【いだてん】24話の視聴率とあらすじ!金栗四三編完結に感謝の声が殺到!

いだてん

【いだてん】24話の視聴率とネタバレ!

大河ドラマ『いだてん』24話が2019年6月23日(日)に放送されました。

金栗四三編がついに完結へ!関東大震災後の四三(中村勘九郎)たちは復興のため運動会を開催し…。

放送後には第1部フィナーレに「ありがとう」と感謝の声が殺到しました。

今回は【いだてん】24話の視聴率とあらすじについて。(見逃した方はNHKオンデマンドまたはU-NEXTで!)

スポンサーリンク

【いだてん】24話の視聴率

【いだてん】24話の視聴率は、7.8%!

前回から0.9ポイントのアップです。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)

【いだてん】の視聴率と最終回ネタバレ! 中村勘九郎×阿部サダヲ主演のNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』の視聴率…

【いだてん】24話のあらすじ

24話「種まく人」のあらすじ

関東大震災により、東京は壊滅状態に。治五郎(役所広司)が作った神宮外苑競技場は避難所として人びとを受け入れ、そこで富江(黒島結菜)ら女学生が傷ついた人びとの救済に尽力する。四三(中村勘九郎)は心配する熊本のスヤ(綾瀬はるか)や幾江(大竹しのぶ)の元にも僅かな時間帰省。援助物資として食料を譲り受けるなか、神宮で復興運動会を開催し、スポーツで人びとを元気づけるアイデアを思いつく。そして「復興節」の歌がはやり、孝蔵の落語が疲れ切った人びとに笑いをもたらす。
出典https://www.nhk.or.jp/idaten/r/story/024/

「なーし。今東京にかえってきた。」幾江(大竹しのぶ)は喜ぶスヤ(綾瀬はるか)たちとは反対に厳しいことを言う。

「韋駄天が何の神様か知らんとか? 人々のために 走って 食いもんば集めて運んだ神様たい」と言う幾江。だからご馳走ともいうらしい。

四三(中村勘九郎)は東京へ戻った。

そして運動会は反対者もいる中、シマの耳に届くように「宣伝してほしい」と言う増野(柄本佑)の言葉で開催へ。

当日。人見絹江(菅原小春)もやってきた。シマにお礼を言いたくて来たのだ。

シマの手紙で走り幅跳びの競技に参加し日本新記録を出したという。

四三はその手紙を読んだ。そこには女子スポーツ普及への熱い想いが記されていた。

絹江は走った。そして富江(黒島結菜)とほぼ同時にゴールした。四三は「ここまで来たか」と感極まる。

そして四三も走る。三島(生田斗真)も走る。

ゴールしても四三は走り続ける。韋駄天コールが起き、みんな続く。

そして四三は孝蔵(森山未來)が高座に上がっていた復興寄席の会場を通り過ぎて・・・。

志ん生(ビートたけし)「復興バラックからその晩、泣き声は聞こえませんでした」

【いだてん】24話の感想

金栗四三編完結に感謝の声!

【いだてん】24話のまとめ

第1部・金栗四三編がついに完結。

放送後には感謝の声が殺到!

韋駄天の意味がココに来て回収され、大震災から笑顔の復興までを描いた第24話。

ただし運動会は行方不明のシマちゃんへの宣伝も兼ねたのですが、彼女は現れませんでした。

けれど、手紙を通して想いが受け継がれていて…。もう涙なしには見られない展開に。

そして生田斗真らオールスターキャストで、フィナーレ。

大団円となり、次回から第二部へ!

視聴率が低いというニュースばかりの本作ですが、この評判の良さがスタッフ・キャストに届いて欲しいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク