【なつぞら】139話の視聴率とあらすじ!陽平(犬飼貴丈)がマコプロ入社で視聴者歓喜!

natuzora

【なつぞら】139話の視聴率とあらすじ!

広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第139話が2019年9月5日(木)に放送されました。

今回は【なつぞら】139話の視聴率・あらすじ・感想について。

朝ドラ【なつぞら(夏空)】のキャスト相関図とあらすじ!広瀬すず×岡田将生! 2019年度前期・NHK朝ドラは広瀬すず主演の【な…
【なつぞら】のネタバレ最終週最終回まで! NHK「朝ドラ」こと連続テレビ小説の第100作『なつぞら』が2019年4月~9月まで…
スポンサーリンク

【なつぞら】139話の視聴率

『なつぞら』139話の視聴率は23.8%で、自己最高をマーク!

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)

【なつぞら】の視聴率一覧! 広瀬すず主演の朝ドラ【なつぞら】が2019年4月~9月まで放送! 視聴率20%超え連発で、日…

【なつぞら】139話のあらすじ

(ナレーション)昭和49年3月 なつが18年勤めた東洋動画スタジオを去る日がやって来ました。なつが仲間と共に作ったアニメーションの数々がこの部屋から生まれました。

なつ(広瀬すず)は、仲(井浦新)や井戸原(小手伸也)、堀内(田村健太郎)達と挨拶を交わし、これまで仲間とともに試行錯誤してきた日々を思い出す。アニメーターに拍手で見送られる中、なつは18年間勤めてきた東洋動画を去った。

そして、いよいよマコプロに入社したなつ。

麻子(貫地谷しほり)や坂場(中川大志)や神地(染谷将太)達と、満を持して新しい企画に挑戦する。

タイトルは「大草原の少女ソラ」。ソラは主人公の名前で、原案どおり、開拓者一家の娘の目を通して物語を描く。

時代設定は大正から昭和にかけて 舞台は日本の北海道。どこの国で見られてもリアリティーを感じてもらえることを目指す。放送時間は日曜日の夜のゴールデンタイムで、半年後の10月から9ヶ月が放送期間。

マコプロ独自製作のテレビ漫画第1作目なので絶対に失敗を許されない。

坂場が演出担当、奥原なつが全てのキャラクターデザイン 作画監督。モモッチは色指定と仕上げの検査。美術監督として山田陽平(犬飼貴丈)を迎える予定だ。

天陽の兄で東洋動画に勤めていた陽平は、麻子の同期という縁もあって来てくれることになった。やがて出社してきた陽平は、北海道の風景の絵を見せる。記憶の中の風景を描いたものだ。

なつ「とてもすてきです。ここまで十勝の空気を絵に出せるのは やっぱり陽平さんだからです。」

坂場は「それじゃ、北海道にロケハンに行きましょう。」と切り出した。マコプロにそんな予算はないが、なつが十勝なら交通費だけで済むかもと提案した。

(ナレーション)というわけで なつたちは開拓者家族の暮らしを取材するために 十勝にやって来ました。なつよ ここからまた 新しい君が始まりそうだな。

【なつぞら】139話の感想

亡き天陽(吉沢亮)の兄・陽平(犬飼貴丈)がマコプロに加わりました。視聴者も天陽の想いが受け継がれると視聴者歓喜!

この場合の陽平のモデルは「アルプスの少女ハイジ」で美術監督を務めた井岡雅宏さんと言われています。北海道出身で、東映動画出身の方です。

北海道でロケハンし、また柴田家などが再登場するのも楽しみ。そういえば泰樹(草刈正雄)は「ハイジ」のおじいさんのようなヒゲでした。

※140話のあらすじネタバレと感想はコチラ

【なつぞら】140話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第140話が2019年9月10日(火)に放送さ…

※第24週のあらすじネタバレはコチラ

【なつぞら】24週のあらすじネタバレ!  広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』の第24週「なつよ、この十勝をアニメに」が20…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク