2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【やすらぎの刻~道】136話のネタバレと感想!ツイッターとは、その説明がリアルタイムで話題!?

【やすらぎの刻~道】136話のネタバレと感想!
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】136話が2019年10月14日に放送。
冴子(浅丘ルリ子)から、孫の竹芝柳介(関口まなと)のことで相談をうけた菊村(石坂浩二)は……。
ツイッターの説明が話題に!

テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】136話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!「やすらぎの郷」との徹底比較
【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。 主人公菊村(石坂浩二)が描く脳内劇『道』の世界と現代の2つの物語で構成される『やすらぎの刻~道』...
ドラマ【やすらぎの刻~道】キャストとあらすじ!トットちゃん出演決定!?
【やすらぎの郷】(2017年4月~9月)の続編。 「帯ドラマ劇場」【やすらぎの刻~道】(やすらぎのとき ~みち)がスタート。 テレビ朝日開局60周年記念作品。脚本は倉本聰。 昭和初期から現代までの80年間を描く壮大な物語。 4月8日...
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】136話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】136話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】136話のネタバレ

社会勉強と称して、赤線に行った公平(風間俊介)。そこでモモ(浅丘ルリ子)に会った公平は……。
と【道】の原稿を書いていた菊村(石坂浩二)。

冴子(浅丘ルリ子)のドアのノックの音で気づいた。机に伏して居眠りをしていたのだ。
冴子は、眠れない夜を過ごしたという。理由は、薬物所持容疑で逮捕・起訴され、世間を騒がせた孫の竹芝柳介(関口まなと)が釈放されるから。

竹芝柳介は初犯というのもあり執行猶予付きで釈放される。
身元引受人がいないと不利になる。
竹芝柳介は歌舞伎界のプリンスとして人気を博していたが、事件を機に竹芝家から縁を切られた上、所属事務所にも解雇されてしまい、身元引受人がいなくて、冴子のことを話したというのだ。

冴子は菊村に
「ここに働いている人は前科のある人が働いている。
だから、柳介も働くことはできないか、名倉理事長(名高達男)に相談してほしい」と頼む。
そこで、早速、菊村は相談をしてみたが、竹芝のことはよく知らないという理事長。
すぐには返事はできないが
「事務局に相談してみる」と言ってくれたのだが……。

**

句会。
お題は敬老。

蒟蒻亭乙葉(笹野高史)は、人によって老け方が違うといい「老けた人が老人」だと。
そこで笑いが起こる。

使い慣れた日本語で短文を作ってくれれば、それが、ボケ防止になるという。

**

菊村、冴子、名倉理事長、緑(草刈民代)。

東京の本部に連絡をして、事務局の承諾を得るのには時間がかる。
ここは、老人ホームだから、冴子のところで暮らすことは無理だという、名倉夫婦。
孫であっても、他の人は知らない。
だから、男女の仲だと思われたらどうするのか、と。
孫だと知られていいのか、とも。

そんなことがバレたら噂はパーッと広がる。
ツイッターが流行りはじめている、ツイッターならすぐに噂は広まると話す緑。

名倉はツイッターのことを説明するが、冴子はよくわからないらしい。
ただ、ツイッターだと世の中にすぐ広まる。
炎上してしまう、ということはわかった様子。

冴子は「そんなこと、卑怯だ」と興奮する。
「わたし、許さない」とも。
「そんな機械は、誰が発明したの?」
「私は許さない、総理大臣に、直訴する」と、我を失う冴子。

電話をとり「総理大臣に話したいけど、どこに電話をすればいいのか」と大騒ぎする。

<続く>

【やすらぎの刻~道】136話の見どころ

老けた人が老人という蒟蒻亭乙葉(笹野高史)

【やすらぎの刻~道】136話の感想

ツイッターを説明するのはちょっと難しいのかもしれない。
老人とはいくつから?というのに「老けた人を老人」という笹野さん。いいですね。
ほっこりします。
総理大臣に電話するなんて、ちょっと不思議な冴子。
女優を長くしていると、こんな風になる?いや、ならないよね、と思った136話でした。
柳介は【郷】で働くのでしょうか。展開はいかに!?次回もお見逃しなく。

ツイッターとは

 

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

やすらぎの刻
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
【dorama9】