朝ドラ【スカーレット】第1週のあらすじネタバレ!スイちゃん川島夕空、ぎぼむす横溝菜帆ら登場!

スカーレット

朝ドラ【スカーレット】第1週のあらすじネタバレ!

戸田恵梨香主演のNHK朝ドラ『スカーレット』第1週が2019年9月30日から10月5日まで放送されます。

今回は朝ドラ【スカーレット】第1週のあらすじネタバレについて紹介!

朝ドラ【スカーレット】のキャストとあらすじ! 2019年度後期のNHK朝ドラは『スカーレット』 主演は女優・戸田恵梨香、…
朝ドラ【スカーレット】の視聴率と最終回ネタバレ! 2019年度後期のNHK朝ドラは、戸田恵梨香主演の『スカーレット』。 …
スポンサーリンク

朝ドラ【スカーレット】第1週のあらすじネタバレ!

滋賀・信楽の女性陶芸家・川原喜美子(戸田恵梨香)。土と炎に向き合う女の物語がついにスタートします。

※初回の冒頭、戸田恵梨香さんが30代の喜美子役で登場。以降は、子役編になります。

喜美子(川島夕空)9才、陶芸に出会う!

ときは昭和22年。9歳の喜美子(川島夕空)は父の常治(北村一輝)母のマツ(富田靖子)、二人の妹と共に大阪から滋賀県の信楽に移りやってきた。

喜美子「海やああ」

初めて見る琵琶湖の大きさに圧倒され、海と勘違いしました。

引っ越し早々、近所の男子にからかわれ喜美子は怒って相手の所に乗り込み大ゲンカに。常治も巻き込んだ騒動が起こる

転入した小学校に向かう途中、喜美子は野生のタヌキに出くわす。

後をつけていくと、地面を掘り返す男(村上ショージ)の姿があった。

たずねると彼は陶芸家の慶乃川よしのがわと言い、焼き物を作る土を集めていると言う。

喜美子は土が売り物になると知った。土に価値があることに驚き、興味を持つ。

謎の男・草間(佐藤隆太)登場

事業に失敗して借金がある川原家は貧しく、食事は芋ばかり。そのため転入した小学校で、喜美子は初めての給食に大喜び。

帰宅して妹の直子(やくわなつみ)にうらやましがられていると、父・常治が帰宅。夕食は卵入りのおかゆだと宣言する。

ごちそうに心躍らせる喜美子だが、常治が連れてきた謎の男・草間(佐藤隆太)がごちそうの理由だと知る。

草間は、暴漢に囲まれていたところを、大阪に買い出しに行っていた常治に助けられた。

浮かない顔をしている草間だが、医者から心に栄養が足りないと言われているという。

ある日。草間は陶芸家・慶乃川のもとにいた。探しに来た喜美子は、焼き物を見ると、「あかんやん。ただの土のかたまりやん」と率直な思いを口にする。

草間は「子供だからって一生懸命作ったひとに失礼だよ」と喜美子に伝えた。

喜美子「女に学問は必要ない!」

近所の神社に紙芝居屋がやってくる。子供たちは紙芝居の前、「ポン煎餅」を買って食べる。

しかし周りが食べているのに、喜美子たち姉妹は食べられない。

そのため絵を描くことが上手な喜美子は、紙芝居を作る。学校でも没頭していたため、先生に叱られた。

喜美子は父から言われていた「女(おなご)に学問は必要ない」を宣言。

常治は窯元(かまもと)「丸熊陶業」に来ていた。喜美子の同級生で「丸熊陶業」の娘・照子(横溝菜帆)が父に学校での喜美子の言動を話していて、その場にいた常治は聞いてしまう。

帰宅後、常治は「勉強せえ」と喜美子を叱る。喜美子は照子から勉強を教わることになった。

照子(横溝菜帆)の抱えている事実

草間は「心の栄養を頂きました。有難う」と書き置きをして、去って行った。

冬を迎える頃。照子のおかげで読み書きができるようになってきた喜美子。

信楽(しがらき)で一番大きな窯元「丸熊陶業」の娘である照子は、何不自由なく育てられたお嬢様に見えるが、実は戦争で兄を亡くしていた。

毎年、兄の誕生日に墓参りにも行く照子。今年は喜美子も一緒に行った。

その後、喜美子が帰宅すると借金取りが来ていて…。

朝ドラ【スカーレット】第1週の見どころ

ついに『スカーレット』第1週がスタート。

初回の冒頭で30代前半の喜美子役を戸田恵梨香さんが演じます。

約3カ月、陶芸のけいこを積んだ戸田さん。吹き替えなしで陶芸の腕前を見せるとのこと。楽しみです。(その後、戸田恵梨香さんは第2週の後半から登場予定。)

幼少時代の喜美子役は、NHK Eテレの幼児向け番組「みいつけた!」で3代目「スイちゃん」を務めた川島夕空(かわしま・ゆあ)ちゃんです。

さらに喜美子の幼なじみ・照子の幼少期は、横溝菜帆(よこみぞ なほ)ちゃん。

ドラマ『義母と娘のブルース』の主人公の娘・宮本みゆき(上白石萌歌)の幼少期も演じていました。

「みいつけた!」を見てきた親御さん方やドラマファンの方なども楽しみになる幼少期編、川島夕空・横溝菜帆ちゃんたちの登場です。

ただし、幼少期はいつも視聴者の好き嫌いが分かれるもの。

青年期からスタートする『ひよっこ』『まんぷく』の例もありますが、『半分、青い。』のように子役に泣かされるケースもあります。果たして今回はどうなるのでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク