【わたし、定時で帰ります。】種田(向井理)が好きで仕事をするのはいけないのか?/コラム

わたし定時で帰ります。
【わたし、定時で帰ります。】種田(向井理)が好きで仕事をするのはいけないのか?/コラム

吉高由里子主演のTBS火曜ドラマ【わたし、定時で帰ります。(わた定)】最終回が2019年6月25日に振り替え放送されます。

働き方改革が問われる現代日本。アメリカの有力紙にも取り上げられるなど、大注目の「わた定」。

今回は、【わたし、定時で帰ります。】種田(向井理)が好きで仕事をするのはいけないのか?

の件についてコラム形式で論じます。

【わたし、定時で帰ります。】最終回の再放送日はいつ?地震速報で6/18は中止・延期に… 【わたし、定時で帰ります。】最終回が2…
【わたし、定時で帰ります。最終回】の視聴率とあらすじ! ついに最終回を迎えた『わたし、定時で帰ります。(わた定)』(2019年…
スポンサーリンク

【わたし、定時で帰ります。】種田(向井理)が好きで仕事をするのはいけないのか?

【わたし、定時で帰ります。】最終回は、2019年6月18日に途中まで放送されました。

地震速報のため中止となり、6/25(火)に延期となった本作。

その最終回(第10話)では、ブラック上司の福永(ユースケ・サンタマリア)が、種田(向井理)が好きで仕事をしているのは「そんなにいけないことなのかな?」と発言。

第9話では、過労で倒れた来栖(泉澤祐希)に対して、結衣(吉高由里子)と柊≒(ハンドルネーム:愁)(桜田通)が無理しないように説得。

そして種田(向井理)は「寝なくても死なない」「死ぬ気でやれ」と弟・柊を追い詰めた過去も明かされました。

それ(=働きすぎは悪)を受けての最終回となっています。
《関連記事》

・9話の視聴率とあらすじ!桜田通(柊役)自殺未遂に分かるの声!

好きで仕事をするのはいけないのか:結論

結論から言うと、好きで(過度に)働くことがいけないのか、その答えはありません

長時間労働を好きでしているのならば、止めようがありません。

しかし、仕事よりも命が大切である、ことは明らか。

このドラマの趣旨も死ぬまで追い詰められるほど、働くことはない、と訴えっています。

そして、好きで仕事をしていても、他人を追い込んではいけないのです。

ドラマ9話で、種田(向井理)が「(結衣の)会社に来なければよかった」と後悔していました。

それは、社内の仲間を追い込んでしまったこと。

やりがい搾取(経営者が金銭による報酬の代わりに「やりがい」を強く意識させ、労働力を不当に安く利用する行為)に近い、サービス残業(しかも人事にバレないように社外の飲食店に集まっていた!)が発覚したからでしょう。

そして、弟を追い詰めた「死ぬ気でやれば」という種田の発言は、渡邉美樹氏の過去の発言も想起させます。

種田(向井理)の発言はブラック企業と同じ!

渡邉美樹氏は、ブラック企業大賞2013「大賞」、ブラック企業大賞2012「市民賞」を受賞している外食大手「ワタミ」グループの創業者です。

ブラック企業大賞の受賞理由は…

以下の厚顔無恥な言動・姿勢に対して

  • 過労自殺者を労災認定されながら「労務管理できていなかったとの認識はない」「ワタミは天地神妙〔ママ〕に誓ってブラック企業ではない」の言動
  • 過労自殺者を出しながら、様々な社会貢献活動を行い「夢」を持つことの重要性を説く、矛盾した姿勢
    出典:wikipedia

ワタミでは、森美菜さん(当時26歳)が2008年、月約141時間の残業を強いられ、過労自殺で亡くなっています。当初はワタミ側が非を認めなかったものの、長い裁判を経て2015年12月に和解に応じることになりました。

2013年6月5日号の週刊文春にて、「365日24時間死ぬまで働け」「出来ないと言わない」と説いている文書「ワタミグループ理念集」の内容が掲載されています。(雑誌掲載後に訂正されました。)

これは誤解だと言い訳できますが、「無理矢理やらせれば無理でなくなる」という危ない発言もしています。

よく「それは無理です」って最近の若い人達は言いますけど、たとえ無理なことだろうと、鼻血を出そうがブッ倒れようが、無理矢理にでも一週間やらせれば、それは無理じゃなくなるんです。そこでやめてしまうから「無理」になってしまうんです。全力で走らせて、それを一週間続けさせれば、それは「無理」じゃなくなるんです。
出典:2006年5月22日テレビ東京で放送「日経スペシャル カンブリア宮殿~村上龍の経済トークライブ」より)

渡辺美樹氏自身が創業するために命をかけて、死ぬ気で働いたのでしょう。仕事も人生そのもの、自己実現の場、だと考えています。

仕事は生きがい」「週休7日で幸せなのか」発言をしたことも物議をかもしました。

「好きで仕事」を否定してはいない

ブラック企業のような種田の発言は問題ですし、他人を巻き込むのも問題です。

しかし「好きで仕事をするのはいけない」と、ドラマ「わた定」は否定していません

そういえば、9話で来栖(泉澤祐希)も好きで頑張って働いていました。

来栖が過労で倒れた件と、柊の新人時代の自分に合わない仕事では意味が違う…。

そんな視聴者の意見も多く、ありました。

たしかに結衣・柊・来栖・種田はそれぞれ事情・環境・体力などいろいろと違います。

なんで違うケースなのに、来栖の頑張りを止めるのか疑問に思うのはもっとも。

ただし、よくドラマを見れば、結衣は来栖が過労で倒れて以降に、心配していることが分かります。

そして、決して頭ごなしの言葉ではありませんでした。

来栖が自分でも気づかない、過労を心配しての結衣の言葉だったと思われます。

視聴者からもこんな声が…

「余計なお世話って言われるかもしれないけど」

と、結衣自身が倒れて(階段から落ちて)入院してしまった経験から、来栖におせっかいを焼きました。

説得しても、選ぶのは来栖自身。そんなスタンスに思われましたし、来栖自身も思うところがあったので納得したと思います。

決して仕事人間が悪であるとか、働くこと・頑張ることを否定しているわけでなく、命の問題なのです。

まとめ

以上、【わたし、定時で帰ります。】の種田(向井理)が好きで仕事をするのはいけないのか、について論じてきました。

まとめると、

  • 種田(向井理)が好きで仕事をするのはいけない、と否定してはいない。
  • ただし、種田の弟への言葉はまるでブラック企業。
  • 仕事人間が悪でなく、命の問題。

しかし最終回では、種田が無理をしそうな予感です。

第9話で、種田は社員たちがサービス残業をさせられていたと知った後、福永の元に行きサービス残業をやめさせます。

そして、その分のしわ寄せは、管理職で残業代のつかない自分がやると宣言していましたが……。

*【わたし、定時で帰ります。】最終回は2019年6月25日火曜よる10時放送です!


※文責:Jima

※記事内の敬称略。

※【わたし、定時で帰ります。】関連記事▼

ドラマ【わたし、定時で帰ります。】のキャストとあらすじ! 2019年4月16日(火)スタートのTBS・火曜ドラマは『わたし、定…
【わたし、定時で帰ります。】の視聴率と最終回ネタバレ! 吉高由里子主演のTBS系火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。(わた定)…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク