【なつぞら】142話の視聴率とあらすじ!広瀬すずスカウトの逸材/鈴鹿央士が朝ドラデビュー!

natuzora

【なつぞら】142話の視聴率とあらすじ!

広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第142話が2019年9月12日(木)に放送されました。

今回は【なつぞら】142話の視聴率・あらすじ・感想について。

朝ドラ【なつぞら(夏空)】のキャスト相関図とあらすじ!広瀬すず×岡田将生! 2019年度前期・NHK朝ドラは広瀬すず主演の【な…
【なつぞら】のネタバレ最終週最終回まで! NHK「朝ドラ」こと連続テレビ小説の第100作『なつぞら』が2019年4月~9月まで…
スポンサーリンク

【なつぞら】142話の視聴率

『なつぞら』142話の視聴率は19・5%!

前回から0.3ポイントダウンとなりました。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)

【なつぞら】の視聴率一覧! 広瀬すず主演の朝ドラ【なつぞら】が2019年4月~9月まで放送! 視聴率20%超え連発で、日…

【なつぞら】142話のあらすじ

東京に戻ったなつ(広瀬すず)は、早速、「大草原の少女ソラ」の主人公ソラのキャラクターを描いてみた。しかし、坂場(中川大志)達にまったく認められず、思い悩むなつ。

下山(川島明)が十勝でスケッチした優(増田光桜)と泰樹(草刈正雄)の絵を見て、イメージが沸き、なつは勢いよくソラのキャラクターを描き始め、ついに出来上がった。

麻子(貫地谷しほり)や桃代(伊原六花)も絶賛した。坂場も「この子の日常なら見たくなります。主人公の活躍よりも、生きる力そのものを描きたいから」と褒めた。

優は保育園が終わったあと、マコプロで過ごす。


そしてある日曜日。坂場家に信哉(工藤阿須加)と明美(鳴海唯)がやってきた。

信哉と明美は東京の放送局に勤めていた。デスクの信哉に鍛えられている明美は、一人前の女性ディレクターを目指していた。

柴田家を取材したテレビ漫画の話しになった。

あくまで架空だが、明美は「なつ姉ちゃんのことを知ってる人は、うちの話だって思うでないの?」と尋ねた。

坂場「そう思われてもいいと思ってるよ。それでも恥ずかしくないようなリアリティーのあるものにしたいと思ってるんです。もともと原案にしてるのも作者の実体験ですし。」

明美「そしたら、うん…千遥ちゃんが見ても、なつ姉ちゃんの話だって思うかもしれないね。うちの家族のことも知ってるわけだし。」

坂場もなつも見てほしいと信じた。信哉たちが帰ったあと、坂場は本当になつの実体験と重ねて描いてもいい、なつと伝えた。

坂場「いや、そうしなければ君と作る意味がないとも思ってる。十勝に行って泰樹さんの話を聞いて開拓者精神の底には悲しみがあることを感じられた。人との結び付きを何よりも大切にする。他人を家族のように受け入れる。その優しさが生まれることも知ったんだ。それこそが僕らの描くべき物語だと思う。」

具体的には新しい登場人物を作る。子どもの頃のなつであり、泰樹でもあり、千遥でもあるかもしれない人物を。

坂場「いつかは君と千遥ちゃんがまた家族として結ばれることを信じて…。家族であるかどうかは本当に家族かどうかではなく、それを望む意志があるかどうかなんだ。それを描きたい。そういう自分のことのように物語を描くことに抵抗はある?」

なつ「私にとっては 自分の魂を絵に吹き込むことが全てだから…。信じてついていくだけです。」

原作の「大草原の小さな家」に なつ自身の経験も織り交ぜた新しい物語が生まれようとしていた


マコプロダクションに制作進行の石沢裕也(大野泰広)と町田義一(鈴鹿央士)、動画チェックをする立山久子(伊藤修子)が加わった。

麻子「立山さんだけじゃ大変だと思うので、できるだけ動画チェックは私も手伝います。ここにいるのはメインスタッフだけで 仕上げはもちろん原画も動画も背景の作画も外注に頼らざるをえません。外注先とみんなの間を この石沢さんと町田君が行ったり来たりしてくれることで なんとか製作は成り立ちます。しっかり締め切りは守りましょう。」

坂場「それでは ざっと1話のストーリーを説明します。まず、一家が旅をしています。荷物を荷馬車に積み、荒野を走るのは 父さんと母さんと妹、そして主人公のソラ。住んでいた場所を洪水で流され、新天地を求めていました。その旅の途中に川に流されている少年を発見します。
その時、少年の友達のリスが助けを呼ぶように鳴くんです。それに気付くのがソラ。ソラは父さんに助けを求める。少年はソラの機転とその家族によって救われるんです。
少年の名前はレイです。レイの家族は洪水によって流されていました。孤児となったレイは ソラたち家族と一緒に新天地へ向かって旅をすることになる。」

天陽「その少年も主人公の家族として育っていくという話?」

なつ「そうです。ソラとレイ、この2人の成長を通して開拓者家族の物語を描きたいんです。」


物語に登場するキャラクターも固まり、作画作業がいよいよ進み始める。

なつの絵は、坂場から荷馬車が荒れた大地を走ってる振動が感じられないとダメ出しされた。

「子どもが見ても、大人が見ても本当だと思える表現をしたいだけなんです。君の記憶と想像力なら、それができると信じています。」と坂場は励ました。

なつは泰樹と馬車に乗った小さい頃を思い出しつつ、作業にかかる。

(ナレーション)なつよ さあどんなものができるのか 私も楽しみだ。

【なつぞら】142話の感想

鈴鹿 央士(すずか おうじ)さんが朝ドラ初出演で話題です。

2000年1月11日生まれの岡山県出身。スカウトをしたのは、なんと【なつぞら】ヒロイン・広瀬すず!

広瀬すず主演の映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』(2016年)に鈴鹿がエキストラで出演していたときに見出しました。

広瀬すずの推薦で、鈴鹿は芸能事務所に所属。以降、『MEN’S NON-NO』専属モデルオーディションにてグランプリに輝き、直木賞・本屋大賞ダブル受賞作品を実写化した『蜜蜂と遠雷』(2019/10/04公開)で映画デビュー!そして朝ドラデビューと勢いのある新人俳優。

142話の出番は少ないですが、現場で勉強することも多いでしょう。今後の活躍に期待です。

※第24週のあらすじネタバレ

【なつぞら】24週のあらすじネタバレ!  広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』の第24週「なつよ、この十勝をアニメに」が20…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク