【なつぞら】140話の視聴率とあらすじ!なつ(広瀬すず)がまるでナウシカと話題!

natuzora

【なつぞら】140話の視聴率とあらすじ!

広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第140話が2019年9月10日(火)に放送されました。

今回は【なつぞら】140話の視聴率・あらすじ・感想について。

朝ドラ【なつぞら(夏空)】のキャスト相関図とあらすじ!広瀬すず×岡田将生! 2019年度前期・NHK朝ドラは広瀬すず主演の【な…
【なつぞら】のネタバレ最終週最終回まで! NHK「朝ドラ」こと連続テレビ小説の第100作『なつぞら』が2019年4月~9月まで…
スポンサーリンク

【なつぞら】140話の視聴率

『なつぞら』140話の視聴率は、19.4%!

前回139話の23・8%から大幅に4・4ポイントダウンとなりました。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)

【なつぞら】の視聴率一覧! 広瀬すず主演の朝ドラ【なつぞら】が2019年4月~9月まで放送! 視聴率20%超え連発で、日…

【なつぞら】140話のあらすじ

新しいアニメーションの舞台が北海道に決まり、マコプロのメンバーはロケハンのため、なつ(広瀬すず)・優(増田光桜)とともに十勝・柴田家を訪れた。

麻子(貫地谷しほり)、坂場(中川大志)、神地(染谷将太)、下山(川島明)たちは泰樹(草刈正雄)から開拓の話を聞く。

泰樹(草刈正雄)も親がいなかった

泰樹は富山県出身だが、幼い時に両親を流行り病で亡くしていた。

その後、親戚の農家の養子になったが、働かなければただの厄介者。

そして18歳の時、北海道に渡って開墾。3年のうちに切り開いて 国の検査を受け、それで合格して、やっと自分の土地になった。

しかし土が悪くてな作物は思うように育たなかった。それで牛飼いも始めた。

初めはもっと帯広に近い十勝川のほとりに住んでいたが、泰樹の娘・富士子が8歳の時の大正11年、十勝川が反乱して家も畑も流された。

それで音問別に移住して、また開墾から始めたが、1年もしないうちに妻(富士子の母)を病気で亡くす。

神地は「その洪水は使えるかもしれない」とつぶやく。不謹慎だと麻子にたしなめられたが、泰樹は笑った。

坂場が何が支えだったか尋ねた。家族でしたか?

泰樹「家族に限らんかもしれん。誰もが支え合って それで開拓者は強くなったんじゃ。」

富士子と砂良も夢を抱く

柴田牧場の集乳場にて。

泰樹の話を聞いた富士子(松嶋菜々子)が、泰樹は十勝に連れてこられたなつ(幼少期:粟野咲莉、大人:広瀬すず)を、かつての自分に重ねていたのではないかと話し出す。

砂良によると、古い牛舎は使わなくなるから、富士子とともに「柴田牧場のアイスクリーム」を作る予定だと夢を語った。

砂良「牧場を見たいという人もいるのさ。そこで、ここをお店にしたら、そういう人がたくさん来てくれるんでないかって。お義母さんが。これは私とお義母さんの、いわば開拓だもね。」

なつ(広瀬すず)牛を止める!?

マコプロメンバーは牛の搾乳を体験したり、門倉番長の家に行って古い器具を見せてもらった。

陽平は風景や靖枝(大原櫻子)の農作業をスケッチしたりした。

牧場を訪れるマコプロメンバーと優。

走り回る優に牛が興奮してしまった。なつは優の前に立って、両手を広げ止め、牛を撫でで落ち着かせた。

それを見た一久は思わず見入ってしまうのだった。

(ナレーション)なつよ どうやらイッキュウさんたちにも 何か届いたようだぞ。

【なつぞら】140話の感想

なつ(広瀬すず)がまるでナウシカのようだと話題です。

牛に慣れているとはいえ、まるで会話して止めたかのような…。

坂場が見とれていたので、「大草原の少女ソラ」に生かされていくのか、または神っちが監督するときの伏線か?

アニメーションの元ネタがいろいろと楽しい【なつぞら】です。

※139話のあらすじネタバレと感想

【なつぞら】139話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第139話が2019年9月5日(木)に放送され…

※第24週のあらすじネタバレ

【なつぞら】24週のあらすじネタバレ!  広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』の第24週「なつよ、この十勝をアニメに」が20…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク