【科捜研の女19】13話の視聴率とネタバレ!風間トオルのしょんぼり姿が可愛い!?

科捜研の女13話トップ

【科捜研の女19】13話の視聴率とネタバレ!

テレビ朝日、木曜ミステリー【科捜研の女19】13話が8月15日(木)に放送されました。

宇治茶職人の殺人に関わったのは、意外な人物だった!?

お茶には自信があった宇佐見裕也(風間トオル)が全否定され、しょんぼり落ち込む姿が可愛いと話題に!

今回は、【科捜研の女19】13話の視聴率とあらすじ、ネタバレ感想をお伝えします!

【科捜研の女19】の動画配信情報
【科捜研の女19】の動画はビデオパスで配信中!
au以外のスマホ、パソコンでも視聴可能です。
【科捜研の女19】の視聴率とネタバレを最終回まで! 榊マリコ(沢口靖子)と土門薫(内藤剛志)のどもマリの関係が1年かけて進展す…
ドラマ【科捜研の女19】のキャストとあらすじ! 通称「科捜研」の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)が、科学や法医学などの専門技術…
スポンサーリンク

【科捜研の女19】13話の視聴率

【科捜研の女19】13話の視聴率は9.8%でした。

今シーズンでは、2回目の1ケタ台の記録です。

【科捜研の女19】13話のあらすじ

【科捜研の女19】13話のあらすじ

宇治川のほとりで、宇治茶の老舗“久住茶寮”の職人・橋本俊介(川野直輝)の遺体が発見された。

榊マリコ(沢口靖子)らが検視した結果、死因は鈍器で頭部を殴打されたことによる“急性硬膜下血腫”と判明。

しかし、殴打されてから死亡するまで1時間ほど空いており、どこか別の場所で襲われた後、自身の足で移動し、遺体発見現場で息絶えたものと思われた。

また、遺体のズボンのすそ部分に数種類の細かい茶葉が付着していたが、職場である“久住茶寮”が扱っている茶葉とは一致しなかった。

“久住茶寮”主人・久住博之(藤田宗久)とその妻・花枝(萩尾みどり)に事情を聴いたところ、元職人・角倉長治(松澤一之)が捜査線上に浮上。

ギャンブル好きの角倉は、足を洗うと久住らに約束したにもかかわらず、こっそり賭けマージャンに興じているところを橋本に見つかり、5年前に解雇されたという。

その角倉が、1年ほど前から京都で緑茶カフェを開いていたことが判明!

カフェで使われている茶葉を調べるため、マリコはお茶に詳しい宇佐見とともに店を訪ねるが、宇佐見は角倉から「茶の道をなめている」とたしなめられてしまい、すっかり消沈してしまう…。

そんな中、“宇治茶グランプリ”が開催され、久住は自身が合組(ごうぐみ=ブレンド)した茶を出品する。

ところがその会場に角倉が現れて…!?

ゲスト:松澤一之、萩尾みどり、藤田宗久、川野直輝

記事の出展:テレビ朝日、公式サイト

【科捜研の女19】13話のネタバレ

【科捜研の女19】13話のネタバレ

容疑者・角倉の不審な行動

宇治茶グランプリの審査会場に現れた角倉長治(松澤一之)は、懐に何かを忍ばせながら挙動不審な動きをしていた。

その様子に気付いた久住茶寮の女将、久住花枝(萩尾みどり)はすぐに土門刑事(内藤剛志)に連絡を入れる。

土門刑事蒲原刑事(石井一彰)はすぐに会場に向かうも、2人が到着したころには角倉の姿は見えなくなっていた。

そんな中、茶の審査は順調に進み、久住茶寮の主人・久住博之(藤田宗久)の茶が審査される。

ところが、審査員たちは茶を飲んだ途端に「何だこの茶は、苦くて飲めない!」と言って、吹き出してしまう。

角倉の行方を探すと、会場の隅に発見、直ぐに追うも角倉は自転車を盗んで逃走する。

角倉が懐に忍ばせていたのは何か?

榊マリコ(沢口靖子)と土門刑事は、グランプリ出場者控室の防犯カメラの映像を解析して捜査する。

すると、そこには久住が茶を入れる直前、控室に来る角倉の映像が残されていた。

角倉は懐に忍ばせていた久住茶寮の茶筒を取り出し、久住の茶筒と入れ替えようとしている。

マリコと土門刑事は、この映像から角倉が審査直前に不味い茶の茶筒と入れ替えて、久住を貶めたのだと考えた。

これで、角倉が久住に恨みを持っていたことが判明、被害者・橋本俊介(川野直輝)は、角倉の久住を貶める計画に気付いたから殺されたのか?

科捜研では、角倉を容疑者として犯行の動機を推測していた。

橋本が殺害された場所の手がかり

橋本はどこで襲われたのか?

その手がかりになったのが、橋本の靴底に付着していた肥料だった。

農協に問い合わせた結果、この肥料を使用しているのは「松宮茶園」という茶畑のみだという。

マリコはさっそく「松宮茶園」に向かう。

茶畑で作業していた人物に話を聞くと、橋本のことは知らないが角倉のことは知っており、角倉には茶畑の一部を貸しているという。

角倉は茶畑の端にある、作業小屋で合組と呼ばれる茶葉のブレンドを行っていた。

角倉の作業小屋に残された茶葉を鑑定した結果、橋本の衣類に付着していた茶葉と成分が一致。

橋本は何らかの理由で角倉の作業小屋を訪れ、襲われたと推測する。

状況から角倉が橋本を襲った可能性が高かった。

しかし、角倉の身柄を確保し事情聴取するも、橋本を殺していないと容疑を否認する。

一方その頃、科捜研では角倉の作業小屋に残されていた茶筒などを鑑定していた。

しかし、何故か角倉の指紋とともに橋本の指紋も多数残されていた。

さらに、小屋にあった茶筒に書かれていた日付が全て橋本の筆跡と一致。

もしかすると、角倉の作業小屋で茶の合組をしていたのは橋本なのか?

マリコが茶を入れる

マリコが茶を入れて検証した結果、宇治茶グランプリの会場に残された不味い茶は角倉が作った茶ではないことが判明。

実は久住は味覚障害であり不味い茶を淹れてしまうが、本人はそのことに気付いていなかった。

角倉は宇治茶グランプリの会場で久住の淹れる不味い茶をすり替えて久住の名誉を守ろうとしたが、上手くいかず不味い茶が振る舞われてしまっていた。

橋本は久住茶寮の伝統の味を守るために、作業小屋で角倉に茶の合組を教えてもらっていたのだった。

宇治茶グランプリですり替える予定だった茶を合組したのは橋本で、殺害される直前まで茶筒を持っていたことが判明。

茶筒を調べると、橋本が襲われた際に付いたと思われる血痕とシミが付いていた。

真犯人・稲山の犯行動機

犯人の手がかりを探る中、マリコはシミに残っていた水の成分に注目。

水の成分を調べた結果、角倉の麻雀仲間である稲山雅代(楠見薫)の自宅にあったウォーターサーバーの水の成分と一致。

稲山の自宅には橋本を殴ったと思われるトロフィーもあった。

稲山は角倉に好意を寄せており、橋本が角倉とどのような関係なのかが気になっていたので、橋本を自宅に招いて話を聞いていた。

橋本は角倉に久住茶寮に復帰してもらうように依頼、稲山の出資によって経営していた、かどくら庵の閉鎖も求めていた。

さらに角倉から手を引くようにと言われ、稲山は激昂し橋本を殺害してしまったのだった。

【科捜研の女19】13話の感想、まとめ

今回は宇治茶の職人が殺害され、その容疑者の捜査を通じてお茶の世界の奥深さが表現された内容のお茶回でした。

科捜研のメンバー、宇佐見裕也(風間トオル)はお茶には強いこだわりがあり自信を持っている人物。

そんな、宇佐見裕也(風間トオル)が容疑者から、「茶の世界を舐めているね」と言われて落ち込み、拗ねる姿が可愛いと感じた視聴者が多かったようです。

いつものおやつタイムでも、お茶を淹れることはなく、まさかのペットボトルのお茶を買ってくるほどしょんぼり…

https://twitter.com/Kokeshininja330/status/1162205268211462144

いつも、完璧なイメージの宇佐見裕也(風間トオル)が落ち込み、人間味を感じさせる内容は新鮮でしたね。

でも最後は宇佐見裕也(風間トオル)のお茶の知識が事件解決に繋がり、立ち直ることが出来てホッとしました。

科捜研のお茶の達人は、今後も事件解決のために活躍してくれそうです。

次回は、8月22日(木)の放送です!

記事内の画像出典:テレビ朝日、公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク