【監察医 朝顔】ドラマと原作の違いまとめ!最後の悲劇は回避となるか?

監察医朝顔HP

2019年夏のフジテレビ月9で「監察医 朝顔」が放送され、主人公で監察医の万木朝顔(上野樹里)と父親で刑事の平(時任三郎)の活躍を描いています。

同名の漫画原作を元にしているドラマですが、設定が大幅にアレンジされています。

今回の記事では「監察医 朝顔」のドラマと原作の違いを比較しながらまとめました。

見逃してしまった方は、FODプレミアムにて視聴できます!

2019年夏の月9ドラマ【監察医 朝顔】が7月よりスタート。 法医学者の娘とベテラン刑事の父が公私ともに寄り添い、遺体の「生き…
スポンサーリンク

【監察医 朝顔】とは?

木村直巳の同名の漫画を元に法医学をテーマにしたドラマです。

2019年夏ドラマは「あなたの番です」や「ボイス」などの怖いミステリー・サスペンスや刑事ドラマが多い中、「監察医 朝顔」は「死者の声に寄り添うこと」を軸に人情を前面に出したドラマとなっています。

また、設定は現代にアレンジされていますがどこか懐かしい雰囲気となっています。

【監察医 朝顔】ドラマと原作の違い

監察医の娘と刑事の父親という基本設定は同じですがドラマは原作から大幅にアレンジされています。

ドラマと原作の主な違いをまとめました。

原作の設定がドラマの核心に迫る可能性があります。

主人公・朝顔

ドラマ
朝顔は原作よりも若く、知識は豊富だが実務経験が少ない新人監察医で解剖には教授の立会いが必要な立場。

桑原と結婚後、長女つぐみを出産。

4年後
昇進試験も受け監察医としても母としても立派に成長。

原作
苗字は「山田」で経験を積んでいる監察医。

雰囲気はドラマ版の母・里子に近いが真摯に死者の声に寄り添う愛情深い性格は変化はしていない。

朝顔の父親・平

ドラマ
平は野毛山署の強行犯係に異動してきて、朝顔が務める大学病院に司法解剖を頼む立場となる。

また、朝顔の恋人で新米刑事・桑原真也(風間俊介)とバディを組むことになる。刑事として真摯に捜査をしているが性格は穏やか。

4年後
立場は同じだが孫のつぐみの送迎をするなどいいおじいちゃん。

原作
名前は原作だと万平(まんぺい)。

娘の朝顔に検視や捜査の手伝いを依頼するのは原作といっしょだが、性格は大雑把な面がある典型的な中年男性。

例えるなら仕事と家庭をしっかり持っている「寅さん」といったところ。

朝顔の恋人・桑原真也

ドラマ
桑原真也は新人刑事で今時の若い男性だが観察力が高く、気配りも出来る。また、朝顔は父親に付き合っていることをしっかりと話していない。

その後、行きつけのもんじゃ焼き屋で朝顔にプロポーズをし結婚、平とともに万木家で共に暮らすことになる。

4年後
刑事としての実績を買われて県警の捜査本部に栄転する。

原作
年齢はドラマよりも上で容姿もオールバックとワイルドな風貌。

既婚者だったが妻・君子はある事件に巻き込まれて亡くしており、桑原は犯人を必死に追っている。

朝顔の母親・里子

ドラマ
母の里子(石田ひかり)は東日本大震災で朝顔とともに被災、そのまま行方不明となってしまう。平と喧嘩をし故郷へ家出同然の状態で巻き込まれた。

平は時折手がかりを捜索しているが、朝顔はまだトラウマで故郷の地を踏むことはできていない。

また、そういった経緯もあり里子の父親・嶋田浩之(柄本明)と平との関係は諦めるように促すなど険悪な様子。

4年後
朝顔から渡され身につけていた手袋が発見されるも骨は別人で手がかりは掴めなかった。

また、浩之も平と共に手がかりを探すことにする。

原作
阪神淡路大震災に巻き込まれる。そして、朝顔達は入院中に死亡を確認している。会話をできるほどではあった母親が原因も分からぬまま急死してしまった。

このことが「遺体を調べ、真実を明らかにしたい」という朝顔の監察医としての思いにつながっている。

その他の人物

ドラマでは監察医・警察ともに多くの登場人物が追加され、朝顔達との交流も多く描かれている。

【監察医 朝顔】ドラマの結末はどうなる?

「監察医 朝顔」の作者・木村直巳のTwitterによると原作漫画を読んでもほとんどネタバレに影響しないほど大きなアレンジが加えられているようです。

【監察医 朝顔】原作の結末をネタバレ

この先、「監察医 朝顔」原作の核心に迫るネタバレとなります。

プロポーズ

ドラマ
ドラマの真也は早々と朝顔にプロポーズをし長女を出産、三人で共に暮らす。

原作
原作の真也は亡き妻・君子の面影を追って結婚に踏み切れずにいた。が朝顔の懸命な姿もあり、ついに結ばれる。

そして、「前妻を失った悲しみから目を背けずに新しく朝顔と歩みたい」という思いからかつて君子と暮らしていた家でともに暮らし始める。

悲劇

そんな矢先、2人の前に犬井という男が現れる。この男こそ君子を殺した真犯人だったのだ。

犬井は真也を恨んでいて今度は朝顔を殺そうとする。

命を賭け朝顔を守った真也だったが犬井と相打ちになり命を落としてしまう….

その後

朝顔は真也の子を身ごもっており長女・つぐみを出産する。新しい命を守る決意をする朝顔。

その後、父親も脳卒中で倒れてしまうがなんとか生還、朝顔に檄を飛ばす。

朝顔は母と夫の死を乗り越え、監察医として今までと同じように「死者の声」に向き合いながら物語りは幕を閉じる。

【監察医 朝顔】ドラマの結末をネタバレ

原作では悲劇が朝顔を襲いますがドラマはどのような展開となるのでしょうか?

これより先、ドラマ「監察医 朝顔」の核心に迫るネタバレを含みます。

朝顔と桑原の行きつけのもんじゃ焼き屋の店員で幼なじみでもある三郎(きづき)の妻、結衣(松長ゆり子)が死亡。遺体が運ばれ解剖をすることになる。

さらに殺人の疑いがあり、容疑は夫の三郎に掛かっていた。

朝顔、平・桑原ともに「親友の死と親友への疑い」という辛い立場での捜査となるがどのような結末を迎えるのか?

追記 最終章へ

幼馴染の事件がドラマの最終章と思ったのですがこの後、刺殺事件が発生します。

そして、この事件が「最後にして最大の悲劇」となって朝顔を襲うようです。原作のように真也の悲劇、あるいは父・平など身近な人の悲劇となってしまうのでしょうか?

更なる追記

刺殺事件を追う中である建設会社が関わっている可能性と土砂の不法投棄の疑いが浮上、桑原は豪雨の中土砂を調べます。

そして、土砂崩れに巻き込まれてしまい朝顔に連絡が入ります。

もすぐに救助されたこともあって軽症、朝顔に連絡できるほど元気でした。

朝顔達は豪雨災害現場で法医学者としての仕事、桑原と平は土砂災害は建設会社による人災として捜査することになります。

それぞれの立場で臨む最後の事件と物語の結末はどうなるのでしょうか?詳しいネタバレは別記事でお伝えします。

この記事で使用している画像の出典元:フジテレビ「監察医 朝顔 公式HP」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク