【凪のお暇】7話の視聴率とあらすじ!素直な慎二に相次ぐ応援メッセ!

【凪のお暇】7話の視聴率とあらすじ!

黒木華主演のTBS金曜ドラマ【凪のお暇】第7話が2019年8月30日に放送されました。

凪と坂本がコインランドリー経営へ!兄の一言で慎二に大きな変化が!

今回は【凪のお暇】第7話の視聴率、あらすじネタバレ、感想について。

【凪のお暇】の動画

【凪のお暇】は、パラビで全話配信予定。30日間無料体験するなら、まずは登録+ログイン!※本ページの情報は7月19日時点のものです。

ドラマ【凪のお暇】のキャストとあらすじ! 2019年7月19日スタートのTBS・金曜ドラマは黒木華主演の【凪のお暇】(なぎのお…
スポンサーリンク

【凪のお暇】7話の視聴率

【凪のお暇】7話の視聴率は10.8%

最高記録更新です。

終盤に向けてさらに伸びそうな予感。

【凪のお暇】の視聴率と最終回ネタバレ! 黒木華主演のTBS系金曜ドラマ【凪のお暇】が放送開始(2019年7月19日~)。 …

【凪のお暇】7話のあらすじネタバレ

●第7話のあらすじ

 (黒木華) から、ゴン (中村倫也) と別れたことを聞いた 慎二 (高橋一生) は、オフィスラブを満喫中の  (唐田えりか) とランチ中にも関わらず、が気になり上の空。その時、突然同僚の 足立 (瀧内公美) たちがやってきて、慎二と鉢合わせてしまう。秘めた関係がバレているのではないかと、よくない空気が漂う中、慎二は思いがけない人物と接触する…。

ある日、いつものコインランドリーで洗濯をしていた 龍子 (市川実日子) とは、コインランドリーが閉店することを知り、店主から冗談半分で、「このコインランドリーを継いで欲しい」 と言われる。その日の夜、アパートで龍子ゴン (三田佳子)、みすず (吉田羊)、うらら (白鳥玉季) に、「継いで欲しい」 と言われた話をしていると 「そんな夢もありかも」 という展開に。
そこで、は引っ越してきた時に書き出したウィッシュリストを再び思い出し、みんなで書くことに。思い思いに自分がやりたいことを書く中、やはり、はなかなか書けずにいた。そんな様子のを見ていたみすずは…。

ゴンのことを好きだと自覚してから、自分がのために何をしてあげられるのかと思い悩んでいた。そして、ついにゴンが行動を起こす。

出典:http://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/story/

●第7話のネタバレ

慎二は、足立の様子から円との関係が足立達にバレていることを悟る。そんな慎二坂本がいたヤバい会社・ドリームランナーズに兄の慎一がライフスタイリングコンサルタントとしてゲストになっていることを知り、窮地に。

一方も母との電話でおばあちゃんの100年物の糠床を引っ越しの際に捨ててしまったことを思いだし窮地に。

ウィリッシュリストに何も書けない。「大きな夢を書きたい。でも・・・実現の可能性を考えてしまう」と言う。そんなを見ているみすず。そして、ゴンもまた何も書けないでいた。

慎一と連絡がつかない慎二は、慎一の動画サイトがゴンがいるクラブで撮影されていることを発見し、ゴンエリィ慎一が来たら連絡をくれるよう頼み込む。親戚の間では、慎一は出来が良く、アメリカの投資会社でバリバリ働いていることになっているので本名と顔出しで活動されると困るのだ。慎二の願いを引き受けたゴン慎二に突然「ウィッシュ」ってある?と聞く。ゴンは、目の前の女の子の望みが自分の望みだったから自分の望みは今までなかった。でも今は、望まれなくてもの喜ぶことをしてあげたい。こんな気持ちは初めてだと告白する。「ふーん」と気にしてない素振りで出て行った慎二だったが、ゴンの言葉は心に刺さっていた。

みすずの部屋でみすず、うららといっしょに食事をしている凪は、コインランドリーの経営者から聞いたドラッグストアに変わる話をしている。「何か力になれたらよかったんだけど、でも・・・現実的には・・・」と言う凪をみすずはドライブに誘う。

翌日、みすずうららとドライブに出かけた。途中、みすずと運転を交代しようとする。自信のないは拒むが「大丈夫です」と強引なみすず。「でも・・・」と言うに「もしかして”でも”って口癖になってません?今日は”でも”は無しでいきましょう」と説得する。運転を楽しむみすずは、「車でしか行けない場所もある。選択肢が増えると胸が沸きませんか?ブワーって」と。と言って”でも”を理由に行動範囲を狭めているの背中を押す。

坂本とのコインランドリー経営を前向きに考えてみることにした。坂本も同じ考えでしっかり事業計画書を書いてくる。

スナックバブルへやってきた慎二は買い物へ行っていてちょうど留守だった。ママ慎二が諦め切れない元カノがだとわかっていて、の本当の気持ちを慎二に聞かせようと帰ってきたの死角に慎二を隠す。そして慎二へのいい返事を聞き出すように質問するが、「慎二と寄りを戻すなんて300%ない」と言い切る。それを聞いた慎二は姿を見せ、自分は800%ないと言い、勢いで彼女が出来たと言ってしまう。しかしは「そうなんだ、よかったね」と冷ややかに答える。捨てゼリフを残して帰る慎二

足立たちに誘われたランチの席でマウンティングを受け、慎二の元カノの話をされる。写真を見せられ、それがバブルのボーイと紹介されただとわかる。

一方、慎二はイベントで使う商品の空気清浄器が、事情で届かないという連絡を受けパニックに。いろいろな社員に頭を下げるが、「ガモちゃんならなんとかなるでしょ」といい返事をもらえない。

共有スペースでコインランドリー経営の夢を絵に描きながら寝てしまった。通りかかったゴンがその絵を見る。すると何か思いついたように絵を描き始める。

翌日、その絵をに見せる。コインランドリーの外観と、そこに併設されたCAFEスペースでくつろぐ人が描かれた絵。が感動する。「ちゃん、おれね・・・」と言いかけたゴンとの間に割って入ったのは坂本だった。坂本の手を引き、いっしょにコインランドリーの経営者親子を説得しに行く。

経営者の息子は、縁もゆかりもない人間が継ごうとすること自体無理なことと言うが、縁もゆかりもない人たちが自分を救ってくれた。だから今この縁を大事にしたいと説得する。息子が「でも・・・」と言いかけた途端、それを遮り、「”でも”って言ってやらない理由を並べて、新しいことをしない方が楽だけど、ずっとそうしてきたけど、それじゃあ見られない景色があると思うから」とゴンの描いた絵を見せ、みんなの憩いの場所を作りたいと夢を語る。息子は「断ってあげたほうがこの子たちのため」と父親に言うが、そこで助け舟を出したのはだった。は、自分たちの世代が若い世代に夢を残してあげなければと説得。父親は折れるが、息子はまだ折れない。しかし、坂本の事業計画書に入っていた坂本の履歴書を見て、東大卒と判ると考えを変える。

こうして坂本は、コインランドリーの共同経営を継ぐことが現実になる。心配ながらも大喜びで抱き合う坂本だった。

イベント用の商品をなんとか確保し、ホッとする慎二。すると同僚が、が休みを返上して大阪時代の営業先に頭を下げて回ったからと教える。

円にお礼を言って頭を下げる慎二。するとは「同僚じゃないですか」と言って通り過ぎていく。

イベント準備する慎二エリィから連絡が入る。慎一がいるバーに向かった慎二。本名での活動をやめてと言う慎二に、「相変わらず仮面被って生きてんだ。ヘド出るわ。お前いくつよ。お前が明るく楽しく冗談飛ばして、いい空気醸し出して、いくら誤魔化そうとしたって、あの家根っこから腐ってんじゃん。なのに今でも空気読んで生きてんだ。家でも、職場でも、女の前でも。何をそんなに守りたいの?俺は好きな名前でやりたい時にやりたい事をやる。お前もさあ、一人でもいいから本当の顔晒せる相手がいたら、もう少し楽に生きられんじゃね?」と言って出ていく慎一。何も言い返せない慎二

イベントが始まり、空気清浄器の説明を始めた慎二だったが、様子がおかしい。次第に呼吸が出来なくなり倒れてしまう慎二

バブルで仕事中、ひょんなきっかけで糠床を小分けにしたことを思いだす

部屋で休みながら電話をする慎二。相手は円。今から来るらしい。イベントのことを謝り、「はんとするあ、俺たちのこと。ちゃんと話そう」と言う。電話を終えるとすぐにピンポン。ドアを開けるとそこにいたのはだった。は謝りながらまっすぐに冷蔵庫へ。奥から入れ物に入った糠床を見つけ、捨ててなかったことに礼を言う。

すると慎二は泣きそうな顔で謝る。「あの時はごめん。お前が倒れたの俺のせいだ。分かってやれてなかった。追いつめた。(泣き出す)好きだった。幸せにしてやりたかった。できなかった。ごめんな・・・ごめん」号泣する慎二。唖然と見つめる。らせん階段には、伸び放題の豆苗。

自分が同じ経験をして始めての辛さを理解した慎二だった。

【凪のお暇】7話のウイカ

イベント会場の準備の際、大あくびしていました。

名前:真多照代

年齢:35歳

経歴:大学時代はテニスサークルに所属していた。親のコネでシゲタデンキに入社。平日は ベリーダンスとキックボクシング、週末はボルダリングへ通う。上司の山路とはただならぬ関係にあるとかないとか。

憧れの人:天海祐希

画像及びプロフィール出典:http://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/uika/vol07.html

【凪のお暇】7話の感想

【凪のお暇】7話のまとめ

慎二が初めて素直な心を伝えました。原作にはない部分です。ゴンも慎二に凪への気持ちを告白するし・・・

そんな中、当の凪は新しい夢へ向かって行きました。今回はみすずのおかげで自分の欠点に気づくことができたようです。どんどん周りの人を変えていき、それが自分にプラスとなって帰ってくる凪は本当に魅力的ですね。

原作にはない怒涛の展開が続き、エンディングが予測しにくくなりました。益々目が離せない終盤になりそうですね。

【凪のお暇】8話の予告

『凪のお暇』(なぎのおいとま) 9/6(金) #8 物語はクライマックスへ!! 好きな人が遠くなる…【TBS】

記事内画像出典:番組公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク