は【道】の世界へ戻ろうと執筆を続ける。
【道】は、一気に平成へと……。

**

台風が接近している。
嵐の中、めぐみは海岸に立ち演じている。
めぐみは撮影をしていると思い込んでいるのだ。

菊村、理事長、郷のスタッフ達は慌てて海岸に向かい、めぐみを止めようとするが、秀次がそれを阻止する。

そして、めぐみは海の中に入り、見事に演じ切った。

「OKです」と秀次。
「良かったです」と言う秀次に笑顔を向けるめぐみ。

誰もが心配する中、めぐみの撮影は終わったのだった。

<続く>

【やすらぎの刻~道】のニュース

中島みゆき・主題歌書き下ろし!

現在、『慕情』『離郷の歌』『進化樹』の3曲の主題歌に、新たな主題化歌が追加されます。追加主題歌は勿論、中島みゆきさん。11月からの『道』パートの“平成編”に合わせて新たに2曲を書き下ろし!
2曲のタイトルは『終り初物(おわりはつもの)』と『観音橋(かんのんばし)』。
11月はもうすぐ。ワクワクしますね。
【道】のキャストも総替え。
A.B.C-Zの戸塚祥太さんが登場。さらには、【北の国から】のジュン、吉岡秀隆さんも出演決定です。
【やすらぎの刻~道】ますます、楽しくなってきました♪♪

【やすらぎの刻~道】145話の見どころ

今日の句会のお題は台風

ほっこり笑える句会、いいですね。宗匠(蒟蒻亭乙葉)のコメントがいい味出してます。

【やすらぎの刻~道】145話の感想

秀次は必死でめぐみの演技を止めないように、皆を止めていました。みぐみは演技でハラハラと涙をこぼします。松原智恵子さん、とてもキレイです。
あの涙は、演じているのかもしれないけど、めぐみ自身が認知症になってしまった、悲しみの涙なのでは、と深堀りしハラハラとしたのでした。
名倉理事長が忘れていると言っていたけど、忘れてなかったんですね。やっぱり、あの涙は本物の涙に違いないと思った145話でした。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク