2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【同期のサクラ】3話の視聴率とネタバレ!ブスと言われブチ切れた百合(橋本愛)が結婚!?

日テレ水曜ドラマ【同期のサクラ】3話の視聴率とネタバレ!
高畑充希が忖度しない桜を演じる【同期のサクラ】3話が2019年10月23日に放送されました。
入院中のサクラ(高畑充希)を見舞う百合(橋本愛)は、入社3年目を振り返り……。
同期メンバーのサクラと百合がガチバトル!?
サクラと百合の間にいったい何が!?
【同期のサクラ】3話の視聴率とネタバレと感想を紹介します。

【同期のサクラ】視聴率と最終回ネタバレ!原作なしの結末はハッピーエンドで続編へ!?
【同期のサクラ】の視聴率と最終回ネタバレと原作なしの結末予想。日テレ水曜ドラマ・高畑充希主演×遊川和彦脚本【同期のサクラ】の全話の視聴率、放送日、ネタバレ、動画配信。「高畑充希と新田真剣佑のキスシーンは?」「ハッピーエンド?」「続編は?」出演は、竜星涼、橋本愛、岡山天音、椎名桔平、草川拓弥(超特急)、相武紗季、他。
ドラマ【同期のサクラ】キャストとあらすじ!高畑充希の10年を描くカホコ脚本家のオリジナル
ドラマ【同期のサクラ】キャストとあらすじを紹介。2019秋、日本テレビ水曜ドラマ(夜10時から)は高畑充希主演の【同期のサクラ】。2017年夏放送された「過保護のカホコ」から2年ぶりの水ドラ出演。脚本は「過保護のカホコ」の遊川和彦。カホココンビの再来。キャスト、新田真剣佑、竜星涼、橋本愛、草川拓弥(超特急)、相武紗季ら

見逃し配信 【同期のサクラ】【過保護のカホコ】はHuluで配信中です。(2020年6月現在、最新情報はHuluサイトでご確認ください。)

スポンサーリンク

【同期のサクラ】3話の視聴率

【同期のサクラ】3話「本当の友達」の視聴率9・3%でした。(関東地区、ビデオリサーチの調べ)
第1話は8・1%、第2話は9・5%でしたから、横ばいというところですね。野球延長の影響はなかったようです。

【同期のサクラ】3話のあらすじネタバレ

【同期のサクラ】3話のあらすじ

「本当の友達」

【同期のサクラ】3話のネタバレ

サクラ(高畑充希)が同期メンバーにインタビュー

2019年5月。
娘の“夢”を抱いた百合(橋本愛)。入院中のサクラ(高畑充希)に話しかける……。

2011年3月。

サクラ、いつもの朝。
じぃちゃんにFAX。
橋の着工が決まったと報告。
隣人は子どもが生まれそう。
サクラは相変わらず、出勤途中にカメラ片手に撮影。

**

新規採用向けのパンフレットを作るため、広報部の百合(橋本愛)と二人で三年目の社員にインタビューをすることになる。
相変わらず忖度しないサクラは、黒川(椎名桔平)すみれ(相武紗季)にも疑問をぶつけ、百合を呆れさせる。

まずは、都市開発部の葵(新田真剣佑)にインタビュー。自信満々の葵は、社長を目指し、そつなく働いている様子。
次に、設計部の蓮太郎(岡山天音)。一級建築士の資格を取るために終業後も勉強に励んでいるという。そして、営業部の菊雄(竜星涼)。嫌な上司もいなくなり、サクラのおかげで「自分にしか出来ない仕事を見つけたい」と意気込みを語る。

そして、最後にサクラが百合(橋本愛)にインタビューをすることに。
百合は、模範的な回答をする。サクラは「とても良かった」と褒めるが、あれは「リップサービス」だという百合。
「あと2、3年働いたら寿退社したほうがよさそう」と愚痴る。
そこにメール。
クライアントの専務から食事の誘い。断りきれない百合は、サクラに同行を頼む。

**

サクラはリクルートスーツ。
それでは、食事に行けないからと、百合はサクラに洋服をプレゼント。
おしゃれをしたサクラは百合と一緒にレストランへ。

百合は穏やかに話をすすめ専務に合わせるのだが、サクラは仕事に活かせるのでは、とメモをとる。
百合がトイレに立ったときに、専務から1万円を渡されたサクラ。
席を外して欲しいという意味なのだ。
百合がトイレから戻ると専務はいなくなっていた……。
サクラは
「百合さんは貴方に好意など持っていない、もう誘わないで」と全部を話したという。
百合は、サクラの言動に「信じられない」と帰ってしまう。

実家に帰った百合。家では、カラオケで騒ぐ父と言いなりの母、そこに恋人からのメール。
なにもかもにうんざりするのだった。

東日本大震災で百合(橋本愛)がサクラの家に

翌日。
人事部には広報部長の葦田が百合を連れて押しかけてきた。
サクラが大切なクライアントを怒らせたと黒川を責め立てる。
サクラは「同期をセクハラから守った」と話すが、百合は葦田に合わせ「辛くなかった」と言う。
サクラは、黒川に促され、広報部長と百合に謝罪をしようとしたその時。
大きな揺れが起きる。東日本大震災だ。

**

情報を集め、安否確認をする。
花村建設は騒然する。

すみれは、子どもがいるため先に帰ることに。
そして「女子社員は先に帰るように」という黒川に、サクラは「もっと働きたい」と言うが……。
ヘルメットを渡され、帰ることになる。

会社帰り、いつもの喫茶店に行くさくら。
そこには、百合がいた。
電車が止まって帰れない百合はサクラの家に泊まることに。
近いと言ったサクラの家は、歩いてはほど遠く。
やっと帰宅するが、じぃちゃんにFAXするの忘れていたと、慌ててFAXを送るサクラ。

色気のないサクラの家。百合の部屋とは大違い。
美咲島橋の着工が決まった、と二人で話す。
「橋ができたら遊びに来てください」とサクラ。
「焦らないの?」という百合に
「橋の完成にはまだ時間があるし、必ずいけると信じている」と言うサクラ。
土木部に行けると信じているのだ。百合は、忖度しないサクラに「そのままでは無理だ」と言う。

「入社してから思ってた。
何か、私に向いている仕事があるんじゃないか」と、百合が話す。
だけど、ニコニコしているしかない、とも。
入社1年目に百合に言われたことが嬉しかったというサクラ。
「素直なままの百合さんでいて大丈夫じゃないか」と励ますサクラ。

百合は自分の両親のことを恥じている。
そこに、百合のもとに父と母から心配のメールが届く。

**

美咲島

北野柊作(津嘉山正種)はFAXを眺める。
「あんまり自分を責めないほうがいい」と言われている。

サクラ(高畑充希)と百合(橋本愛)が大バトル!

震災の影響で人事部のサクラは大忙し。
そんな中、パンフレットができあがるが、百合のところは差し替えるという。
黒川から、百合が「結婚して会社を辞める」と聞いたサクラ。
慌てて百合のところに向かう。

屋上で百合を見つけたサクラ。
「結婚するって本当ですか」と聞くと
「彼氏からプロポーズされた」という百合。

「でも、会社を辞めなくてもいい」というサクラに
「もう疲れたの」と答える百合。

「結婚したら幸せになれるんですか」とサクラ。
「彼は医者だし」という百合に
「それは、百合さんの夢ですか。そうじゃないのならもっと一緒に働きたいです」
といい、そして「私には夢があります」と続けるが、それを遮る百合。

「夢、夢、夢うるさい」と百合は切れる。
サクラに「あんたおかしい。いつまでも夢ばっか見てないで、現実見たら。
どうせ、橋なんてかからない。荷物まとめてとっとと島に帰ったら」

サクラ、百合に……

「ブス!」
「ブス、ブス、ブス」

サクラは百合に「現実から逃げている」と言い出す。
「種をまかねば一生花は咲かない」と。
幸せの種をまかなければ、幸せにはならない、ということだ。

「女だから仕事を任せられないというのは、あんたが努力をしていないからだ」
「もう無理して笑うのはやめれ、あんたそのままだとブスになる」
と言い張るサクラに
「あんたと私は住む世界が違う」と言う百合。
サクラは、「二度と私の前に現れないで」と言われてしまう。

**

じぃちゃんに、同期の仲間と喧嘩してしまった、とこの日のことを報告するサクラ。
仲直りしたいと思っていることを打ち明ける。

じぃちゃんからFAX。
「いい人と出会ったな
本気で叱ってくれるのが友だ
彼女と別れるな」

結婚を決めた百合(橋本愛)に同期メンバーが贈る言葉は……

百合は寿退社することに。
最後にひとこと、と挨拶をしている百合のところにサクラが。

「みなさんは、こんな優秀な人材が辞めていいのか」と。
本当は“このままでいいのか”とビクビクしていると百合の本音を言ってしまう。

百合は焦って、サクラを連れて出す。
「百合さんは私にとって本当の友だちだ」とサクラ。
百合はサクラの前で無理して笑わない。「だから、友だちだし信用できる」と。

「私は百合さんの味方になります。私の友だちになってくれませんか」
右手を差し出すサクラに
「誰があんたなんかと」と百合は立ち去ってしまった。

**

百合、会社を出るというとき。
葵が待ち受けて、百合に「いいな、女は。それはそれで幸せだろう」などと言う。
蓮太郎は「好きだった」と過去形で告白。
菊雄は「サクラのことは仲間だと思っている」と。

そして、サクラ。
大事なことを言い忘れたという。

「IDカードを返して欲しい」
そして、もうひとつ言い忘れたことが……。

「最後に二人で写真を撮りませんか」
と言うと断る百合。
「だったら、せめて、いい友だちを作ってください。
いい仲間と出会ってください」
サクラの言葉を聞いた百合は、会社を出ることができず、泣いてしまう。

「いい友だちって何よ」
と言いながら、サクラのもとに戻ってくる。

百合の退職届を持つサクラ。
サクラが百合の気が変わるからと預かっていたのだ。

そして、このときから二人は友だち。
「サクラ」「百合」と言い合う仲になり、写真を撮る。

このときから、百合は生まれ変わった。
そして、サクラは部署がかわることに……。

【同期のサクラ】3話の感想

セクハラ・パワハラを考える

屋上シーンに感動

新田真剣佑の回はいつ?菊雄(竜星涼)との関係は?

アスペルガーについて

【同期のサクラ】3話のまとめ

【同期のサクラ】3話。セクハラ問題と震災を盛り込んだストーリー。
サクラと百合のバトルの中に、感動の台詞がわんさかありました。ぶつかり合ったことで現在(2019年)がある。百合が娘に夢と名づけ、母親になっている。しっかりと年齢を経ている表情や仕草。その演技に拍手です。
そして、じぃちゃんのFAXには毎回、感動。じぃちゃんは、自分を責めているようですが、サクラの両親の死に秘密があるのでしょうか。
サクラの恋愛話もそのうちあるのかな?などと期待もしています。
そして、なによりも、入院中のサクラ。目覚めることはあるの?
次回4話は蓮太郎の回。蓮太郎が「ぶっ殺してやるんだよ」発言。一体どうなるのでしょう。来週も楽しみです。

【同期のサクラ】は、日本テレビ・水曜日・夜10時から放送です。

記事内画像引用:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/

同期のサクラ
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】